スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神秘の島から

.10 2009 未分類 comment(0) trackback(0)


今日は鉛筆で描くまでになってしまった。
明日、色を乗せる。  

この動物はフォッサ。 マダガスカル島にいる、麝香猫科の動物だ。
マダガスカルには他に7種類の肉食動物がいるらしい。
でも、有名で、大型で、見た目も怖いのはフォッサ。

家禽を襲うとか、肉食の動物にはついて回る迫害の理由。
フォッサにも当てはまる。

フォッサは群れではなくて単独のようだが、その優れた身体で豚などを襲う。
しなやかで、跳躍力があり、力強く、昼夜を問わずに待ち伏せをする、優れた捕食者。
体と同じくらいか、それ以上に長い尻尾と金茶の体。
美しくて攻撃的で、そしてマダガスカルにしかいない動物。


マダガスカルの開拓は止まらないらしい。
森が現在国土の7%しか残っていないという。
かつて国土の80%が森林だった第7の大陸、マダガスカル。

だが、ここでも、保護区のほうが森林破壊が著しい現状。
保護区内に住んでいる人々に、木を切り倒させる仕事以外を作らないとならない。


この神秘の島はすぐ隣のアフリカ大陸の一部ではないのではないかと思うほど、固有の動植物が溢れている。

フォッサはその頂点に立つ捕食者だ。
このフォッサがマダガスカルという方舟の旗であり、フィギュアヘッドであり、羅針盤なのだ。


どの命にも「特別」なんて言葉はないだろう。
どこそこに居るこのくらいの数の動物だから「特別」っていうのではないだろう。
だが、だからといって消えても良いわけでもない。

必要以上に命を獲ることは、どんな生き物にとってもしてはいけないことだし、巡りを狂わせるほど贔屓に増やすこともしてはならないはずだ。



霊長類の絵になるとき、またマダガスカルの話が出るだろう。
キツネザルもひどく減少しているから。
フォッサの住む島にサバンナが広がらないように願うばかり。


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/183-dcecf19f

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。