スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

メッセージ

.11 2008 革の部屋 Leather comment(0) trackback(0)


昨日の作りかけが出来上がった。

ささやかだけれど祈りを籠めて作った。私の祈るところは、作ったものへと使う人へ。作りながら、いつも祈る。

そういう習慣が子供の頃からあって、私がカトリックだからかもしれない。祈る習慣はいつでもどこでも行われる。自分と意識があれば、祈りは場所も状態も問わない。

使う人へ。 食べるものと癒すものに困らないで空の下を生きていられますように。
作ったものへ。 生きた後が、長く別の形で生かされて行きますように。

食べるもの、は羊の骨を使ったから思った。肉を使った後の骨を削って作ったから、また食べてゆくことが出来ますように祈る。
癒すもの、は薬入れの袋だからそう思った。ここに入る薬ではなくても、憂いの多い世界だから癒されるものを呼んでくれますように祈った。

空の下、は色で思う。飾りが青かったから。大体いつもそうだけれど、銀色は星のようで青は空の色・水の色、と思っている。単純だが、色は挿し色で使うに留まるから意味も色から想像した意味で祈っている。
色に含まれる分析された効果や波長の意味合いまでは引っ張っていない。
古今を問わずに子供も大人も連想する身近な自然は、必ず色に託される。私もそれで良いと思っている。


メッセージがどうか、使う人にも使われるものにも良く届きますように。
スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/26-7f079533

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。