スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脇役の大事さ

.18 2010 他素材の部屋 Other material comment(4) trackback(-)
gr2.jpg



このネックレス、別に私がぼけて二度載せたわけではない。

ちょっと前に作ったネックレスなのだが、その時気になっていたことが一つあった。


それはこういうものを作るとき、毎度のように考える部分なのだけど革以外の部分。
小さな金属の部分に、毎回何となく抵抗を感じている。


金属は嫌いじゃないのだ。

ただ、使い始めると楽をする感じがあって、それで私のようなものぐさな人間は癖になる。
使うときも気を遣っていることが多い。そのせいか、控えめな存在だ。

とはいえ、あまり気を遣って控えめ度が上回るとバランスが取れなくなる。

この前作った状態では、そのバランスの良くなさが見えていてしばらく気になっていた。



脇役としての革以外の存在に、どう接したら丁度良いのか未だにピンと来ない。
でも今日はちょっと見方を変えて、気になっていたネックレスの金属部分を取り替えることにした。
細かった銅の針金を取って、少し太い真鍮線を曲げたコイルに換えた。

交換してしまうと、胸の突っかかりみたいなものが消えて、
「ああ、こっちのほうが良いんだな」と思えた。
もっと金属が目立ってしまうかと心配はあったが、革の重みのほうが勝っていて大丈夫だった。


と、こういうことで、今日はこれ以外に載せるものがない。

これまで気になっていた幾つかのアンバランス軍団を見直して、修正できるものはそのようにした。
違和感の残るものは全部チェックして、上手い具合に交換できたものは、やっと落ち着いた姿になった。



組み合わせ。

脇役であっても結構影響力が大きいなぁとしみじみ思う。





ここ数日間は、少し停滞気味。

思考が何となくゆっくりになっている感じ。
どうして、とかは、いつもどおり分からないけれど・・・


最近、新しい話が持ち上がっている。
急ぎでもないのだけど、作るものをネット販売にするとかどうとか。

私が仲介の存在を信用できなくなっているから、私が直に販売することに物事が進んでいる。

そのほうが確かにいろんな意味で私の懸念が薄れるのだけど、
人馴れしていない自分に今度は心配が出てくる。


あまり気にし過ぎないように、もっと気楽に受けとめられたらいいのだが・・・





gr1.jpg




スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。