スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革の表紙

.08 2009 革の部屋 Leather comment(5) trackback(0)



と言ったところで豆本。

革の表紙なんて言うと、勘違いされそう。 すごい装飾がイメージにあるから。

私程度ですもの。
くるっと革を貼るくらいで終了。

もっといろいろ手を込ませるのも良いかも知れない。だけどそれをやると、折角の革の筋目が消えてしまう。
この革には筋が沢山入っているから、出来ればそのままで。

花の模様だけ入れたけど、筋模様は花の下部分。




革の表紙ではなくて、中身。豆本だから、製本する。

小さいのに、色々と必要なのは大きい本と一緒。

厚い紙で表の革を張る芯を作る。
中身のページは3枚ずつ重ねて4セット。もっと増やすことも出来るけど、今回は革の大きさに合わせてこのくらい。
見返しと、見返しを張った後に背中に貼る寒冷紗、厚紙。花切れは省略した。
ついでに寒冷紗も私のところの綿の布。革を拭く時の布を使わせてもらった。


パーツを作って、組み立てていく。








4セットの中身を紐で結び付けている作業。

紐じゃないか、糸。糸です。 6本の絹糸を撚って蝋を引いた。
きつく結ぶけど、きつくし過ぎると紙が切れてしまいそう。加減を見ながら糸を締める。

この後に、見返しを貼って、背中を作って、革と厚紙を張り合わせた表紙パーツに中身を接着すれば、豆本の出来上がり。



出来てから気がついた。

栞の紐を入れ忘れた・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


でも、まあ大丈夫。きっと栞はいらないはず。


これは豆本の作り方で作った、豆本型の手紙にするから。

こんなに小さな本だから、あっという間に読み終わってしまう。
カードじゃなくても豆本で手紙が届いたら、それなりに役に立つんじゃないかな。


どなたのもとへ行くのやら。






スポンサーサイト

comment

Kinu
もしこの本だけが写真に写っていたら、
これほど小さい本だとは絶対思えません。
あまりに丁寧に作られて、
それに皮の装丁が本当にすてきですから。
何をこの本に書き込むか実に迷うことでしょう。

栞の紐は我が家は厳禁。
本を読んでいると猫たちが集まってきて
(彼らは知っているのです本に栞の紐がある、と)
いろいろな紐がありますが、
本の栞の紐ほど彼らが好む紐はありません。
私の本の栞の紐はみんなぼろぼろです・・・

今日は朝から汗だくです。
寒冷前線が北から下降してきており、
それにむかってメキシコ湾の暖気が流れ込み、
凄い湿気を含んだ暖気におおわれています。
何をしなくても汗が噴出す、といった感じです。
今夜から明日にかけて雷雨(たぶん激しい)があり、
その後土曜日はきっと晩秋を思わせる
肌寒い日となるのです。
もう予測はついています。

御地台風の大きな被害がでなかったようで何よりでした。
自然の威力にはただ畏れ入るばかりです。
私たちの傲慢さを自然が悟しているように思えます。
2009.10.09 04:48
Kinu
eaさん、おはようございます。
こちらはまだ木曜日の夕方です。
が、このブログの左にある花時計、
不思議に当地の日付と時間になっています。
eaさんの画面にはeaさんの日付と時間
でていますか?
ちょっと気になってお聞きしたくなりました。

このごろ日の沈むのが早くなってきましたね。
まだまだ暑い木曜日の夕方です。
2009.10.09 07:40
ea
Kinuさんとは本当に昼夜逆転で。
花時計、ミシシッピの時間と日付なんて・・
私の画面では日本の時刻です。
見る地域で違うのでしょうか?

他の国でも違うのかなぁ?だとしたら、ちょっと嬉しいです

日が沈むのも早まりました。
そちらでは蒸し暑くて真夏のようなんですね、今。
でもそれが引っ込んでしまえばある朝、秋になる。
そんなあっという間の季節の差し引きをする自然はいつでも感動しますね~

はやく秋になるといいですね!

本の栞は、猫のいる家庭ではあったほうが困り者ですか。
私と暮らした猫は見向きもしなくて、何にもじゃれない無関心の極みでした。
だから、本の栞にじゃれる猫の話を聞くと、猫らしくて可愛いと思います。

次に作る時は栞を長く付けてみます。
2009.10.09 09:35
Kinu
という猫がいるのです。
スワヒリ語でライオンという意味だそうです。
でもライオンには見えず、
どちらかというと豹にちかい。
手足が長いのです、あと胴も。

この猫が大の紐好き。
そして紐を食べちゃうのです。
たべてるな、と思って
口から出ているひもをゆっくり引いたら・・・
50センチくらいの紐が口から・・・
彼だけなのですが。

ひも状であればなんでも好きみたいです。
お蕎麦を食べているとやってきて
一本ずつあげると(汁つきでなくてはならない)、
切らずに一本つるつるまではいきませんが、
上手にたべます。
たぶんラーメンもうどんもいけると思います。
あ、でもスパゲテイーは興味なさそうです。
和風好みの猫のようです。

和風好みというと、
アメリカの猫は一様に
缶詰の魚の蒲焼風が大好きです。
私も好きなのですが、あまり機会がなくて、
やっと見つけて、さてたべようとすると
猫に囲まれて・・・
蓋つきの入れ物にいれて、
食べるたびに蓋をちょっと開けて急いで食べるのです。
でないと横から手が伸びて箸から落とされる。
食べるのも必死です。

変な話になってしまいました。
2009.10.09 12:12
ea
長い栞のついた本があるといいですね(^^)

でも、革の紐が相手だとボロボロには出来ないかもしれないですね。
クタクタにはなるかもしれないけれど。

50cmの紐が出てくる光景はちょっと危険です。
栞はShimbaの歯でちぎれないくらいが良さそうですね(笑)!

猫も色々ですね、聞いていて飽きません
2009.10.09 19:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/285-978b8861

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。