スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

童心

.05 2009 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(0)



これはコロッケの人が作ってくれた竹とんぼ。
5月の連休、この人は近くの山に行った帰り、長い竹を持って帰ってきた。
竹やぶに放り込まれた、誰かが切った長い竹。
その竹を見つけて持って帰ってきたので、先の一節は雨水が溜まっていたらしい。
一節を切って短いこの端竹?を竹とんぼに変えた。


何か持って帰ってきたな、とアパートの物置に立てかけたのを見て気づいていたが。
同じアパートに住むこの人が、今日これをくれた。
「はい。EA、プレゼント。」
有難く頂戴して、残りの竹はどうするんだ?と訊いてみた。
残りは考え中だそうだ。

私が丸木弓で遊び過ぎて壊した(折れてしまいました)のを見て、弓のちゃんとした版(折れない弓)を作ってみようかと思ったようだが、和弓を作るとなると一仕事。
で、試行錯誤中らしい。
私は14の時に、弓道を少しやっていたので弓の構造なんかを覚えている範囲で話した。
火入れのとき、火がコンロはむいていないんだ、とその人は言う。

二人で『うーん』と考える。
コーヒーも冷めて、竹とんぼを飛ばしては、あれはこれは?と意見を話し合う。

「竹せっかくあるし、蝋燭つくろうよ」
火入れのための大きい蝋燭。
型はある。竹はちょうど良い太さだ。 だから、蝋燭を用意しようか、となった。


竹とんぼから始めて、何ができるのやら。
一本の竹が幾つのものに変わるのか。
面白いなぁ。

1日で何もかもは出来ないけれど、楽しい作業が連続している。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/122-cf527d38

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。