スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ハンドバッグ

.08 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



ハンドバッグ。
バッグっていうと、いつも言い過ぎな気がする。

皆はバッグと言えば、中が布や何かで張られて、仕切りやポケットは当たり前。
私の作るものに滅多にそういうものはないから、何となくいつも気が引ける。
バッグっていうより、袋みたいな感じだ。
袋は袋だから、ポケットとか内側の小奇麗さとか関係ないものだ。

どちらかというと、袋なんだ。 毎回。


仕切りやポケットが嫌いなわけではないけど、あると返って邪魔な、小さい本体。
何だか付けても役に立ちそうな感じがしないのだ。
内側の装飾は、ただ単に、革の裏側が大好きだからそのまま出しておきたいだけ。

今回のは、割と形も普通に目立たないタイプの形だし、それだけでも普通に近い気がしているけれど。個人的には。



私の友人で、最近仲良しになった人がいる。
その人は有難~い理解者の一人だ。

太古回帰な私の考え方を、一生懸命理解して受け入れてくれる人なので、とても有難いのだ。

このハンドバッグを見ても、
『ナイロンが張ってある中とかじゃない、革のまま、が良い』と言ってくれる。
単に趣味の別、というだけの話かもしれないけれど、革の形や状態に合わせたものを受け入れる人は少ないのが現実。
だから、私の作るものや、作っていく理由について一貫性を見てくれる人はとても有難い。

どんなことでも(非情や悪行は除いて)誰の上でも、それは有難いことなんだ。
理解を持って接してもらえることの心強さは本当に大切な力の源だと思う。


私の場合は、『端革が主役であるように』というのが一番になっている。
その理由も目的もある。
だから、付属品の銀パーツや石などをあまりくっつけないように作っている。
そっちに重きを置くことはない。それは他の人がやってくれることだ。
艶やかな傷のない部分だけを重宝する気もないし、技巧の限りを盛り込む修行も進路途上にはない。
私まで、それに倣うことはないのだ。


これだけ聞くと、いい加減でいいってこと?と思われそうだが、そういう意味ではない。
私の行き着こうとしている場所へ、真面目に大切に作りながら進んでいる。


真っ直ぐ、その道が遠い道のりでも、真っ直ぐ進む。
よく、自分の仕事の現実面で凹むけれど、でも、止めることは出来ない自分がいる。
凹んでも、悲しくても、ぶち当たる回数の多い現実の痛みにも、やり続けたいんだと思う自分がいる。

理解してくれる人が少しずつ、現われてきている。

頑張っていこう、ってまた思う。今日も思う。



ありがとう。ありがとうね。


スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/212-df0c3c84

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。