スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

未熟

.25 2009 他素材の部屋 Other material comment(0) trackback(0)


数年前の写真だ。 6枚だけ出した。
実際は百枚くらいある。そして、写真を撮らなかったものを合わせると数百点ある。

そのうちの3分の一くらいのアクセサリーはまだ手元にある。


端革ではしばらくの間、アクセサリーを作っていた。





色々考えることが多い最近。

やたらに疲れる。でも疲れると言って押しやるわけにもいかない。
ちゃんと答えを出さないといけないんだ。

自分のために。


決心をしたのに右往左往している自分に溜息が出ることが多い。
何しているんだか。

この写真の時と何が変わったというのだろう。


今日は一人で考え込まないで、画家と話しをしていた。

画家は知っていた。

私がいつでも決定力不足だと。それは、私とは反対の性格の人間だからすぐに分かるらしい。
私自身が少しずつ、自分を見失って、決定から道を逸れはじめている時、この画家はよく注意していた。
画家の言葉は穏やかだ。でも心に楔を打ち込まれるような、そんな抵抗しがたい言葉の連続だった。


今日の画家は、心配そうにだが、こう言った。

「EAが今、自分で気付いたのなら、これ以降は俺の言葉も聞こえるかもしれない」

「いつでも同じことを繰り返していたんだ。決心の後でも、結局同じことをしていた」

「なぜ、使われるほうに傾く時にそれに気が付いていないのか、俺は不思議だった」




アクセサリーを作るのを止めたのも、
絵を積極的に描かなくなったのも、

今日も。

ずっと繰り返してきたことだったんだ。


私は自分に自問自答をぶつけ続けていても、その答えを導き出したつもりでも、気が付いていないことがあった。
その未熟さが、私を悲しませ、苦しませ、毒のある言葉を口に含み、出口を遠ざけていた。


正解はとっくに知っていた。


正解に歩む最中、その正解に未知を求め続けた。それが盲点だった。
未知はあるのだろうが、未知に賭けてはいけないことを覚えなかった。








とりあえず、たった今、今の打ちひしがれた感覚と顔に水をかぶった後のような景色。

それは変わったんだろうな。




アクセサリーを作ったときと、絵を描いていたときと。

端革制作のこれまでと。


私は未熟さが、心の中や考え方のどこかに巣食っているのを見つけられていなかったんだ。




写真はもう焼いてしまおう。

徹底しないとダメだ。











スポンサーサイト

comment

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/302-30471f8c

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。