スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バックパック

.09 2009 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)


巾着からパックへ。大して変わらないね。

でも、ここにベルトを付けるというのが滅茶苦茶しんどい作業だった。
だから、このパックになった様が『たいしたことない』かどうかは私だけが知っていること。

本音で言えば、大したことあった。



でも、仕方ない。端革で作る以上は50cm以上の革を見つけることは殆ど出来ない。
ベルトは稀の稀なんだ。


結局ベルトも、2つに分けて繋ぐ。
まー、仕方ない。

ジャンパーホックで繋ぐ、上と下に分けてショルダーベルトを作った。
何とも不自然。




なんでパックを作ったかというと。
一応理由がある。

これは頼まれもので、その頼んだ相手は何でもかんでもすぐに失くす人で、そういう人なので自分から言い出したこともすぐ忘れる人だ。

でも、その人のいうことを真に受けることにした。


で、今回のパック、というわけだ。


このパック、散々私の作るものをご覧になってきた方達ならピンと来るだろう。
小さい。

そう、小さい出来だ。

横幅が24cm、縛り口までの高さが25cm。マチなんてないに等しい。せいぜい5cm程度。

これをパックと呼ぶべきかどうかも悩む。


革を繋ぐというメリット、それは大きさの調節だ。
デメリットも勿論ある。
デメリットは、繋いだ革は方向が統一されていないために使用中に形が崩れるということだ。

もし、このパックをこれ以上大きくしたら。

大きければ大きいなりの物を入れるだろう。
それに耐えられない。 そのことは作っている私自身が一番気をつけないといけない部分だ。

中身の重さになんて耐えられるほどの作りではないのだ。
どんなにしっかり接着しても、内側に厚い布を入れても、布を縫いつけたのは本体で、本体は継いだ革なのだから。





中身。

布は見えると思う。
でも、この厚い布でさえ、補強にはなってもリカバーにはならない。
あくまでオプション。


私は人のために作らないと、決めた。
でも、このパックは頼まれ物。 これもまた仕方ない。 相手は子供だ。


今日言ったことが明日には変わるのが自然な状態の、子供。


やーれやれ、だ。

このパックに3日かかった。
使っているうちに変形しないことを願う。
これでも私の精一杯だ。


なんでも豊富にある世の中だから、毎日だから、そんなことさえ気付かない日々だろうから、
物は大切にしなさい。

出来るだけ、どのくらい工夫してどのくらいちゃんと大切に出来るか。
考えて使うように。

なーんてことのために、子供たちのいうことは受け入れることにしている。


人付き合いって大変だ。



願わくば頑丈に長持ちしますように。
どんな使われ方しても、大丈夫なぱっくでありますように。



スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/247-485d0333

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。