スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2本の紐

.13 2009 制作の部屋 Making comment(3) trackback(0)


昨日、2本の紐を解けないように結ぶには?とコメントを頂きました。

正確に言うと、「解けないように」なのではなく、「解かれないように」するには。
相手が結び目に目をつけるのかもしれません。
賢い相手です。

ネズミほしさの猫ですから。

猫は手を器用に使うし、出し入れできる爪で当猫も気付かないうちに結び目を解くのでしょう



・・・という内容でしたので、質の違う紐を2本、用意しました。


一つは麻の紐。もう一つは革の紐です。
素材の違う紐同士でもほどけにくい、と言われる繋ぎ方をしてみました。


お題は、人間の手元から垂れる紐に→ネズミの尻尾を結びつけて猫に垂らし→それを猫が取ろうとする、のですね。

ということは引っ張られて更に締まるような結びが良いでしょう。


今から作るのは、SWAB HITCHという名前だったと思います。日本語では覚えていません。
確か、「あやつなぎ」とかそういう感じの可愛い名前でした。






1 ↑始めに1本の紐をこうした形に曲げます。





2 ↑もう1本の紐を、先の紐の輪の下をくぐらせて、後ろ側から回します。





3 ↑写真のように紐を隙間に通します。





4 ↑2本の紐を両方から引くと、こうして目が締まります。
   もっと締めてもいいでしょう。

   こうなると猫がカミカミしようがぐいぐい引っ張ろうが、ネズミはどんどん取れなくなるのです。(予定)








Ⅱ1 ↑さっきのやり方と同じように作った最後のところ、紐を締める前です。
    最後に革紐の先を輪にして挟んでみましょう。





Ⅱ2 ↑この状態で紐を引いて締めてみます。





Ⅱ3 ↑当然ですけど、輪っかが残った形ですね。
    でもこれは、この輪っかから伸びた先を引く、という画期的なアイデア付きです。
    紐がほどけやすいのです。

    猫が相手ですが、完敗させるのも気の毒な感じがある時は、猫のためにチャンスを与えましょう。

    運良く猫の歯なり爪なりがここの紐の先を引っ張れたら、ネズミは猫のものです。
    これは、「引きとけ一重」というやり方だった気がします。
    (すみません。私名前もろくに覚えていなくて・・・)






↑これも、写真を見て真似してみると案外楽ちんです。
そして強く結ばれるので、先述のような猫への配慮はありません。

しっかりむすばってしまうのです。






↑こんな風に。
 
これも漁師さんや船に乗る人たちがよくやる結び方だと聞きます。
船に乗ったら、紐がほどけては危険な事態がいっぱいあるんですものね。

じゃれて解けるようでは命が幾つあっても足りません。
しっかり締まってくれないと。







↑いちばんオーソドックスなものかも知れないのがこれです。

本結び、とかREEF KNOTとか、そう呼ばれるものです。
でもこれに関しては、2本の紐が滑りにくい同素材であるほうが良い気がします。

ビニール紐や、ラバーコードのように、表面が滑りやすいものはあまり向かないかも知れないです。

それと、紐の片端しかつかめない場合は解けてしまうと思うのです。
繋がって左右に分けた紐の両端を持てるなら、これでも良いのでしょう。




2本で結ぶ、という大きな項目で見るのであれば、もっと沢山の繋ぎ方があります。
1本でも色々出来るのですから、2本あったらもっと複雑です。

でも、ここで紹介したものは皆、作りやすく解けにくく、そして使う紐の部分が短くて済む、というのも気にしました。


お題の『ネズミの尻尾+それに結わえる紐』というのは、わざわざそれようにあつらえたものではないはずです。

近くにあった紐、家にあった紐、を使うのでしょうから、やたら結び目にcmを使うような結び方は出来ないでしょう。



そうしたことを考慮して、簡単にすぐ出来て、異素材でも比較的すべりにくいと思われるやり方を選びました。


あわよくば、猫がネズミにぶら下がれるくらい楽しめますように。

スポンサーサイト

comment

Kinu
eaさん、早速の手ほどきをありがとうございます。
画面の指示に従って今ねずみを糸に結びました。
傍で猫が真剣に見守っているなか緊張しました。
一番最初の結び方に決めました。
そして早速釣りを実施。
どんなに彼らがくいついても
餌はびくともしませんでした。
でも最終的に何度も釣っていると
ねずみの胴が尻尾から離れて
かれら胴をどこかへ持って行ってしまいます。
そうとうな数のねずみの胴が
どこかに隠されていると推測します。

今日はアメリカは休日でした。
コロンブスの日。
朝からずっと雨が降っていて
静かな雨でしたがなんとなく
エネルギーも雨と共に流れてしまうような日で、
力が入りませんでした。
猫も一日寝る日にしたようです。
多分猫のオーラにやられてしまったのかもしれません。
このところあまりお日様がでていないので
かなり体内のエネルギーが少なくなっているようです。
早くお天道様が出てくれれば・・・と。

早速の対応をありがとうございました。
よい日になりますように。
2009.10.13 10:10
Kinu
eaさんの素材選びは完璧でした。
そう、この二つの素材の対応でした。
ほんとうにありがとうございました。
2009.10.13 10:12
ea
Kinuさん、早い! 行動が早いです、いつも。
私のほうが感服です

やれやれ、良かった。
猫、つわものでしょうから。無事に遊べて何よりです。
でも、ネズミの本体がなくなっちゃうんですか?
それでは確かにネズミの本体セットが必要ですね~(笑)
隙間や物陰に相当ネズミが隠れているんですね。

Kinuさん、
この結びは繰り返し何度も作っていけば、
見なくても手が勝手に作ってくれるようになります。

何か気になるところとかありましたら、教えて下さい。
一緒に考えます

お日様出ていないんですね、そちら。
台風の季節だから、アメリカでも雲が忙しくなっているのかもしれないですね。
長雨は日本のものだと思っていました。
アメリカでも秋は雨が良く降るんですね。

猫は潔く、丸一日寝てしまいますよね。
やることがなかったら寝ちゃう、っていう。
そんなてきぱき物事を決めれる(?)猫の思考が可愛いです。
Kinuさん、明日は晴れるといいですね!

2009.10.13 11:13

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/290-5e32c39b

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/03 | 10
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。