スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デザイン

.29 2008 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(0)


書き物、は私の机の上ではアクセサリー作りより絵より多い。と思う。
だから、「書き物と手作業の~」とタイトルの下に書いておいたのだが、書き物については記事が全然ないまま。

書き物はいろいろあるが、革のこともある。
一つが、デザインだ。
デザインというか、作り方というか。そういうのを書いて残している。もともと感覚で作っているためあまり必要ではないのだが、工程が多かったり、注意する点や新しい技巧の組まれたものは書き残す。

書いているうちに絵が加わって、絵に印を入れながら指摘を書いていることが殆ど。要領の良い人なら、見ながら作れるかもしれない。大して難しいことをしていないから。
書き上げたものを見ていると、「こうしたらもっと作り易いかも」とか色々と見えてくる。それをまた書く。絵も添える。
そうして知らない間にデザインになる。『明日作ってみよう』『このためのパーツを買おう』となる。


ものすごく困る時もある。
全く浮かばないときだ。何を見ても何をしても手が動かない。
こういう時は他に気を取られている時に多い。描きたい絵があるとか、他にやりたいことがあって、意識が『文字系』の棚にないのだ。
でも、無理しても出来ない。だから、ずらして文字にする。

『描く系』の意識のとき、字を入れない絵をノートでも紙の裏でも一ページ描く。誰か、を丸ごと書いて、その誰かが過ごしている状態や風景ごと描く。
その誰かが着けているアクセサリーを細かく描いていく。首にあるものも、腕にあるものも、服にあるものも、手に持っているものも・・・
こういった風に自分を誘導して、デザインが出来る。
その代わり、半日絵で終わるけれど。

外で自然の中にいたい意識の強い時もこういう感じになる。
石を集めてきて並べるとか、色の近い葉や枝や土を組んでデザインを見つける。
歩いて木の枝の形で見つけることもあるし、空の色や海の光で浮かぶ時もある。他の人も皆、こうなのかもしれない。

そこまでしてデザインがどう、とは考えていないけれど、アクセサリーが単に飾るだけの存在ではなくて、何かといつも一緒にいたくて作られる存在かもしれない。
だとしたら、良い仕事に就けた。いつでも、誰かの『一緒にいたい』を考えていられるということなのだから。

今日も頑張りたいと思う。

スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/16-e10d7f75

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。