スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

置き土産

.25 2009 未分類 comment(0) trackback(0)


サンゴ。
砂浜に打ち上げられていたサンゴだという。

それをもらった。



仲良くなれた人と離れるのが嫌だと思ったときは多い。
それに慣れることは無い。

慣れるのが大人だとか、意味の分からないことを物知り顔で言う人もいるけど。

そんなことで大人になるとか、ならないとかなら、別になりたい理由もない。
大事な相手が旅立つのを嫌だと思うのは、

普通の感情だ。


例え、その相手が「また会いに来る」と言おうが、悲しくなくなる消しゴムにはならない。
リアルタイムに感じる出来事が、『今』生きている学びなんだ、と、理解するのさえ全力でやってるのに。
感情は、あり過ぎていけないものではない。
あり過ぎて自己制御が効かなくなるのがいけないだけだ。
あって困るのは、悲しい時と辛い時だけだ。



今日は友人とお別れの日だった。

一度もしんみりすることなく、終始笑っていた気がする。
つくろってもないし、無理しているわけでもなかった。
その友人が、本当に気持ちの良い笑い声で笑うから。
それをいっぱい聞きたかった。
つられて笑ったし、つられて笑うような話を繰り広げていた。

4分の1日をもらったが、呆気ないほど早い過ぎ方だった。

何となく、夕方の光の薄れ方を、気にしないで、はぐらかして、
でも帰る時間になる。
何度も同じことを言う。同じ言葉と同じお礼。
靴を履いて玄関に立った友人に、何分、そこに立ってもらっていただろう。


手を振って帰っていった友人の置いていった、置き土産。
白いサンゴがコロンとある。

サンゴを手に乗せて思う。

きれいなサンゴだなぁって、これくれて嬉しいなぁって。
埃かぶらないようにしなきゃ、って思う。
また、来てくれた時にサンゴがきれいなまんまだと思ってもらえるように。
毎日忘れてないから、って、
毎日思い出すよ、って、何年か経った後でもすぐ伝わるように。


また君に会えたら良いなぁ。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/197-908a240d

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。