スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

端革の端

.27 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)



どのくらいなんだろ。
端革の端っこ、ってイメージがつくのは。

切れ端、と一口に言っても人によりけりだし。1DSって、ご存知の方もいるかな。
それの半分くらい、10cm四方よりも小さいもの。6cmとか5cmとか。
そのくらいの大きさの革、端革の切れ端。

使う人もいるだろうし、そのくらいになったら捨てちゃう人もいる大きさだと思う。


今日ここに載せたものは、そのくらいの大きさの革で作れるもの。

でも、ちゃんと使い道ある。
無理やり作って『まだ作れるよ』って言うんじゃなくて。むしろ、あると良いパーツ。
手前の小さいのは40cmくらいの革紐を2本使ってラウンド・ボタンになった。
40cm~?って、思わないで。直径6~7cmの革なら円周を渦巻いて紐が取れる。
あんまり湾曲していると使いにくいけれど、幅2mm程度の紐を作ることなら出来る。3周ちょっともすれば40近い紐が取れると思う。

ボタンを作ってしまえば、崩れることもなくしっかりとした革のボタン。
普通に使える。


もうひとつ、奥の円盤のほう。
これはラウンド・プレート。円盤の革に紐をかがる。円盤の円周によって紐の長さは違うけれど、円周の3倍とかそのくらいかなぁ。
でも、元の革の厚さとか種類にもよるのだけど。その都度、異なると思って長めに作ったほうがいいかもしれない。

ラウンド・プレートの使い道は、私は貝殻なんかと同じようにしている。
こんな感じ↓。





真ん中にあるのがラウンド・プレート。
よく、コンチョとか貝とか使っている部分。革は柔らかくて向かないと思われるかも。
でも、チョーカーは首にくっつくサイズで、タイトなものだし、他のビーズの重さでやられるほどの中途半端なサイズではもとから作られていない。
革のパーツだけが垂れ下がったり、引っ張られたりはしない。
だから、問題ないと思う。 少なくとも今のところは問題は出てない。

他のものに使うときもそんなに気にしなくても大丈夫だった。
使っても問題なさそうな場所を選んで用いればいいだけの話だ。




切れ端をタグのように使うとか、刻印をしてそのまま栞にするとか、色んな工房で無駄を出さないように工夫しているのを見る。
だから、私からも工夫の一つを書こうと思って。
お役に立てばいいなぁ。





スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/233-d8c49b8b

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。