スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夕暮れ

.23 2009 一滴の栄養の部屋 comment(0) trackback(0)



1日だるい日だった。
昨夜飲んだお酒が影響して、体中に熱がこもっていた。

昔よく思ったことだが、「もう二度と飲まない」と自己嫌悪する翌日。
久しぶりにまた↑脳内で呟いた。


そんな今日は、何も手につかない。
蒸し暑い部屋で夕方になるまでぐったりしていた。



夕方になって表に出てみると、部屋の蒸し暑さとうって変わって涼しい。
そのまま食事の買い物に出て、店から出ると日が暮れていた。

湿度はあっても涼しい時間。空を見上げるとピンク色の雲の群れが空を覆っていた。

まるで魚の群れが空にいるみたいだ。
鯖とか、鰊とかの大きめの魚。

店の裏側の出口は、道を挟んで海だ。といっても身長位の壁の向こうが海。
その壁沿いに車を停めて、壁によじ登った。

壁沿いには釣りをする人たちの車が駐車してある。
壁の上に座って、皆釣りをしている。
私は合間の、ちょっと人が少ない壁の上に座った。

携帯の写真で撮るしか出来なくて、この時の空の色は全然出てないんだけれど。



本当にきれいで、空と海の境界線がなくなっているみたいに見えて。

自分の色も本当は溶け込んじゃって、皆から見えなくなってるかなぁって思うほど、辺り一帯が夕暮れの色彩に抱かれていた。




10分くらいはいたのかなぁ。
だんだん、ピンク色の魚群雲は色を失ってきて、海の水も黒っぽくなって。
私は車に戻って帰ることにした。


夕暮れ。 見れて良かった。



ちょっと元気でた。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/229-bd5f5f48

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。