スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛のツリー飾り

.19 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)
usi.jpg



なんで気になるのか分からないのだが、牛革で牛か・・・ 
多分私の中で微妙な何かが反応して気になるのかも。



今日は作ったのは牛。


ロバに比べて随分がっさりした感じ。

実は地べたに寝そべっているところにしたかった。
それでもいいと思ったが、どうにも上手くまとまらなかったので立ち姿。

一般的な立ち姿では休んでいるところが表現しづらいので、
背中に羽織って温まっている姿にした。

馬や牛が背中に何かかけてもらっているのを何度か見たことがある。
そういう日は決まって冷たい風がびゅんびゅん吹く日だったり、
底冷えする寒い日だった。

それでこの牛も、冬の納屋で背中に羽織った姿。


納屋は作ってないけど。






usi2.jpg



大きさは、ロバと同じくらい。

ロバと同じサイズの牛というのも少し戸惑うが、でもこれは仕方ない。
革の都合もあるし、そもそもツリー飾りなのだから大きさは同じくらいが良い。


だけどロバに比べて荷物はないのにこちらは重め。

牛だからか、ロバよりも背負うものが重いからか。
とにかくツリーの枝がしならないように祈る。

さすが、牛(?)。



去年も作ったツリー飾りだけど、今年もこうして作っている。
今年は若干大きめで、単純であっても印象の強い姿を作りたいと思っている。

魚、ロバ、牛、次は何だろう。


昨日はいなかった相手が目の前に現れるのは、毎度のことだけど嬉しい以上の何かがある。
加えてそれがシリーズのようになると、皆が揃った時は感動する。
こうして私は生かされているんだなぁ、と胸にずしんと響くのだ。




明日が楽しみ。






usi3.jpg



スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。