スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猫用小銭入れ・及びメモ入れ

.16 2009 未分類 comment(2) trackback(0)




変な名前だが、これにはちょっと流れがある。

顔をしかめる人がいそうだが、それもまあ仕方ない。猫はお使いに行く動物じゃないんだから。
しかめても当然だろう。

私もこの話を聞くまでは、きっとこんな名前のものが出ていたら「なに?」と思ったろう。

もう一つ、言い訳するなら。
これは実用じゃない。私はその話を聞いたというだけのことで作ったものだからだ。





ある猫の話。


この猫は野良猫だった。


メスの野良猫で、よくあるように、ご飯の時だけふらっと来る猫だったという。
猫の名前は忘れてしまった。

この猫はとても性格の良い猫で、ご飯をもらうと少し長居する。
そして、ご飯をくれる家の人に撫でさせたり、首輪をつけさせもした。


ここまで愛着が湧くと、家の人はすっかりこの猫を自分の家の猫、と思い込む。

だけど家族の内、おじいさんやおばあさんは気がついているのだ。
『他所の家でもご飯、もらってるよ。 だって愛想いいからねぇ』と。



その通り、この猫は愛想が良いので、どこへ行っても別の名前で呼ばれ、首輪も何の意味もない。

まあでも、こんなものだ。
思い込みは人の世の常だ。

思い込みと言い切れる理由に、この猫はちゃんと別の名で呼ばれたときも返事をしたのだという。


ここからだ。

この猫、ただの愛想好しではなかった。


ある日、首輪をつけた家の人は猫にいつものように食事を出す。
そこで「?」と気がつくのだ。彼女の首輪に何か挟まっている。

「なぁに、これ?」とお母さんが食事中の猫の首輪から紙を引っ張った。
家族が集まって、紙を見つめた。

手紙だった。


随分と達筆な手紙。便箋が一枚。
丁寧に折りたたまれて、猫の首輪に挟まっていた。

読んでみると、「首輪をつけた人へ」と始まる。この猫の飼い主だという人からだった。
ちょっと居心地が悪い雰囲気の家族。
でも続けて読んでみると、内容はこうだった。


『この猫は○○といいます。 いつも可愛がってくださって有難うございます・・・』

お礼から入った文章は、この実の飼い主が病気であることを知らせていた。
病気の老婦人、猫を満足に世話してやれず、寝たきりで困っていたという。
ある時から猫は出歩くようになり、どこかで食事をもらうようになった様子。
毛並みも艶よくなり、どうやら一人暮らしさながらにひょうひょうと世間を行き渡っている。

しばらくしてから、猫の首に首輪が付いた。

老婦人は首輪を見て、『ああ、この子を可愛がっている人がいる』と嬉しかったという。
それでも猫は、どこかで愛想好く食事をしては必ず毎晩戻って来る。

老婦人の家を自分の家と思って帰ってくる。
老婦人は、お食事代を出せないと申し訳ないからと、そういった手紙だった。
自分で行ければ良いのだけど体が動きませんので、猫に手紙を託しました・・・と結ばれている。


家族は話し合って、これまた猫の首輪に手紙をはさむことにした。

「猫の食事はたいしたことはない金額ですから気にしないで下さい。ご養生ください」

と、返事を書いて。


次の日猫はまた手紙を挟んでやってきた。今度はお札付き。

しっかりした老婦人は、猫を我が子のように育てていて、「いえいえ申し訳ありません」と。
お嫁に行くなら良いのですが、これでは食い逃げですから、ときまりが悪そう。

きちーんと千円札をくくりつけて、猫を送り出したのだ。


こんな感じでやり取りは猫の首輪に挟まりながら続く。

そのうち、容態を聞いたりする手紙も。
老婦人も、家の庭になる果物をお礼に渡したいとか、そんな文章も出てきた。


猫が運ぶのはあくまでメモの延長版。 たった一枚の便箋だ(たまに千円札)。

しかしこのささやかな手紙が人と人の穏やかな温もりの交流となる。



この話、結局どういったことになるかというと、猫の登場のおかげで人命が助かるという話。
人命、ってもちろん御婆さんのこと。老婦人は、具合が悪くなってしまって、助けが呼べない。
そんな老婦人の容態の変化は、いつも来るはずの手紙がないことで気つく。


