スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ささやかな食卓の思い出

.07 2009 一人芝居の部屋 comment(6) trackback(0)




明日直撃する台風のせいで、今日も一日雨だった。
とはいえ、有難いことに、私が出歩いていた時間は雨は小降り。

夕暮れも終わった頃に帰宅したけど、何も作っていない日。




昨日写真の整理をしていたのを思い出した。
忘れた写真が出てくると、日付もない写真に暫らく悩む・・・


今日の写真もそうだ。

日付を去年にして取っといたけれど、よく考えてみると辻褄が合わない。
「???」という気分。

うっかり去年の写真群に入っていただけで、もしかすると一昨年?
でも、あれ、待てよ。
去年はここに住んでなかったし、一昨年は車だったし・・・

なんて感じ。

でもその前の年か?とも思って、やはり違う。その前の年はこのカメラを持っていない。とかね。

「え~、いつ~???」となるんだけど、もう思い出しようがない。



日付は諦めて、良く見てみれば。その時の気持ちや状況などは徐々に甦ってくる。

写真にあるこんな食事をささやかに用意できた頃があった。
それだけでも、こうしてみることが出来て良かった、と思うことにした。


※料理が上手な人は見ないで下さい。

クリスマスの飾りがある(机の右奥の小屋)ということは、クリスマス。

それにクリスマスに作る定番が二品入っている。
ゼリー寄せの肉とパプリカで飾った芋の料理がある。

ささやかでも、それがあるというだけでちょっとホッとした記憶がある。
これを暫らく見ることはないだろうと、このとき写真に収めたのも、覚えている。

事実、最低2年以上は見ていない。



この時から随分経ったんだなぁ・・・としみじみ見ていた。


確かクリスマス、私は一人でいることが多いのだが、このときは人を呼んだんだ。
無宗教の人。その人に『一緒に祝ってくれないか』と言ったんだっけ。

その人はクリスマスどころか、祝い事全てに興味が向かない人で。
大丈夫かな~、と内心心配だったのだ。

でも、その人はあっさり『いいよ~』と。

祝いといっても実際は食べるだけだ、と私は話した。
それもあってかその人は『大勢じゃないなら気にしないでくつろげるから構わない』』と来てくれた。

「私は勝手にお祝いをするから、あなたは食べていてくれ」と言うと、その人はがつがつ食べ始めたので可笑しくて大笑いした。

そんなクリスマスだったなぁ。



クリスマスの聖歌の曲が流れて、雲の多い寒い夕暮れに蝋燭を灯して、この食事の後にデザートを出して、ワインとシャンパンを開けたんだ。

クリスマスの話を何も知らないが神様を否定するわけではない、この陽気で純朴な相手にクリスマスがお祝いできたのは嬉しい記憶だ。
私は聖書のクリスマスの話も、ヨーロッパのキリスト教の在り方も、イスラムの人が話してくれたクリスマス時期の話も、
自分の子供のときのクリスマスも、文豪の話の中に登場するクリスマスの著名な話も、立て続けに話した気がする。

話の中でめくるめく舞台の想像に、相手は目を丸くして口をあけたまま子供のように夢中で話を聞いていた。




この食卓の写真には、そんな小さな記憶が詰まっている。

眺める写真に黙り込む温かい記憶の時間。
こういう感覚は幾つになっても良いものだなと思う。

浸りきって抜け出せなくなるのは問題ありだけど。





でも、あっていいと思う。。。
たまにこういう時も。





スポンサーサイト

comment

Kinu
とてもあたたかで、すてきなクリスマスの食卓です。
お料理もシンプルでかつ美味しそうです。
クリスマスはたいてい夫と二人ぷらす猫たちと家で食事をします。
献立もいつも同じでかつシンプル。
特別の日はいも同じというのがいいと思っています。

いいクリスマスでしたね。
興味深そうに話を聞いてくれるひとがいて
作ったものを美味しそうに食べてくれる人がいる。
それだけで最高ですね。
とてもいい情景の写真です。
テーブルセテイングも素敵です。
そして食器がとてもいい。

わたしも写真をいれたシューボックスがありますが、
乱雑に入った写真をみていると
何時の日だったか思い出せませんが、
写真をみているとその時のことが思い浮かんできます。

今朝また蜂に刺されました・・・
心臓辺りなのでちょっと気になっています。
イエロージャケットという蜂で、かなり痛いです。
少し前に刺されたところが
ようやく腫れがおさまってきたのに、
また新たに刺され、何故何度も・・・と。
ハミングバードの砂糖水の容器の中から出てくるとき
いきなり向かってきて一瞬のうちに刺します。
次回からは防弾ならぬ防蜂ベストを着用しようと思います。

台風が近づいてきているようですが、
無事通り過ぎていってくれますように、と
祈っています。
2009.10.08 00:05
ea
Kinuさん、今は台風が強くなってきている夜中の12時過ぎです

そんな話は置いといて。

イエロージャケット?!私でさえ名前を知っている蜂!
大丈夫なんでしょうか?Kinuさん、淡々と書いていますが
とっても心配です~

後7時間後にまたコメントを書くと思いますが、Kinuさんの容態が・・・ どうぞ、薬をちゃんと使って安静になさって下さいね・・・
二度も刺されるなんて。本当に気の毒です。
ハミングバードのお水のためなのに、Kinuさん良いことしているだけなのに

