スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

抱えきれない大切

.01 2009 一滴の栄養の部屋 comment(4) trackback(0)




昨晩、連絡が入った。 友人が一緒に山に行こうと。

mr.バオバブの親友の話を覚えている人もいると思う。その彼だ。
日焼けした小学生みたいな人だ。 

なんというか。 妙に『昭和の小学生』らしいのだ。イメージは、夏休みの小学生。
元気で、正直で、自然が大好きで。 四六時中、川に入ったり木登りをしている感じ。(実際近いものがある)
優しくて、引っ込み思案で、友達思いで、悲しいと顔に出るのになかなか言えない、という。


分かるだろうか。



この『夏休みの小学生』が、私がよく行くようになった連山を教えてくれた人だった。

一緒に行けたら、とずっと思っていたので、誘いかけが嬉しかった。










早めに起きて、ご飯を炊いておにぎりを作った。
海苔は別にして、食べる時に巻く。 
鮭やタラコは用意がないから、鳥の胸肉をしょうゆとごま油に漬けたものを炙り焼きにして裂いた具を握った。

行く道でミカンを買い、おにぎりとミカンとお茶のお昼をリュックに詰めた。


画家の車で一緒に彼のもとへ向かった。

画家もこの『夏休み小学生』との山歩きが楽しみで、道の脇で待っていた彼を見つけた時は喜んだ。









挨拶も簡単にすぐに話し出して、歩き始めた道で、会っていなかった数ヶ月間があっという間に流れ去った。







木に付いた苔。

なんという名前かまで知らない。でもそのほうがいい。3人とも植物の名前に疎い。
そして3人とも、植物にとっての名もなき友達でもあるんだ。お互い様。


美しく、森を育む地衣類。
そのビロードのような緑色の柔かさに含まれた土の息。







下の方に川が流れている。

昨日もここの橋を渡っているけど、今日またここに来れて写真に撮ることにした。
昨日も撮ろうかな、と思っていた場所だった。






これがその川。

小川で、たまに小さなカニを見る。
3人でここを覗き込んで、夏休み小学生の彼は川に下りてしまった。 

いい場所だ、いい場所だ、と何回もあちこち(全体)指差して興奮していた。
そんな彼の姿を見て、画家も私も深い緑に包まれた世界を見渡して感動した。









少し進んで開けた原っぱに出た。
夏の終わりはミチオシエが飛びかっていた原っぱ。

そこには、昨日のキノコのように、折れた枝から大きく育とうとする黒いキノコがあった。







原っぱは、画家と夏休み小学生が二人で以前来ていたところでもある。


この原っぱには夏に、バッタがビシバシ飛んでいたようだ。
今日もバッタを見つけた二人は、おんぶバッタを見て興味深そうに見入っていた。

夏は緑だったバッタが、今日は茶色いから秋バージョンだ、とか何とか。

『え~そう~?』と思っていたのは私だけだろう。


二人は秋色に変化した(?)バッタを見て、コオロギを見つけ、ナナフシを見つけ・・・

本当に楽しそうだった。
もちろん私も、とっても楽しい。

しらけた相手と来ることはない場所だろうが、見せかけだけの自然愛好派と来たって勿体ないだけだろう。
本当に心から自然が好きな人とだけ、こういう場所は来るものなんだ。







昨日の紅葉の写真にあった木。幹。 ・・・・・ 太さが分かる写真を撮るつもりだったのに。
違うな。 木にまぶしたような苔の写真だ。

これはこれでいいのだけど。

この木の先には溜め池の端側がある。







ここが溜め池の端側。 増水の影響で橋は泥を塗ったようだった。

溜め池に入りたがる雰囲気を感じ、二人の間を縫って引き返した。どちらかが入りそうだった。
悪くはないけど、泥が上がっている池の縁は足を深く取られてしまう気がする。
好奇心でうっかり泥にはまる、その姿を見たら私は笑ってしまいそうで。

