スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スメルト

.20 2009 未分類 comment(5) trackback(0)


最近知った、スメルト。

ご存知の方も多いのかなぁ。


ワカサギかスメルトか、それともワカサギと同じかスメルトは総称か、
そんなことを一生懸命調べた先日。

何だか分からない話だと思われそうだ。

これは、魚の話で、似た魚が国によって呼び名が違うことから私が首を傾げた、ということ。



結果、どうやらアメリカでいうスメルトは、日本で買うワカサギと同種の確率が高いと知った。
ただ、日本固有のワカサギという名の魚はちゃんといる。
日本の魚売り場では、この固有種のことを「本ワカサギ」と呼んでいるらしいことも分かった。

普通に売られるワカサギ達は、スメルトという魚(でもどっちもキュウリウオ科)である可能性もあるという。



前置きはこのくらいにして。




スメルトの画像をせっせと見て、「あ~、なるほど!ワカサギじゃないの?」と。
思う、思う。 無理ない。

で、今日はスメルト。

折角ここまで一生懸命調べたのだし、図鑑でも調べたし、記念に作っておくことにした。

でもなぁ。


鰭まではつけられなかったんだよなぁ。



これ、猫にあげるかもしれないから。

細かいパーツはつけるのやめて、着色もやめて、接着剤も使わないって。
そうして作ったスメルトだから、何となーくパックに入っている姿みたいになってしまった。


図鑑で見た樺太シシャモも同じ仲間みたいだけど、スメルト&ワカサギに比べると、若干メリハリが鰭などしっかりしている気がした。

また、スメルトを作るとき、今度は置物用に鰭もつけよう。


それらしく見えるかもしれないもんね。


スポンサーサイト

comment

Kinu
目が歳とともに衰えてきて
モニターを見るときもリーデインググラス
(アメリカでは老眼鏡とはいわず本を読む眼鏡といいます)
をかけてみます。
眼鏡をはずしてeaさんのスメルトをみると
人形焼のような風合いにみえてすごく美味しそうです。
また眼鏡をかけてじっとみると・・・
目が、表情がじつにいいです。
よくできましたね、とっても。
バッグのアクセサリーにしてもいいですね。

裏庭に小さな池があるのです。
はじめ魚を飼っていたのですが、
水質を保つのが大変で魚がかわいそうになって
人にあげてしまい、蛙池にしていました。
ところが数年たったある日、
なんと魚が泳いでいるではありませんか!
一体何処からどうやって魚が・・・!と。

理由がわかりました。友人からもらった水草に
産み付けてあった卵が孵ったのでした。
毎年産卵が行われいまでは30匹くらいになりました。

魚もみていると面白いものですね。
顔見知りになると気を許すようです。
知らない人がくると隠れる。
池のそばにいると時間があっという間にたってしまいます。
2009.09.21 00:39
ea
ですよね~、鮎焼きみたいです

私鮎焼き好きなんです。あれは求肥が入っているから好きなんです。
求肥作りたくなります。緑茶も欲しいです。
色はただの革の色なのに、その形によってこんなに日本人魂が甦るとは。

kinuさん、この写真chiblitsさんにも見て欲しくて、コメントに書いてきたところです。
chiblitsさん、ドラ焼き作っちゃうくらいだから、鮎焼き作らないかしら?
型は何か・・・熊でもハートでもいいから。。。

kinuさんのお池見てみたいです!
魚がいるって、ブログで読みました。鹿が草を食べに来るとか。
「えぇっ!?」って驚きましたよ!
だって、鹿が来るって。家に住んでて鹿・・・

庭に魚がいるっていうことも、羨ましいです。
肴は綺麗ですよね、ひらりひらり泳ぐ姿が飽きないです。
とても良い場所ですね
2009.09.21 08:05
ea
さっきのコメントの最後から2行目。
魚、って書くつもりが『肴』に!

すみません、食べないです。そんなつもりはないです。

魚、が本当です。
2009.09.21 08:07
chiblits
スメルトの皮細工素敵ですね! 本当に生きている力強さがでていますね!
長年の疑問がやっと解けました。矢張りスメルトはワカサギと同じだったのですね。母もワカサギみたいだと言っていました。
詳しく調べてくださって有難うございました。 カラフトシシャモとも呼ばれるんですね。呼び名って面白いです。アメリカではアジもサバも同じ名前で呼ばれています。アメリカ人には同じようなお魚なんでしょうか。全然違うのにね。
2009.09.22 02:11
ea
鯖と鰺が・・・ そんな~って気分です
誰かが言ってましたが、鰹も鮪も同じ呼び方だよって。
本当にそうなんですか~。
あれかなぁ?「青魚」「白身」「赤身」的呼び訳なのでしょうか。

大きさも顔も違うのに、まとめ過ぎな気もしてきます・・・

スメルト、ってなると魚売り場では見れませんが、ワカサギなら買えます。
ワカサギを今日ちょっと買出しに行って料理する前にスケッチとってみます!
じっくり見たら、なんか特徴とか分かるかもしれませんものね。

そういえば、大きいワカサギと小さいワカサギの日があるんですよ。
「このワカサギ大きくない?」って思うとき。あれこそスメルトだったのかもしれないって今は思います
2009.09.22 08:04

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/261-bce98d34

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。