スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

数珠玉の首飾りと腕輪

.17 2009 他素材の部屋 Other material comment(7) trackback(0)


四つの飾りを作っても、まだまだ数珠玉はある。

もっと作ってもいいけれど、私が使うわけでもなし。
一度に使い切ることはない。


数珠玉は中身を抜く作業が長い。

針を通して、中の草や胚芽を押し出さないといけない。
それをしないと針も糸も通せないから。

これだけで結構時間をかけることになったが、とりあえず4本は出来て良かった。




始めに作ったのは午前中に載せた小さなメノウの玉と合わせた腕輪。

針と糸を使う以外も作れるかなぁと思って、ためしにヘンプを使った。







ヘンプは良い色を合わせたかったから、無漂白のヘンプを玉葱の皮で煮た。
すると、あのカサカサな茶色い玉葱の皮から煮出された湯は、きれいなひなびた黄色い染料となってヘンプを黄色くしてくれた。







このヘンプを乾かして、数珠に通して、ヘンプの色と数珠を不規則に交互に見せられるようにした首飾り。
ヘンプもまた、数珠と同じように主役で良いのだ。


留め具は古い金の金具。ネジで回して着脱する。









これは以前よく作った2段の腕輪。3段も出来るけれど、今日は2段。

鹿の革の留め部分・鹿の角のスライドパーツと、朱色のヘンプに通した数珠とさざれのターコイズの欠片。
あと、木のビーズ。



存在感があっても数珠の淡い青灰色は、ちっとも主張し過ぎない。
とても大人しい感じさえする。









緑色の強いターコイズと数珠の首飾り。長さはあまりなくて、45?くらいだろうか。
数珠の形と似ていて、馴染みが良い。色も鮮やかな水色ではないから丁度良かった。


留め具に使った引き輪の先に、数珠玉を一つ付けた。後ろから見ても数珠玉。





久しぶりに出会えた数珠玉の嬉しさ。

あとはこれを着けてくれる人を見つけないとね。






スポンサーサイト

comment

Kinu
作品を拝見していると海の色を感じます。
なんともいえないあおさ・・・

不規則な配列のネックレスは
まるでしずくが落ちてくるようにみえて
素敵だなあ、とつくづく見惚れました。

自然の素材は他のどんな自然の素材とも
うまくあうことになっているのでしょうか。
実と石、
実と皮、
実と麻、
実とメタル・・・

どんなに色を自然に近づけても
人口の色は自然の中ではういてしまうように思います。
庭にほんの小さなプラスチックの破片が落ちていても、
すぐに見つかるのです。
たとえそれが緑色であっても、
草の中でその存在はういてしまうのですね。

ほんとうにすてきな海の色です。
2009.10.18 07:58
ea
海の色に見えますか
海に続く場所で生まれた実達だからかも・・・
灰色なのにどことなく青みがありますものね。

滴のようだとKinuさんが仰ったネックレス。
あれは短めなんだと作ってから気が付きました。鎖骨にかかるくらい。
私は衝動的に作る分が多くて、出来上がるまでよく分かっていないことがあるのです

もう少し長めに紐をとって、私が思っていたような胸の近くまで垂れる長さを作ろうと思っています。
そうしたら、もうすこし滴は多くなりますね
それに、そうやって作れば金属を使わないで済みます。
かぶるだけにしたかったのに、実をずらさないために結んでいたら短い本体に・・・

自然の色って様々だけど、私もそう思います。
やはり人の作った色では近づける色ではないって。
まして、土の上にあったり砂の上にあったり、草むらや木にかかっていても。
やはり、「あれ?」と浮いて見えるんですね。
黒曜石がそうでした。
ガラスのように光るのに、近くにガラスが落ちているとそれはすぐに違うって分かるんです。

そして、私達も自然の一つなんですよね
いろんな物を作って身の回りを埋めていても、
見つめるものや感じるものの感覚自体が、自然の生物としての機能なんですものね。

自然色の近くにいつも居たいです。
2009.10.18 08:37
Kinu
私は背があまり高くないので
ネックレス(2,3個)は全て16”と決めています。
本来アクセサリーは殆どつけませんが、
ときどきふっとネックレス、指輪をしたくなります。
ほんとうにふっと、思うときだけです。
そしてふっと思うときは本当にまれです・・・

雫の雰囲気がとても素敵です。
長いのもきっといいでしょうね。

やっぱり淡いブルーに見えてしまいます。
ほんとうに綺麗な色ですね。
2009.10.18 10:40
Kinu
ちょっと分かりづらかったですね。
16”ってちょうど鎖骨のあたりの長さです。
私はこの長さ最もネックレスらしい長さだと思うのです。
2009.10.18 10:46
ea
「16?」と。ちょっと考えて、御地はアメリカ。
もしかして、鎖骨あたりまでの長さ、というのをインチの数字で?とやっと気が付きました。

40cmくらいですね?41cm弱。
あ~、そっか!と分かってちょっと嬉しかったです。

私は丁度、鎖骨の真下から10cm四方くらいがタトゥーで黒いんです
だから、このへんにネックレスがあると全く分かりづらいのです(笑)。
それで、自分で付ける時はチョーカーの短さで着けれるものか、
タトゥーを越えて長く垂れるものを作ります。

たまにこうしてアクセサリーを作ると、一般的な長さを対象に作るのですが、
自分では試着できないので、作り終わってから「あら?この長さでよかった?」
となることがしばしば。

自分用のネックレスと比較して、短いものと長いものの中間くらいの長さなら、大体一般的。

でも、それより短いと今一、長さがつかめません。
それでちょっと短いのかもしれない、と思ったのです

Kinuさんの16インチ。
たぶんそのくらいの長さです。この「海の滴」のネックレス。
もし良かったら、Kinuさんがお持ちになったらいかがでしょう

2009.10.18 11:34
Kinu
海の滴。
ほんとうにいいなあ、と
実はひそかに思っていたのです・・・

私が持っている二つのネックレスは
ひとつは細い皮ひもに白いパール色の
まあるい貝が真ん中に一つついているのと、
細い銀の鎖に小さな水真珠が一つついているものです。

アクセサリーのことは殆どわかりませんが、
なんとなくネックレスの定番サイズは
16インチと18インチが多いような気がします。
(全く確信はありません・・・)
あとはデザインで長さが変わってくるのでしょう。

Eaさん、数珠球、滴に見えませんか?
2009.10.18 12:14
ea
見えます。数珠の実は滴の形ですね。

Kinuさんのお持ちのネックレスは想像できます。
シンプルで、ほんの一箇所、柔かい光を持つ真珠があるんですね。
その「ほんの一箇所」、というところがKinuさんらしい感じがします

たまに着けたい、と思う時に手に取れるネックレスがそのネックレス。
とても雰囲気の良いネックレスですね。

数珠玉の滴ネックレスはKinuさんのお気に召したようで嬉しいことです

サイズを測ると18インチあるかも知れないと分かって、
丁度良いのでエンドパーツを自然素材に交換することが出来そうです。
そのほうがきっと良いと思って。
エンドパーツを付け直すと少し短くなるかもしれないから、
16インチに合わせますね
2009.10.18 19:53

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/295-d86f5ee2

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。