けしかけたら本当に池に入りそうだった。


夏にね、夏に入りなね、と心の中で言っておいた。







池の周りを歩いて、洞窟の前を通り(ここも入りたがっていた)、昨日、水を汲んだところまで来た。

水を汲んで3人で飲んだ。

お茶は持っていたけど、からのペットボトルに水を汲んで飲みたかった。
水は昨日と同じように澄んでいて、きらきらして、そして苔や土の香りを含んだまあるい水だった。


この戻り道の開けた場所。大広間のような場所で、おにぎりとミカンを食べた。

今日は暖かくて、風も強く吹いて、3人とも一つの長いベンチに座って食べながら木の群れを見て話した。
mr.バオバブの話や、燻製作りの話、喫煙者のマナーや自然の恩恵、今まで会っていなかった時間の話。

背の高い、手を空に広げた桜の大木を見つめて、スタンド・バイ・ミーのような一場面が過ぎた。



『また会えるんだ』と思うのに、心のどこかで『もし会えなくなったら』とも、よぎる。


黒曜石を拾って、3人で車のあった場所に戻る。
黒曜石の割れ方や、割れた後の感じを説明して、地面にこじりつけて黒曜石の破片を取った。

夏休み小学生はそれを真剣に手の平に乗せて観察していた。
危ないからね、と私は言った。 画家は、それで料理できるねと、夏休み小学生は笑って、『凄いですよね・・・』と。
黒曜石だけで話が続くなんて、と続けた。
ハイキングに来る人たちは黒曜石を見向きもしない、でも自分達は同じ目の持ち主なんだと、言いたかったみたいだ。




お金より大事なものなんてごろごろしてるんだ。

お金で本当に苦労したことがないから言える、という人もいる。残念だが相当な苦労をしてきた上での言葉だ。
太刀打ちできない子供の時期の貧しさと、精神を病んで堕ちていった貧しさと、真正面から人生をやり直す決意で選んだ貧しさ。

どれも中途半端な貧しさではない。


それでも実感する。 お金がないことによって失うものは自分の何物でもないことを。
お金で失うものは、自分の中身の何かじゃない。もし失くすならそれはお金で変わる程度の自分自身だ。



森の壮大さも、ティースプーン一杯の土にいる10億以上の生命も。

心で手探りする自分との対話も、大切な友人への尊敬も、顔を見て笑顔でいられる時間、も。

今日一日の、たった数時間であっても。

世界中のお金を積んでも同じものを買うことは出来ないんだ。



胸を内側から叩きつけるような鼓動は、いつでも本当の意味を教える時に響いてくる。



















追伸:『夏休みの小学生』へ。
   
   豆料理の話をしたでしょう?
   地球の裏側にいる親愛なる友人が豆を沢山送ってくれた、そのおかげで豆料理三昧です。
   今日は、クランベリービーンズとガルバンソ、豚肉をトマトとオレガノで煮込みました。
   赤玉葱のレモン漬けと、ローストしたジャガイモと胡瓜のサラダも添えました。

   いつか食べにおいでね。 


  





スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんはまだきっと深い眠りなか・・・
一日中友と過ごした楽しいひとときを夢見ながら・・
ほんとうにいい日でしたね。
私もお話を聞きながら、写真をみながら
わくわくしてしまいました。
植物の生育の様子をみていると
当地の気候とよく似ているような気がします。
羊歯類や苔が元気に育つ環境ですから。
本当はきのこ類も頑張ってもらいたいのですが・・・

おにぎりの美味しそうなこと!
いいアイデアだと思いました。
おかずをおにぎりの中に入れてしまう!
これなら一挙両得。
もうみかんも出始めているのですね。
かんきつ類はいろいろありますが、
やはり冬のみかんと夏みかんは
忘れがたい味です。

今日から冬時間に変わりました。
昨夜寝る前に家中の時計を一時間前に戻すのです。
ですから朝1時間余計に眠れるのでありがたいのですg、
夏時間になるときはつらいのです・・・

