スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヘアピン

.08 2010 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(-)
pin1.jpg




午後、ぼんやりしながら思い出していたのは、髪飾りのこと。


展示会で見たことの中で、幾つか勉強になったことがあったのだが、
一つに小さな飾りがとても多いこと。

髪飾りやブローチなど、いろんな種類を皆用意していたのが印象的だった。


ブローチ・・・ バレッタ・・・ ヘアゴム?
こんなに使うものかな、と不思議に思って眺めていると、
来展した人は女性が多かったからか、次々に買っていく。

へぇ~と眺めていたのだが、どうも用途通りに使うだけじゃないようだ。

何にでも使える、と話しているのを聞いて、ふぅんと感心していた。
バッグにつけるとか、帽子に留めるとか。 腕につけるとか。

全然考えたこともなかったので、やたら感心してしまった。


そういえば、60過ぎくらいの女性が、私のマグネットを見て
「ああ、これブローチだったらショールにつけたかったな」と言っていた。

女性って何にでも飾れるんだなぁと驚いた。




pin2.jpg
(↑この状態は火バサミみたい)



それで金具をあまりそろえていない私に、ああいったものの何が作れるかな、と
家にある材料で試しに作ったのがヘアピン。


ヘアピンは真鍮線をなまして叩いて平たくしてからピンの形に曲げた。
これで作りが合っているのかどうか分からないが、
とりあえず写真の状態からもう少し形を作って、革を飾りにつけてみた。

飾り・・・といっても、先端におさまる単純な作りを考えていたので、
適当に今回はただの丸。
円形の茶色い革で先端を挟み、オリーブ色の糸でかがって終了。


ヘアピンとして使わなくても、複数の紙をまとめるクリップのように使ったり出来そう。
真鍮のヘアピンは焼き入れしたのでしっかりと硬い。

ヘアピンの構造って一応ちゃんとあるんだな、と作っていてこれもまた勉強。
少し開いても、曲線が緩くても、髪の毛を押さえる強度がなくなってしまう。

面白いなぁ。 作らなきゃ一生気にしなかったかもしれない。




ヘアピンは作れるようになったから、今度は飾りをもっとちゃんと考えないと(笑)
使用していて外れないもので、丈夫で、形が崩れにくくて、
そしてもっと魅力的なもの。 これが一番難しい課題だ(笑)


真鍮で作ったヘアピンと革の飾り。

また登場すると思います・・・




スポンサーサイト
 HOME 

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

11 | 2010/12 | 01
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。