スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レンズ拭き

.27 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



これはレンズを拭く鹿の革が入ったリュック。
小さいものだが、これを携帯に付けるとしたら、やや大きいかも。


でも、ストラップのパーツに結わえて付けたら便利には便利。
携帯電話を持たないで動いている人の数がどのくらいか知らないが、
持ち歩いている人の数は相当だろう。

デジカメを持っていくときに携帯も当然持っていると思う。
とすると、このリュックはデジカメのレンズも拭くことが出来る。
なので、皮脂の汚れが落ちにくいなら、このリュックを携帯にでもぶら下げておけば、
画面はいつでも人に見られて恥ずかしくない。


↑こういったフレーズは好きじゃない。本当は。
でも、どこかしらで聞くような言い回しで、こうやって聞かされると何となく欲しくなるものだ。

こんな回りくどい言い方をしなくても、このリュックの中にある革はレンズや画面を拭いてしまえば納得できる。
それは鹿のおかげで、リュックのおかげではない。

リュックはオマケだ。かわいいから。





中にとてもに柔らかい鹿革が丸くなって収まっている。
リュックも鹿の革だが、中の革に比べて柔らかさやしなやかさはない。
ドライアップしたみたいだ。
中身の革は広げると10cm四方くらい。当然端革なので踵の穴もあれば角も千切れている。


これを使うのが目的なのだが、リュックに時間がかかった。
小さいから縫いにくい時もある。簡単に考えていた私はまだうかつなのだ。
毎日感じる学びが絶えない。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/168-f9f910b7

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。