変だね、といった家族が猫の首輪に手紙を挟むが、やはり返事はない。

もしかしたらまずいんじゃ、と、家族が猫の後を追うのだ。
猫は猫の道。 
苦労しながら、回り道やら、近所の家やらを通過して、ようやく老婦人の家に着く。


着いて時間はすでに夕暮れ。

あったことのない老婦人にどう言ったものかと思いながら、扉を叩く。
引き戸は鍵がかかっているが、猫は裏庭へ。 家族も裏へ回って、開いている窓から老婦人を見ると。

老婦人の息はあるが意識がない。

慌てて救急車を呼んで、そして老婦人は助かるのだ。



助かった老婦人の家は、その後、猫に首輪を付けた家族によって人が訪問する家となる。
ちょこちょこ様子を見にきては、子供たちが花を持ってきたり、学校の話をしたり。
老婦人もミカンや柿を持たせて、交流は続く。



と・・・ いう話を聞いた。



猫の縁、というべきか。

それで、ちょっとこんな小銭入れを作った。






猫の首に下がるくらいだから、小銭入れも小さめ。いや、本当に小さい。

裏側に付いた金具にするっと通しただけの「豚革リボン」。

実に軽いが、猫は嫌かもな。
こんなふうに、いかにも『運んで』といった作りじゃ。




猫のご縁の話でした。





スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんおはようございます。
この猫のお話どこかで読んだ記憶があります。
はて、どこだったでしょう・・・
うちの猫も隣近所を訪れているようです。
全員ではないのですが、何匹か。
コルデサックになっていて車の往来が少ないのと、
車がきてもすぐ隠れるところがあるので
彼らにとっては安全な環境だと思います。

我が家の庭にも隣の猫がやってきます。
そして面白いのですが、
他所宅にお邪魔する猫は遠慮をするように思います。
多分我が家の庭にはたくさんの我が家の猫たちの
マーキングがされていますから、
かなり圧倒されるかもしれません。

上のお話、とてもいいお話ですね。
そしてこのバッグ、
実際こうして使われたら嬉しいですね。
とても上等なメッセンジャーバッグです。
リボンとボタンの統一が実におしゃれです。

今日はお昼頃雨が降ってそれから
だんだんと気温が下降し続けています。
明日はかなりの寒さになるようです。

明日サルベーション・アーミーという
ボランテイア協会にて炊き出しがあり、
今日の午後70人分のスープの準備をしました。
ひき肉と豆がたくさんはいった
トマト味のスープです。
ひき肉5キロ(実は知らなかったのですが
鹿の肉だそうです・・・)。
当地はハンテイングが盛んで
昔は食用として狩をして得た獲物が
食卓にあがっていたようです。
その習慣がまだ結構残っているようです。

ハンテイングの規則はかなり厳しく守られており、
一人何頭まで、猟の期間も限定されています。
また猟の対象となる鹿の性別や
年齢なども決められているようです。

いずれにしてもどうしても私は
複雑な思いがしてしまいます。
森で鹿をみて、美しい彼らの姿をみて
どうして発砲できるのだろうか・・・と。
2009.11.17 10:19
ea
そうでしたね!
メッセンジャーバッグと言うんですね、こういうの

Kinuさんの言葉で多々救われております。
この話に登場する猫の首輪。そこにバッグを付けると大変?とか思いました。
でも、いっぺん浮かんでくると作りたくて、それで作ってしまいました。
Kinuさんに言われて初めて「あ、そういう用途だ」と(笑)
これをつけても嫌がらないで全然平気な猫なら、
ちょっと付けた姿を見せてもらいたいものです。
同じような色ですが、実はボタンは分厚くて頑丈な牛の革です。
光の加減で似た感じに写っています。
このボタンに使った革、何を作ろうか考えてあぐねている凄い印象の革です。

脱線しました・・・

この話は日本の話しなんです。
何年か前に聞いた話ですが、猫は確か隣町から来ていたと。
あら・・・って。随分いろんな所で食事をはしごしていて
でもおばあさんが好きなんですね、ちゃんと夜は戻るんです。

きっとKinuさんの家の猫達も、Kinuさんの家が好きだしKinuさんが好きだし、
他所でご飯を食べても眠る頃には帰ってくるんですね
皆、猫ってどこでもそういう雰囲気なのかもしれないですね。
大事なものは大事、普段は普段、って使い分けている感じです


あのう、Kinuさん。
鹿の肉の話、ちょっと違った方向からですが、
さっきブログに『ハンティング』のことを書いていたんです。
でも、御地での狩りは定められていることがしっかりしているんですね。
そういうルールがきちんとあるだけでも随分違うのに、と思います。
日本では狩猟期間はありますが、撃って良い対象の別まではないよう。
それはとても、人の意識に重大な欠陥を与える要素になる気がします。

鹿は美しいです。
今、鹿を食べなくても生きているけど、
鹿を食べないと生きていけない時はあったのですね。
Kinuさんの言いたいこと、お察しします。
狩猟の過去があっても、今は鹿を捕る食料不足ではありませんものね。

2009.11.17 13:58

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/325-7ed4ef6a

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。