スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

蛇のように

.20 2009 革の部屋 Leather comment(5) trackback(0)




蛇のように美しく。

蛇のように地から離れず。

蛇のように静かに。

蛇のようにひっそりと。

蛇のように


見るものを立ち止まらせる。



そんなふうになってほしいと思いながら。










サメの歯。 もうずいぶん前に私のところに来た歯だ。

まだ幾つかあるけれど、使おうと思うはっきりした対象がないから眠ったままだった。
このサメの歯の付け根を落として穴を開けた。


2cmくらいの大きさだ。それほど大きくはない。
だけど、こんな歯が2,3列になって口の中にずらっと並ぶサメ。
口を開けられたら、一つ2cmだから安心、という光景には見えないだろう。

削っている最中でも、サメの歯の両脇が指の腹に引っかかる。

押し付ければ皮膚は切れるかもしれない。


これを頭に見立てることにした。





今回、薄い革が底を付いてしまった。

限られた革は腹部の革しかない。
引き締めながら編むと、部分によって急に細く伸びたりするため厚さも紐幅も大きくズレがでた。

蛇のように美しく・・・とはならなかったのが残念。

鱗のような編み目のはずが、幅の違いによって目が崩れたり段が出来たり。
不均一な影が付く胴体は、たくさん怪我をしたあとの不揃いな鱗が生えたよう。








私はガラガラヘビが好きだ。

蛇なら何でも好きだけど。


ガラガラヘビのあの尾が不思議で、興味深い蛇。
ガラガラヘビは臆病なんだという。
だから、音を出せるように抜け殻をつけた尾を鳴らして警告すると。
それでも許せない距離まで近づくなら、噛み付いてくる。


怖いから、先に攻撃する。

ハブもそうだ↑と聞いたことがあるけれど、ガラガラヘビは音を出して自分がいることを教えてくる。
音を出した上で、様子を見ている。



そういう習性を聞いたときからガラガラヘビが好きになった。



毒も持っていて、成体になれば襲われることは殆どないというのに、それでも本能がそうさせる。

その、やたらめったら攻撃するわけではない本能。


楽しみで命まで奪うのは人ぐらいだろう。
チンパンジーにもそういうところがあると聞いているけど。


少なくとも蛇は、不要な命を狙いはしない。
拒んできた。










眠る蛇。

見た目の攻撃的な雰囲気とは異なる、物静かな生き物。




そうありたい。

スポンサーサイト

comment

Kinu
ヘビの本来の姿がとても現れていると思います。

私もへびが好きです。
庭にときどき出現することがありますが、
いつも立ち止まって彼らが繁みに入るまで見ています。
極寒の2月のある朝、ドライブウェイに
キングスネークがうずくまっていました。
どうして彼がそこにいることになったのか分かりませんが、
寒くて動けなかったのだと思います。
魚をすくう網にかれをいれて、
しばらく膝の上であたためて
公園の日当たりのよいところに運びました。

ガーデンクラブに入っていたとき、
毎回プログラムがあってあるとき
ヘビの専門家の女性が数十匹のヘビをつれて
話をしに来てくれたことがあります。
クラブのメンバーはヘビが苦手な人ばかりで
庭でプログラムがあったのですが、
みんな家の中に入って窓から見ているだけ・・・
私ともう2、3人だけが話を聞きました。
そのとき何匹かのヘビをさわりましたが、
その感触に感動しました。
あの感触は今でもよく覚えています。

当地の人はほとんどヘビを嫌っています。
ガラガラヘビやカパーヘッド、
ウオーター・モカシンなどの毒蛇が結構いますから。
でもヘビにかまれて死んだり、
けがしたりするニュースなど全く聞かないのです。
固定観念をなんとか変えたいと思っているのですが・・・

毒蛇の目はだいたい猫の目のように縦長で、
毒を持たないへびは丸い目をしていると
その女性は言っていました。
でもよく近づかないと目を確認できません。

eaさんがおっしゃるように
ヘビは理由もなく人を襲うことはないと思います。
彼らはひっそりと静かに生きています。
2009.10.20 23:25
Kinu
お守りになりますね。
なんとなくそんな気がしました
2009.10.20 23:28
ea
Kinuさんは本当に動物が好きですね!
蛇まで暖めてあげる人は少ないかも。
Kinuさんのガーデンクラブ時、想像がつきます
皆さん遠巻きに蛇と専門家の方を見てらしたんですね。
Kinuさんは興味を持って近づきそう。
痛くてもサドルバック・キャタピラの写真まで撮るくらいだから(笑)

私は蛇がいるとどうしても触りたくなるんですが、
ここ最近は出会うことも減りました。
近隣の自然があれよあれよと開発の名の下に奪われていくから
子供の頃はしょっちゅう捕まえて、部屋まで連れて帰って、おばあちゃんに叱られました
青大将やシマヘビでも嫌な人は嫌ですものね。

目の話は「あ、なるほど!」と。
そう言えば、気にしたことがなかったです。
アニマルプラネットで蛇の特集を放送する時はもっとよく見ることにします。
テレビは滅多に見ないですが、アニマルプラネットは見ると消せないので、
逆にテレビを付けないようにしているんです

この蛇、お守りになるでしょうか?
出来としては良くないので私が保管することになりそうです。
2009.10.21 00:02
Kinu
上のへびをみながら暫く思ったことがあるのでお伝えします。
このへびは、尻尾と頭を逆にするといいのではないか、と。
尻尾の部分はヘビの頭部のイメージがよくでています。
そしてガラガラヘビの尾をサメの歯にしたら、
脅しも効きますし・・・

どうでしょうか・・・・
2009.10.21 00:25
ea
始めに出来上がりを見た時はそう思いました。
二本の紐が舌みたい、と思って。
色も合ってますものね。
ただ、そうだとすると頭部がいささか大きく見えてしまうかしらと・・・

写真にとってないのですが、サメの歯のほうから首を持ち上げると立つんです。
中に芯が入っているのです。

コロッとしたほうは重くて持ち上がらないのですが。。。
でも、寝そべっている分には問題ないですね。

もし私の家でこれを見る人がいたら、その時はKinuさんが提案したようにお伝えします
2009.10.21 00:35

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/298-c6d2f314

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。