スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鹿の素朴ポーチ

.26 2009 未分類 comment(2) trackback(0)


ポーチ、3つ。
しっとりしたイメージの鹿革とは違った、ドライなかさかさ革。
それでも鹿の革。
その革で作った3つのポーチ。

蛍光灯の下だと色がきれいに写らないので残念だ。





中くらいのポーチは携帯ヘアブラシや薬や鏡くらいが入る大きさ。
この3つの中で一番入る。





小さいのは、印鑑とか。
印鑑自体ケースに入っているものだけど。
でも、このくらいの大きさという紹介。





ライオンはライターや方位磁石ぐらいの物が入る。
あんまり使わないけれど、持っていると何かの時に使える小物用。
ネックレスとかも入れといて良いかもしれない。


革と相談して作る繰り返し。
受け取る人が優先ではない、物作り。
『使う人が1番じゃないと買ってもらえない。買ってもらえないと無駄だろう』
と人はいう。
でも、ここでは革が優先順位1位だ。
買う人は選べるし、他もあるし。でも、私の目の前にある革達は他なんてないから。
仮に、革達に「なりたい形」があったとしても、ここにある革では叶えられない形のほうがずっと多い。


たかがポーチだ。
だが、出来るだけ無駄を出さないで切り捨てないで、汚れやちぎれや傷やムラも全部抱えて、1この形になった、そういうポーチだ。

素朴丸出しで、それが良いと私は思うのだ。
そして、それをちゃんと見つけてくれる人というのもいてくれる。

ギャラリー展示用に作り続けている、このブログに載せている作品。
いつか手にとって見る時があったら、本当にボロボロでびっくりするかも。
ボロボロだから全部なんだ、って思ってもらえたら嬉しい。

スポンサーサイト

comment

Kinu
eaさん、偶然一番初めに戻って
eaさんのお話をうかがっているのですが、
この写真を拝見していたらアッと思って・・・
模様のはいった赤い印鑑入れ、
これが今私が使っている小銭入れです。
小さいでしょ、でも皮でできているので
使っていたら結構延びてきてみたいです。

一応お知らせしたくて・・・
いくつもコメント書いてしまって
返事は不要です。
気にしないでくださいね。
2009.09.20 05:38
ea
お話を伺ってから、この印鑑入れが使えないかな~なんて考えていました。


これは甲州の印伝で、漆で鹿革に模様を付けているのです。
kinuさんのお母様のもの、きっととても良いものだと思います。

そうでしたか~。

小銭は何枚か入ると、金属ですし、重みがあるのでしょうね。
伸びてしまいましたか・・・

ちょっと、良い方法を考えてみましょう(^^)
2009.09.20 06:49

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/167-34022726

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。