スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

黒曜石のネックレス

.19 2010 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(-)
obsidian-nk.jpg



随分久しぶりに黒曜石を触った気がする。
黒曜石を見るといろいろと思い出すことがあって、この石は特別印象強い。



昨日のネックレス繋がりで、今日もネックレス。
これは今日作ったのだが、遠慮せずに銅線を使うことにした。
革も革でかなり逞しい革を使ったので、銅線に負けないでしっかり表情を持った気がする。


黒曜石は研磨などしていないものだから細かい傷がいっぱい。

それでいいかな、と思う。

傷だらけだと人目にはどうか知らないが、私にとっては親しみが湧きやすい。
手にしやすく、惹かれやすく。





obsidian-nk2.jpg



実物大の写真。

画面に並べてみたのだが、ほぼ同じ大きさである。
結構大き目の石なので存在感がある。


黒曜石は革で巻いてある。

一見、落ちそうな危なっかしい見掛けだが、これが意外に大丈夫。
革の包みのラインに銅線が入っていて、その銅線で石が出て行かないように固定してある。

普通につけている分には多分問題ないはずだ。
意図的に石をとろうとしなければ。


革紐も大きな石に負けず劣らず、太い。

この太い紐だとまずちぎれない。
ちぎれる時があるとしたら、その時は首のほうがいかれてしまうだろう。

逞しい革だけど、女性に向かないというのでもない。
銅線のコイルはスライドして長さが変わるので、着けようによってはあっさり馴染むと思う。

トルソーでもあれば、説明するよりもすんなり納得できそうだ。
今後、ネックレス用にトルソーでも探してみよう。




これを着ける人は誰だろう。

無骨ながっしりした黒曜石のネックレス。
きっとこれを気に入った人の胸に垂れる時、すごく良く似合うんだろうな。

この革じゃなきゃダメで、この傷だらけの黒曜石じゃなければダメで、
その人じゃないとダメなんだ。



よく思うのだけど、こういうものにも出会いがあるんだろうなぁ、と・・・





obsidian-nk3.jpg









スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。