スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕輪・続き

.06 2009 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(0)



昨日作ろうとした、もう一本の腕輪。

糸が足りなかったのは、かがるから。 かがると平縫いの1,5倍くらい使う。
やっぱり買ってきてよかった。


よく似ているけど、こちらの腕輪のほうが昨日のものより大きい。


長方形の胴体でもない。
先に作ったものは長方形の革の胴に石を置いても違和感が無かった。
でも今日の石は、一回り大きくて。
昨日よりも革の幅が広がった分だけ、長方形の胴では全体が治まらないような気がした。

もし昨日と同じように真っ直ぐの長方形のままで作ってしまうと、
よっぽど大柄な格闘家みたいな人でもないと、リストバンド状態の革の腕輪は治まりが悪いのだ。









横から見ると少しだけくびれているのがわかるかな。

こうするのとしないのとでは、着けてみた具合がかなり違う。
今日は人につけた写真は撮っていないけど、このくびれの凹みが真っ直ぐ埋まっていたら、と想像してほしい。

結構暑苦しいと思う。

そういうのは、筋骨隆々の逞しい偉丈夫に着けてもらうのみだ。


普通の人が着けるなら、若干の錯覚作用が必要なものだ。

だとしてもこれを着けにくいと思う人は殆どかもしれないけど。




存在感の強いものを使う以上は、存在感を生かすことはしても大げさになるのは良くない。

そういうのもあって装飾の模様がある。
腕輪の革に焼いた模様。

装飾の模様が同じ黒い色だから、黒い石を取り巻いていても色合いは静めるだけ。
黒い石はただでさえ大きく、加工していないままを使っているから、そのままだと目立ちすぎてしまう。
強調されすぎるのだ。
周りの革を黒い革にしてしまうと、今度は風合いが死に過ぎる。
濃い茶色の革が一番この石には合う気がする。

赤めの茶色でも、焦げ色の茶色でも、濃い色のほうが良いと感じた。

それでもまだ、そのままの革だと石に比重がいってしまう。
それは石の影に細かさがあるから、影の細かいほうに人は目が向くのだ。

だから革に焼いただけの線で模様を入れて、革にも影を細かく刻む。

模様は、森のことを考えながら、水辺のことを思い出しながら、焼いて刻む。





こうして出来た腕輪。

指輪も首飾りも同じようにして作っていたけれど。


なかなか手に取る人はいないのも確か(笑)。


だけどこういうものは不思議にも、始めから手を伸ばす人がいる。
『へぇ』と思いながら見ていると、そういう人はしげしげ見ながら自分に着けてみるのだ。


こういうのは呼んで呼ばれるものなのか。


あれこれ聞きもせず、茶化しもせず、すっと着けてしまう人には『え!』と思うほどよく似合うのだ。




今日の腕輪も、誰かを待っているのだろう。

誰が着けてゆくのか。  見る日が楽しみ。








スポンサーサイト

comment

Kinu
こうして二つのブレスレットを並べると
これはどうしてもペアで付けてほしい・・・
という気持ちがわいてきました。
若いカップルでもいいし、
40代、50代のカップルでもいいですね。
白いシャツにジーパン、
という服装が思い浮かんできました。
白いシャツは腕まくりしたりして・・・
場所はやはり自然の中。
ちょっとできすぎですね。

今日は友人が病院で検査があったため同行(往復1時間半)。
朝7時半に家を出て帰宅が午後4時でした。
麻酔をかけるため運転が不可能でしたから。
こういうことを頼んでくる友達がいる、
というのは嬉しいことだな、と思います。

待合室で約5時間半過ごしたのですが、
なかなか興味深いひと時でした。
メンバーは、

奥さんが検査中のご主人(60代半ば)、
お母さんが検査中の娘さん(40代)、
お母さんが検査中の息子さん(20代)、
息子さんが検査中のお母さん(81歳)、
そして友達が検査中の私(50代半ば)、

出た話の内容は、

昔の南部のしつけについて、
昔の南部の家庭医学、
昔の南部の暮らし、
ミシシッピのフットボール、
ミシシッピのいくつかの小さな街のこと・・・

特に昔の南部のしつけについては面白かったです。
お祖母さんの存在がかなり強い、
という印象を受けました。
体罰も結構あったようです。
それとお父さんの存在も強かったそうです。
南部訛りで語られるこれらのお話は
本当に聞いているうちに惹きこまれて・・・
あっという間の5時間でした。

でもやはりちょっと疲れました。
今日も完璧な秋の陽気に恵まれました。
このお天気は週末いっぱい続くようです。
よいお天気は私にとって何よりの元気薬です。

Eaさんもよい一日を。
2009.11.07 10:31
ea
腕輪がペア、分かる気がします。
もしこれで3つ4つと作るともう量産品の類ですから、
やはりここ止まりが具合が良いですね

この腕輪もお守りと同じような気持ちで作りました。
革にとっても石にとっても、良いものになりました。


Kinuさんはミシシッピにいらして長いのですよね。
待合室の5時間はさぞ楽しい時間だったと思うのですが、
それもその言葉に通じて、その地域に馴染んで、その時間を楽しいものに感じるのですね。
もう会うこともないかもしれない待合室だけの出会いさえ、
笑い声や発見や思い出の飛び交う時間を作るということ。
Kinuさんの毎日は、丁寧に紡がれているのが分かります
ある一日の、ほんの何時間という時間。
それも待合室での時間。
人によっては全く逆に過ごす人もいる中、Kinuさんもそこにいた人達も、
その時間を良いものに変えていたのですね。

生き方は自分の目線で変えられるという言葉がありますが、
Kinuさんの日々をお聞きしていると『本当に沿う』と感じます

今日も良い一日をお過ごしください。


2009.11.07 17:32

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/317-088c009e

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。