スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

自信

.06 2009 革の部屋 Leather comment(6) trackback(0)



牛の革で作ったバッグ。
紐が短いから、これは右と左に輪を作って結ぶ使い方。
その作った二つの輪にベルトを通してベルトから下げて使う。

シンプルで何の機能もないバッグ。






自信を持って!と、このバッグの持ち主に言われたことを思い出す。

このバッグを受け取った人は、革職人だった。
私の親より少し下くらいの年齢の人。

その人が私の作るものを見て、「こういうの良いよ」と励ましてくれた。


「私だってホントは、機能的なバッグなんて作りたくないんです。でも食べてく為だからね」と言っていた。
「ホントは私も、こういうの作っていたいんだよ」と、受け取ったバッグを見てその人は話してくれた。


その革職人は年間に400近いバッグを作り出す。もう20年以上も一人で作り続けていると聞いた。
どんなバッグでも作り出す。物理的に不可能でない形なら、何でも革で作ってしまう。
独学で切り拓いたその人の言葉が、私の中でいつも支えになっている。



これを渡した時も、これもらってやってくれませんか?と私は差し出した。
なんでも精巧に作り出すベテランの職人に渡せるような代物ではない。
それでも当時の私の精一杯だった。

その人は自分の凄さを自覚していない気がする。
このバッグを大きながっしりした両手で受け取って、「え!これくれるの?!」と喜んでくれた。


こんな代物で・・・、でも何か渡しておきたい・・・。
恥ずかしいなぁ~と思いながら、渡した拙いバッグ。
その反応が意外すぎて、今でも有難く記憶に残る。




自信か~・・・・・・・・・・・・・・・・・・

自信持てるといいなぁ。
別に自信満々じゃなくていいから、ある程度、言い訳しなくていいくらいの自信、持てるといいのにな~


作り続けて、見たいものが沢山見れるようになったら。

その時に自分にも、見たかった何かが宿っているのを見ることが出来るのかなぁ?



そう願う・・・毎日。

スポンサーサイト

comment

Kinu
eaさん、なにか作品を手がけて
その作品が「完成した」と感じたとき
その作品をみて何を思いますか?

小さな端皮を手で持って
eaさんの中で何かが閃き、
突然指が動き出して形を生み出す。
私はそこに自信を感じます。

自信なくては作品は完成しないのでは。
今までたくさんの完成した作品を生み出してきた。
多分自信という感情をうまくつかめていないのでは・・・
そんな気がしています。

真っ白な紙とたくさんの色の絵の具を前にしても、
私には今その紙に何かを描く自信がありません。
自分の思うイメージを何かに現せるということは
本当に素晴らしいことだと思います。

eaさんが自分の自信に気がつきますように。
2009.10.07 05:20
ea
Kinuさんの言っていること。
考えたことなかった部分です。

始まるときにはもう、自信があるっていうことですか?
何かを作り始めたり、描き始めるとき、それがそうだということでしょうか?

完成したとき、それが自信を持てるものに仕上がっているかどうかだと思っていました。
だから、いつも自信になるようなものは自分に見出せないんです。

よくよく考えてみます。

Kinuさんの言っている意味について。

2009.10.07 07:41
Kinu
私が書くことは95%以上直感です。
本当はもっとじっくり考えて考えて
物を言うべきなのかもしれませんが、
私はどうしても直感で話してしまいます。
ですからよく矛盾が起きたりするのですが、
その矛盾は私のなかで矛盾にならないのです・・・
自分勝手な考え方なのだと思います。

で、eaさんの文を読んで生まれたのが
上のコメントでした。
そしてそのあと、「自信」の定義は
いったいなんなんだろう・・と思ったのですが、
それについて書かれているものが全くみつからず、
それでまた自分の直感でおもったのですが、
自信て自分で信じること、ではないか、と。

閃きによってeaさんが動くとき、
それは自分のその閃きを信じているから
動くのではないか、と思うのです。

私はあまり深く考えられないので、
あまりこれ以上考えていると
こんがらがってきてしまうかもしれません。

私は自分を直感人間だと思っています。
そして私の場合どちらかというと
直感人間というより直勘人間ではないか、
と思うところもあります。
2009.10.07 09:21
ea
直感、直勘。
その方向から見たことを伝えてもらえて良かったです。
私は自分に信じる部分を見出せないでいるから。

道理や理屈は嫌いですが、言葉づくめで感覚を理解するのは間に合いませんね。
そうだった、と気付かされました。

有難うございます・・・
2009.10.07 10:10
p–u
独学で、革の作品を作り始めたばかりです。『こんなのが作りたい・・・』といった構想は頭の中にあったのですが、なかなか形にならず、右往左往していたらこちらのブログに行き着きました。私のイメージそのもの,素敵な作品ばかりです。参考にさせていただきながらも、真似はしたくない・・・私らしさを忘れないように少しずつ作品をつくっています。こんな私がいます。自信を持ってください。          私にも、1年4ヶ月に拾った猫がいます。ウチの子と見間違う程そっくりです。  萬のことがとても心配です。
2009.10.08 09:33
ea
はじめまして。なんとお返事してよいか。
ちょっと驚いています。
何故かと言うと、私の作るものに共感してくれる同じ革物作りの人に会うとは・・・
p-uさんも私のような感じのものを作ろうとなさっているんですか?
p-uさんらしい革物は絶対にそのように成長して溢れていきます。
私のものを見ても、(光栄なことに)私の作品を参考にしてくださった創作があっても、
それはp-uさんが作ったp-uさんの革の作品です。
その手で作れるものはp-uさんにしか作れないものです。
大丈夫。自分のペースで、自分のリズムで思うように1パーツずつ、進んで行ってください。
絶対素敵な作品たちになるから、大丈夫です。

私の自信・・・ですか(笑)
私は自分以外の人は自信を持っていいといつも思うのです。
対、自分には・・・ まだどうしてか難しいです。

でも、こうしてp-uさんのように、上記のコメントのKinuさんのように、
真っ直ぐに励まして下さる人がいる。
それに深く頭を垂れて、自分に自信を持つように頑張ります。

萬、多分死んでいます。でも、祈り続けています。
p-uさんの猫、長生きして元気でいてもらいたいです(^^)。
心配して頂けて有難いです。
有難うございます。
2009.10.08 10:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/283-2693193b

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。