スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

緑のバッグ

.14 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



こんなバッグを作ったことがないから、余計な心配をしている自分がいる。

「こんなバッグ」といっても、細長い、ってだけだけど。
心配というと、本当に何かに使えるのだろうか?という心配。

フルートバッグというのが流行って、横に長いバッグが一時期多く見られた。
でも、そこまでも長くないし、中途半端なこのバッグ。
使えるといいのだけれど。



緑色は好き。
深い緑色は、夏の『青々した』山の色の感じがするから好き。

でも、緑色の革を使うのは抵抗がある。
難しそうという程度の抵抗。でも、緑の端革はずっと残っていた。
今日箱の奥から見つけて、初めて『なにか作れるかも』と感じた。


中は別の緑色の革で仕切られて、こんな薄っぺらいのに一応二部屋。
ボタンはシュリンクの革を巻いて穴を開けた、人のいうところ『クロワッサン』だ。
奇妙な形は、この革の切れたままを折りたたんだから。
端革となって送られてきた、そのままの形を使いたかった。
ヤスリをかけたから少し落ち着いてしまったけれど、形は変わっていない。

出来ればいつもこういったものなら私は好きだなぁ、と思いながら縫っていた。
大体は少し切り落としてしまうものだから。

縫い糸はまだ来ない。業者がお盆休み。

今日は普通の綿の糸を3本、蝋引きをして手で撚って太さのある糸にして使った。
問題ないだろう。相当、しっかりした糸になっていたから。


緑色のバッグは夕方に出来上がって、ぎりぎり残光の残る中で写真に撮った。

てかっているのは腕が悪いからだけど、初めて作った深緑。
こうして一つの形になってみると、そんなに抵抗があるものではない。
少し、苦手な『茶色以外』の革を使えて嬉しい。


良かった。




スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/220-2d0784fa

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。