スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ロバのツリー飾り

.17 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
roba7.jpg



私はどうも『飾る』ことに向いていないような気がする。

私の中では飾りを付けたい気持ちがあっても、
そう上手くいかない時のほうが多い。

どう飾っていいのか分からないのだ。

とりあえずやるだけやってみるが、途中から段々気が抜けてくる。
苦手だ。



そんな私の手で、鞍や毛皮や厚布が用意されて、
端糸で手綱と吊り糸がつけられた。

すまん、ロバ。 質素にしか出来ない。





roba4.jpg


背中に羊の毛皮を乗せた。

本当は毛布を作ってやりたかったが、毛布は出来が悪くて断念。
毛皮についた毛を切ってフェルト化させようと試みたが
毛が短いのか絡まらない。

5回ほど作ってみたが、どれも毛布としては不出来で・・・
仕方ないので鞍があたって痛くないように、毛皮そのものを乗せることに。


その次に布をかけた。

これもまた本当は絨毯などのようだが、さすがに絨毯は手が出ない。
というより、出す気になれない。

私は若い頃、ペルシャ絨毯売りだった時期があるが、
そのときいろいろ絨毯のことを知って文化のすごさを見た気がした。

絨毯は無理、ということで、綿の布に太い糸で模様を縫うことにした。
鞍の下で見えなくなるのをいいことに、模様といっても大まか。

だけどこんな模様程度で1時間以上かかるのだ。
世の中手間のかかる素朴がいっぱいだ。





roba5.jpg



簡素な鞍の絵を参考に、前後に掴む部分を付けただけの鞍を乗せる。

前方の掴むところに端糸を結んで、ツリーから下げるようにしたら完成。



こうして見ると、重さがありそうに見えるのだが意外に軽いこの姿。

鞍に糸を結んだだけでは取れてしまうのでは、と心配されそうだけど、
それも大丈夫。
鞍も布なども、1本の革のベルトでくるっと巻いてあるだけなのにズレもない。


ただ、あくまで飾りなので、強く引っ張ったり胴体ではない部分を持ったりすれば壊れるかも。
特にいじることなく普通に使用する分には問題ないだろう。





マリア様を乗せて旅路を歩いたロバ。

ロバってもう少し顔が大きい気がするが、小顔ということで。
クリスマスに向かってゆっくり進んでおくれね。




roba6.jpg
スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。