スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

居場所

.06 2009 未分類 comment(2) trackback(0)




教会の椅子に待ち人がいる

横に座って、煙の漂う教会の空間に肩を並べて
人のいない静けさの中で黙り込んだ時間

高い天井に煙は昇り、雲のようにたゆたう
待ち人は煙を見上げながら言う



「かえってこいよ」


ささやき声さえこだましそうな冷えた空気の中で
待ち人の声は不思議と煙に散っていく

そこに居るのに、いないように


『帰れない』

待ち人に答えると、

「なんで」


と、大きな目をきょろっと動かして振り向く男
口の端が釣り上がって笑っている



「本当は帰りたい。だろ?」


黙っていると、男は付け加えた


「居場所なんかないくせに」












「お前、いつから自分に期待が持てるようになったんだ?」



男の言葉に震える自分
見透かされているようで、誰にも言えない部屋の奥に入られたようで
指先や唇が温度をなくして冷たくなってくる



「居場所なんて一人に一つなんだぜ」


「合ってる場所は、そいつに一つしかないもんだ」



諭す様な口調で静かに、からかうように話し続ける一言一言
人の髪の毛を指にクルクル巻きつけて遊んでいる



「無理したら生きてる時間が台無しだ、違うか?」



焚かれた煙の白い空間

心臓の鼓動が横にいる誰かの耳に届きそうで
息が苦しい

指先から腕 腕から胸 どんどん体が冷たくなる痺れ

居ていいはずの場所に自分の場所が見当たらない
くつろいでるはずなのに、いつ出て行けといわれるのか怯え続ける緊張
そこに居ていいって言われた気がしているだけの思い込み
おまえは誰とも居ていい人間じゃないと吐き捨てられた道のり
欠陥品の          自分・・・?


なぜ今更、そんなこと


なぜ今になって


例え今が0でも、無理だと知ってて100を見ようとする想いを


どうして引き剥がしにきたの?





燻ぶる小さな炎を抜けて、男は扉へ歩いていった
扉をくぐる時、男は振り返り言った



「迎えに来たんだ、また来てやるよ」




男が消えて、白い煙の教会の中でどのくらい祈ったのだろう
外に出たらまた、会ってしまいそうで

扉をくぐると、通りは人一人いない

誰の影もない道を街灯が照らす
狭い石の道を自分の影を見つめながら歩く


多分、帰り道を 歩いている

どこへの帰り道?





ふと立ち止まった




そんな夢を見た夜






スポンサーサイト

comment

Kinu
居場所って案外あると思います。

ちょっとほっとできるところ、
静かに物思える場所、
仕事をする場所、

自分が自分でいられるところ、
そこが居場所となるような気がします。

いろいろ考えてそう思いました。
2009.10.07 05:13
ea
私は高望みかもしれないですね
居場所はあるのかも。

でも「確信がほしいのかなぁ・・・」と、たまに気付くのです。
皆誰でも、突然見知らぬ人に詰め寄られて、
「お前に居場所なんか本当はないだろうう?」って、
そんなこと言われたらびっくりするかも知れない。
だけど、きっと私とは異なる反応をするとも思います。
多くの人は、そんなことを言われても「いいえ、ちゃんとあるよ』って言い返せる気が。

私は、何かをどこかでなくしてきてしまったのかしら。
なぜ確信がほしいとまで思うようになったのか。
自分を探しながら時間が過ぎているなんて、勿体ない時間の使い方ですよね

Kinuさんのコメントの意味、最もだと思って・・・

2009.10.07 07:28

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/282-e997153c

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。