どうか休んでらして下さい。
本当にお大事になさって下さい。
お祈りしています。
2009.10.08 00:26
ea
Kinuさん、その後蜂刺されはいかがでしょう?
御地は自然の宝庫ですから、当然虫も多くいるのでしょうが・・・
蜂も砂糖水をもらいに来ているんでしょうね。
なのに刺さなくたって
無事に治りますように。


食卓の話でしたが、クリスマスの食卓は、何となく貧しい時のほうがクリスマスに近い気がしました。
写真の中では、シンプルだといってもまだ、材料を買ったり仕込をしたり、
そうしたことが可能でした。
でも、この写真から2年。そして今年も迎えるクリスマス3年目。
今までなかったクリスマスを過ごしています。
Kinuさんが見たらドアから中に入れないかも(あまりに寒々しいから)

私のクリスマスは、この3年間まで豊かだったんだと思います。
お金持ちじゃないけど、お祝いと思えることが1個でも出来ているクリスマスでした。
私にとっては宗教上の大きな日です、だからよけいにお祝いは大切でした。

だけど、ここ最近になって少し変った気がします。
初めは出来ないことが嫌だったお祝いも、徐々に本当の意味を見つけた気がしました。
それまでだって知っていたはずの意味なのに、
実際の生活が伴ってから、言葉と知識を越えた実感がもたらした意味です。

馬小屋の置物を出す時に、これだけはいつでも出そうって思うんです。
馬小屋にいた家族は、羊飼いと羊に見守られて、
遠方からの博士にお祝いされて、天に祝福されました。
それを小さな置物を通して、見つめ直すことが出来るから。

クリスマスが来ると物質的なお祝いを持って笑顔を持つような部分がどうやっても残るけれど、
そういうものから殆ど遠くなった寒々しいくらい何もない今のほうが、
もしかしたらクリスマスの側にいるのかもしれないなぁと
思うようになりました・・・

この写真は意識するものへの岐路だったのかもしれないですね。
2009.10.08 08:17
Kinu
アメリカに移住して、キリスト教徒ではないですが、
キリスト教の様々なお祝い事を
とても楽しみながら暮らしています。
春のイースター、秋のハロウイーン、
サンクスギヴィング、そしてクリスマス。
わたしの場合は季節と自然の融合として
これらの行事を楽しんでいます。

これらの行事がとても季節に関わっていて
自然の生き物たちも関わっていて、
どうしても仲間に入りたくなってしまいます。
あ、それと彩りも。

イースターはウサギ、ヒヨコ、そしてタマゴ、
すべてがパステル色に染まる春。

ハロウィーンはカラス、オバケ、パンプキン、
黒とオレンジに染まる秋。

サンクスギヴィングは七面鳥、パンプキン、
アップルパイ、秋の紅葉の色。

クリスマスはトナカイ、雪だるま、
緑と赤と雪の白。

季節と自然と色のコラボレーション、
大人も子供もキリスト教徒でなくても
心惹かれます。

私の場合は食べ物やプレゼントや
華々しい行事というよりも、
季節を自然を通して感じる大切な行事、
と感じているのだと思います。
そしてそれぞれの時を静かに味わうほうが好きです。

キリスト教徒になれたら、
もっと深い意味でお祝いできるのですが・・・

蜂にさされたその後は、
まだ痛みはのこっていますが
前回刺された時の腫れよりずっと小さいです。
今回は応急処置が早かったから。
一回刺すと死ぬ蜂と
何度も攻撃できる蜂がいるらしく、
イエロージャケットは何度も刺せるらしいです。
今回慎重に行動したつもりでしたが・・・
相当手強い相手とみました。
まだハミングバードがいるので、
まだ砂糖水の補充は続きますので、
次回は厚手のジャケットを羽織って
完全武装で臨みたいと思います。

ご心配をありがとうございます。
2009.10.08 10:52
Kinu
いろいろ豪勢な料理のある食卓より、
心をこめて作られた
シンプルな料理のある食卓に
私はより魅力を感じます。

上の食卓を見て、
もうひとつの椅子に
是非座りたいとすごく思いました。
2009.10.08 11:03
ea
いずれ何処かでお会いする時が私達にあるなら。
味の保障は全くありませんが、Kinuさんもどうぞお掛けになって下さい

私は偏屈な大家族で育ったので、作るものは毎回多目なんです。
それに、私は本来大食漢でですから(笑)
節約して食べない時期を過ごしている現在は修行のようです。
クリスマスは時間をかけて食事を作るから、
机にないけれどシシィというスープと燻製にした羊肉の塊が台所で控えていました。
普段よりはいっぱい作ってあります。

この日だけでクリスマスは終わらなくて、年が明けても少しの期間はクリスマスです。
だから、沢山用意して大切に食べるんです。
同じものばかりですが(笑)

Kinuさんがお祝いに来てくれたら、沢山食べていってください。
シンプルですが、量はあります。クリスマスですから特別なんです。
Kinuさん、どうぞ

アメリカのクリスマスの在りかたより、ずっと素朴ですが・・・

アメリカのクリスマスのお祝いの仕方を四季の流れと見ると、本当に彩り豊かなお祝いですよね!
見ていると愉しくなります(^^)

2009.10.08 12:14

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/284-1b454c09

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。