スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心の影

.17 2009 一人芝居の部屋 comment(0) trackback(0)



例えば、未来の自分を考える時。
どういう姿で未来にいるのだろう。



今日、珊瑚の玉を貝殻のビーズと合わせてブレスレットを作った。
珊瑚の玉はおばあちゃんの、貝殻は母のもの。
私が初めて、アクセサリーを作って生活していくと話した時に二人が要らないアクセサリーをくれた。
その、アクセサリーのそれぞれの一つ。を、使った。

私はその時のちょっと前まで、家族と接触していなかった。
そして、現在も私がどう生きているのかをもう、分かりはしないだろう。
つまり、ほんの一時、僅かな時間を交流したということで、その交流の時に貰ったものを今日触っていた、という話。

だから何というものでもないけれど。

こんな形で思い出すときもある、というだけの話なんだけど。




人を思い出すとき、良い時と悪い時がごっちゃになっていると黙り込んでしまう。
たった少しの良い時と、うんざりするような悪い時。
たった少しの良い時のために、なぜ黒いリボン付きの記憶を引っ張り上げたりするんだか。

感情らしい感情はもうない。
記憶に対して、それが古ければ古いほど、感情なんてかき消えていく。
良い悪いの感覚はただの感覚に過ぎないのに、思い出した途端に苦い感じが駆け巡る。
だから、また、忘れることにする。



持っても触っても、忘れっぱなしでいられるような未来。
ほんの少しの良い記憶なんかを、ちゃんと忘れてしまえる未来。

まだ弱い自分のうざい部分に無神経でいられるように。
たまに記憶を掘り起こしては、自分を試してみて、徐々に忘れていくのだろう。



誰にだって、人には理解しがたい想いがある。
私の場合、それはこの珊瑚と貝殻の向こう側なのだ。



今日は、そんなことを考えながら、これを作っていた暑い昼。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/223-a6bad6f5

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。