スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

一生の一つ。

.04 2009 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(0)



これは大切なもの。
コンチョと角を結んだだけの編んだネックレス。
でも、これは大切なものなんだ。

作り方は前述で済んでしまうくらい単純だけど、これで済まないものがこれに入っている。
これは、数年前に受け取ったある男性のものだ。その話。


以前、このネックレスをあるお客さんが欲しがった。
その時、ネックレスはすでに男性のものだったのだが、欲しがった人がどうしても同じものがいいと頼んできた。
ネックレスを身に着けた男性は黙っていたが、無言の眼差しで私に『ダメだと言ってくれ』と見つめていた。

私はそのお客さんに『これは持ち主の方のために作っていて、ちょっと出来ない理由があります。』と答えた。
そのお客さんは、似た物でもいいから、と言う。
すると男性は低い声で呟いた。
『俺は一生これを着けるんだ。ただ欲しいのと意味が違う』


そういうことなので、と私が言うと、お客さんは怪訝な感じで諦めてくれた。


このネックレスをつけている男性は、一生着けると言った。
それは本当で、風呂以外は着けている。
何度直したか。 
スライドの紐がちぎれてなくなりかけたので、ボタンにしたらそのボタンも紐が細く伸びて役に立たなくなった。
ボタンをフックに変えてしばらく経つが、角の重みで本体が長くなってきた。
本体を編みなおしてフックのまま男性に戻して、という感じ。


『意味が違う』という経緯がある。
この人は自分の一個だけのものが欲しい、と私に話してこれを作った。
それまでアクセサリーを首にかけたことのない人だった。
私が注文制作できないとも知っていた。
でも、この人は頼んできた。
私は『随分まじめな人もいるんだな』と思って、引き受けた。


ナイフにしようと彫刻をしていた角の先端を切り落とし、そこに足を銜えた鳥を刻んだ。
飛ぶ力を自分から閉じた鳥の絵。足を銜えた意志を刻んだ。
その人の真っ直ぐに添えられるものを作りたかった。
何か、強く心に決めたのかもと思って。
出来上がると、男性はこのネックレスをとても喜んでくれて、受け取った日からずっと、

今も使ってくれている。

大切なものだった。本当に大切にしてもらえている、大切なもの。
こんな程度で?と思う人もいるかもしれないけれど、何が大事かは人それぞれ。
ある男性にとってはこれがそうだった。

彼が人生の再出発をした時に、これを渡している。
負け知らずの格闘家だった。
大金持ちでもあった。
でも彼は、本当の自分のまま生きていなきゃ意味がないと、ある年、一切をあっという間に捨てた。


その想いにちゃんと応えられたようで、彼の元気な笑顔を見るたびに嬉しい。

また直さないと。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/121-4d6e0295

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。