スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の日

.16 2009 一滴の栄養の部屋 comment(3) trackback(0)



昼。よく晴れていた今日、出かけることにした。

ホームセンターで端材の木を70円で買ってから、海沿いの道に出た。

でも少し走ったら、早めに帰って木材を削って何かを作ろうと思っていた。

でも、それはいつものように叶わないんだけど。




私が夏の夜によく歩いていた海岸の道。塀の向こうに広くとられた歩き専用の道が伸びる。

この道路沿いは関東なのに椰子の木が植わってる。松でもいいのに。

観光客はこの道路のイメージを印象に残して、夏場にまた来ようと考えるのか。

なんとも微妙な風景だ。無理やり感が否めない。



この道路をずっと半島の下方へ向かって走ることにした。











道を相当走って、農道を挟んだ隙間の谷を降りていくと、小さな湾に出た。

ここは本当に小さな湾。

美しく遠くに立つ、木を茂らせた岩島が、昔のままの日本の面影を見せてくれる。

手前にある漁師のボート群。この湾には他の人が来る用事がないから、本当にこれだけ。

有料駐車場は50円だった。

いつもこの上の道を走っていて、どうやったらあの小さな入り江に行けるだろうと不思議に見ていた場所だった。










小さな入り江の上にある丘に立つ風車。

風速3Mから動くという。でも、風速3Mで回る、というわけではないよね。

この高さ50メートルを越えるのだ。







白い風車が青い青い空に手の平を広げるよう。







この丘の風車は小さい公園が付いている。そこには見晴らしのデッキと、ささやかなブランコがあった。







見晴らしのデッキから見た海。

この辺は段々の地形で、海も丘も全部ぽこぽこしている感じ。

一番左のこんもりした場所の裏が、さっきの小さな湾になる。

日本昔話みたいだ。









風車の丘を後にして、道をずっと下りていく。

長い道に車は殆ど走らない。 たまにすれ違うくらいだ。

暑いくらいまぶしい日の光にそこらかしこに光が跳ねる。


そして、私の好きな場所の一つ、干潟に出た。


この干潟は左側が海につながっていて、右手側は奥まで数百メートルの干潟になっている。



台風の後は沢山の背の高い草が折り重なって絨毯のようになっていた。

カモメの声と水面に群れを成すカモの影。

沢山あいた泥砂の穴にカニが走りこんでいた。


生臭いような、海草が腐ったような臭いと、海の潮の風が干潟に行き渡る。



干潟を撮りたかったけれど、手前のススキの群れに全く写真に写らない。

頭の中に残すことにして、しばらくそこを歩き回っていた。







この左側はバス停がある道路。

ここで眉間に皺を寄せたおじいさんに話しかけられた。



私は道端にしゃがみ込んでススキの中から生える別の草の実を取っていた。

夢中になって取っていたので、おじいさんが質問したくなったらしい。



おじいさんは地元の人ではなくて、ここの場所に来たは良いけどバスが1時間に1本しかないから仕方なく歩いている、と言う。

私に何を集めているのかと聞き、私が集めたものを見せると記憶を辿るように沈黙した。

「ああ・・・・・ 私は戦前の人間だから、そういえば昔、女の子がこれを集めていたなぁ・・・」

そう言っておじいさんは、「今日は失敗した日だから、良いことあって良かった。ここまで来た証拠に少し持ってくか」

と、幾つか実を摘んで、そのまま独り言を言いながら去っていった。


私は「お気をつけて!」と後姿に声をかけて、その後少しして帰路についた。




夕日が沈む前には戻ろうと思って、ぎりぎり日没10分前に家に着いた。


集めた実をどうしても自然光の中で撮りたかった。

今日は良い日だった。


心にも体にもお天道様の光をくぐった風が吹いていた。


その渡る風の中、夕焼けまで集めていた実。 おじいさんが「今は見なくなった」と呟いた実。




記憶と共に甦った昔日の夕焼け。

私小さい時、秋になったらこの数珠の実を夕焼けまでの時間、いっぱい集めて家に帰ったんだ。







スポンサーサイト

comment

Kinu
朝起きていつもの朝のリチュアルをすませ
一息つこうとPCの前にすわって
いつものように此処にお邪魔しましたら、
思いがけない素晴らしいお天気の中
気持ちのよい散歩をいただきました。
Eaさんの五感を通しての語りと
写してくれた写真のお陰で
すっかりその場を訪れたような気持ちになりました。
海の香りが感じられるようです。

誰も居ない海って人に様々な思いを抱かせますね。
あっという間に時間が経ってしまいます。
渡米する前に記念の旅をしました。
私は旅といったら修学旅行くらいでしたので
とても意味深い旅となりました。
奈良、伊勢志摩を訪れました。
そのとき見た海も離島があったり、
入り組んだ入り江があったりと
素晴らしい地形でした。
日本を去る記念にふさわしい旅になりました。
Eaさんの写真を拝見して
あのときの光景が思い浮かんできました。

今日は晴れるはずなのですが、
曇っていて寒いくらいの風が吹いています。
落ち葉がしめった地面に散らばって
晩秋を思わせる陽気となりました。
しばらくお天道様の顔をみていないので、
早く出てきてくださらないか、と思っています。

数珠の実は初めて見ました。
じつに美しいですね。
どんなようすで実が本体についているのでしょう。
海の近くにいつも生育しているのですか、
それならこの色合いの理由が分かります。
おじいさんとの出会いもよかったですね。
私もこうしたふとした出会いはとても好きです。

昨日はとってもよい日でした。
そして今朝散歩をご一緒させていただいて
昨日の余韻が再び蘇ってきました。

本当にすばらしいひとときをありがとうございました。
2009.10.16 23:37
Kinu
この風車を見てもう一つ思い出したことが・・・
20代のころ仕事で真冬の北海道増毛に行きました(付き人として)。
増毛にある幼稚園の取材でした。
(風車で電力をまかなっているという)
冬の増毛は今まで経験した冬の姿を覆しました。
人が住んでいるということに驚きを感じました。
とにかく、幼稚園に着いていざ仕事というとき、
「風が強すぎて風車をまわせません」ということで、
取材は風車の部分は別編集になりました。

でもあの冬の増毛は私の人生の中で
今でも最も記憶に残る光景となっています。
2009.10.16 23:44
ea
kinuさんはもう長く日本から離れているから、
きっとこういう風景を見て懐かしいかな・・・と思っていました。

散歩をご一緒できて何よりです

本州も南のほうへ旅行に行かれたことがあるのですね。
私は仕事で出向いたことがあるだけで、伊勢の辺りは写真で知るのみ。
奈良は何度か訪れました。
日本は様々な風土にと気候に根付いた人と自然の歩みが見えますね。
こんなに小さな島国なのに、本当に豊かな風土です。

北海道の風車。
しかも真冬となると本土に住んでいる人には想像できない寒さでしたね!
北海道の真冬は行ったことがありません。
風車、回るどころではないのでしょうね・・・

Kinuさん、思い出深い旅をなさってからアメリカへ行ったのですね

数珠の実のことですが、
多分水辺に生えるのだろうと思うのです。
数珠球という名で、稲のような穂を実からわずかに見せる背の高い草です。

これは小さくて、1cmくらいしかありません。
中を針で押しやって、糸を通して繋げることが出来ます。
Kinuさん、ご覧になりますか?

明日にでも、数珠球で腕輪を作ります
(・・・Kinuさんの夕食後くらいでしょうか?)
2009.10.17 00:36

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/293-44cb0ad3

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。