雨の多い日が続いて地面は湿ったままです。
今日からしばらく冬型のいいお天気になるとのこと。
今日家の前の道をあるきながら木々をみまわすと
ところどころ紅葉、黄葉が始まっていました。
今柿の葉が綺麗な色をしています。
ハナミズキやさくらもほんのり色づいています。
以外なのはサルスベリ。
美しい真っ赤な葉をいくつかつけます。

夜、早朝はかなり冷え込むのですが、
まだ旅立たないハミングバードがいて・・・
本当に寒い朝に冷たい砂糖水を飲むのは
けっこう大変なのでは、と思います。

散策した森の木の実、
立派な木々、
ひんやりとした空気を
楽しませていただきました。
Eaさんたちの会話の中に入っていけたら
どんなにか楽しかったことでしょう・・・

お豆の料理、とても美味しそう。
そしてとてもあたたかな味を感じます。
紫タマネギのレモン漬け、レシピいただけますか?
2009.11.02 05:47
Kinu
私はまさに昭和の小学生でした。
しかも30年代の。
ですからその方のイメージがよく分かります。
小学生時代の思い出は楽しいことばかりです。
思い浮かぶのは、

どろんこ、
つぎあて、
しわしわのくつした、
よりみち、
れんげばたけ、
甘食、
ざりがに、
夏休み、
かきごおり、

・・・・・

遠い記憶をたどるのは
とても気持ちが穏やかになってきます。

今の時代に昭和の小学生のイメージを
持ち続けていられる方は
幸せな方ですね。
そしてその方とおともだちとしていられるのは
とても幸せだと思います。
2009.11.02 05:54
ea
私の住んでいる地域は暖かいほうなんだとよく思います。
冬支度、という感じがなかなか手に付かないでいます。
昨日も暖かくて、『もう11月にはいったのに』と。
思えば毎年、そんなふうにゆっくり秋を見ていますね。
Kinuさんの『冬時間』という言葉。
不思議な感じがしました。アメリカではそうして時計ごと変わるんですね!
緯線で見ると、御地と日本はさほど変わらない位置。
季節的には同じような動きだと思うのに・・・
『冬時間』って面白い響きです。

そういえばミカン、小さくて甘いミカンでした。
大きいのはあんまり美味しいのにあたったことがないんです。
だから何となくいつも小さいものを買っています。
やっぱり甘くて、ミカンらしい酸味があって、美味しいミカンでした。
ミシシッピにも出荷していると良いのですが。
傷みやすいから出荷できないのでしょうか。

ミカンを食べながら、変わり始めた葉の色の中にいました。
Kinuさんの庭や家裏の自然くらい、身近であれば、
私達は日暮れまでいたかもしれなかったです。
Kinuさんの家はいいなぁ、と思います。
友人にも、仲良くなったKinuさんの自然話を話してあげました。
興味深そうに聞いていましたよ!


そういえばKinuさんは、まさしく昭和の小学生でしたね!
一応私も友人も昭和の小学生ですが、Kinuさんは本当に昭和時代、ですね。
記憶の紹介にある『昭和』の小学生時代。
読んでいると、時間が巻き戻されたみたいな映像が浮かびました。

そうなんです。
そんな風合いの友人と繋がっていられることは、
本当に大きな恵みだと思います。

2009.11.02 08:38
ea
紫玉葱ですね?

あれ、ペルー料理の付け合わせでよく見るものです。


① 玉葱一個をスライスして、水につけて辛味を抜きます。

② その水気を切ったら、レモン一個を絞って、
  塩と胡椒とアヒ・アマリージョを加えて和えます。

☆ パクチーを刻んで入れることもあるようです。


私は良いパクチーを見つけられなかったので、入れなかったんです。

塩も胡椒も、あとアヒ・アマリージョも、分量は好みです。

私は、玉葱一つに対してレモン一つの果汁、というくらいで作っています。

唐辛子が苦手だったらアヒ・アマリージョは無しでもいいと思います。
アヒ・アマリージョは乾物なら輪切りでも良いし、ペーストなら混ぜて良いのだと思います。


2009.11.02 08:51

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/310-0a775694

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。