スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ボタン

.28 2009 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(0)

ボタンを作る時はいつも同じ気持ち。

今日は鹿の角で作った。
貝は繊細で、欠けやすい、それなのに意外と硬い質。
角は粘りがあって硬く、欠けにくい。

どちらもきをつかうけれど、角のほうが大変だな、と毎回感じる。


私は大体が手作業で行なう為、角の輪切りもノコギリで切る。
削る時はヤスリを使う。
穴だけはルーターで開けている。以前はこれもキリで開けていた。
キリはほんっとに時間が長い。
長すぎて、キリがだめになってしまうことが多くて困り果てた。
仕方ないので何本も買うキリではなく、ルーターに換えたのだった。

ルーターは便利だけど手作業のほうが思い通りにいくにはいく。
ルーターはお手伝いとして重宝で、今のところはそれで良い。


角は落ち角と、そうではない角がある。
北海道に住んでいる知人が角をくれたことがあった。
その人は角の経緯を教えてくれた。
『自分の家で食べるために鹿をとる人から頂いた角です、それならEAさんの意志にあうでしょ?』ということで送ってくれた。

それを大事に使っている。

今手元にある落ち角は、知床で森の中にあった、風化しつつある角をもらった。
雪が溶けるまで待っててください、と別の人だが、落ち角を探して送ってくれた。

もうなくなるかもしれないけれど、必要になったら5月を過ぎれば落ち角を拾いに行けるので取ってこようと思っている。

私が自分で見つけに行くなら近場で丹沢。
今使っている北海道の角がなくなったら、その時は丹沢に探しに行こうと思っている。

ボタン一つなんだけど、小さな角のボタンになるまで人と人の理解と協力がある。
こういうことを省かないで、時間や収入の効率のためになおざりにしないで、
やっていこう。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/141-3bcada2a

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。