スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

宝探し

.20 2009 他素材の部屋 Other material comment(3) trackback(0)




この前、職人さんが工房から革を発送する際に、一緒に入れてくれたものがあった。
彼は宝探しと旅がエネルギー源、と言っている人。

一緒に入れてくれたものは、彼の探して集めた宝物だった。





それは何とも魅力的で心躍る宝だった。

小さなビニールのパック3枚に、3種類の宝が入っていた。
一つは、珊瑚の化石。
一つは、柘榴石。
そして最後の一つは、今日ここに出したトパーズ。

どれも美しくて、どれも未だそこに命が見える。


私はこの宝を全部、大切にしまおうと思った。


でも・・・ 一つだけ。 何か一つ、身に着けられるように出来たら、と思った。

折角の宝。
職人さんが自分の足で歩いて採取してきた宝だ。
見たいときだけ箱を開けるのも大切にしていることにはなるけど、身に着ける形になったらそれも大切にしていることになる。

ずっと肌身離さず着けるなら。



3種類の宝物の中で、トパーズだけが4つ入っていた。
珊瑚と柘榴石は2個と3個。 だから、トパーズを一つ使わせてもらうことにした。




職人さんは言っていた。

小さい頃は地質学者になりたかった、と。
それが今ではこんなことになっちゃいました、と(笑)。 良かった、学者じゃなくて。

じゃなきゃ、会えなかったかもしれない。



私も考古学者になりたかった。

過去を探す人になるのは私の運命が突き放したけど、私もそれで良かったんだろう。




私が送った宝物を喜んでくれた職人さんは、『私の宝物もあげる』と言って送ってくれた。
彼はすごい話もしてくれた。

トパーズの山があるという。 その岩山のどこででもトパーズが取れるんだ、って。
谷間の水が流れた後の砂をさがすと柘榴石が、地中をスコップで掘り出していくと珊瑚が出てくると教えてくれた。

聞いているうちに自然に顔が笑ってくる。
宝探しに出かけた探検者の土産話を聞く子供の気分だ。





私も絶対、近いうちに行こうと思う。

宝探しに行くんだ。
宝は、行って戻ってくるまでに手にしているものだ。


それが、人の言うところの『たいしたものじゃない』物だとしても。
宝物は手に握られた時から、いや、目に映ったときから、宝物だ。





宝は今も眠りながら遠くで待ってる。









スポンサーサイト

comment

Kinu
いただいた宝石にふさわしいデザインが生まれました。
秘宝とよびたいイメージを感じます。
古代の秘宝、インデイアナ・ジョーンズが
探し出さねばならない秘宝。
そんなイメージを感じています。

宝石、ジュエリーに実は殆ど、
いやまったくといっていいくらい関心がありません。
でもこの写真の宝石のように
原石だったら興味を感じるかもしれません。
原石を棚に飾ったり、大きかったら
ペーパーウェイトとして身近に置いておきたいです。

私は宝石を一つ母から譲り受けました。
ジルコンという石だと思います。
母には姉と妹がいて母の両親から
3姉妹があるとき指輪を与えられたとのこと。
母の姉はダイアモンド、妹はルビーを選びました。
二人ともその宝石の価値を知っていたのだと思います。
母は一番きれいな色の石を選んだそうです。
うすいブルーなのですが、とてもきれいです。
母が宝石の価値ではなく、
単にきれいだと選んだ石と聞いて嬉しくなりました。

そうでしたか、お二人とも学者を夢見ていらしたのですね。
地質学者、そして考古学者・・・
夢がありますよね、二つの分野とも。
当地の近くにアメリカンインデイアンの
昔住んでいた住居跡があり、
毎年ボランテイアの人たちが発掘作業をしています。
手作りの狩猟、台所用具などはそこの博物館に
展示されています。
その場所はちょっと奥まった木々の多い静かな場所で、
一日中いても楽しめる場所です。

いつものように話がいろいろ飛んでしまいました。

昨日スーパーでイタリアの栗を見つけました。
栗好きな私は興奮して2パック買いました。
(パックは小さいのです・・・)
小ぶりのかわいい栗です。
食べ方は栗にXのマークを専用のナイフで切り込み、
オーブンでローストします。
ちょうど焼き栗のような感じです。
甘くて栗の味が凝縮してとても美味しいのです。
2009.11.21 11:13
Kinu
そうでした。
このインデイアンのマウンドにも
彼らの装身具なども掘り出されたようです。

宝探し、
なんだか夢のある言葉の響きを感じます。
2009.11.21 11:16
ea
私は宝物が大好きなんです。

子供の頃から 海賊の宝みたいなものとか、探していました。
でも、宝石という宝石に興味がないのは一緒です。
指輪とかそういうアクセサリーになった宝石にはどうも・・・
Kinuさんと一緒で、原石なら好きなのですが。
海賊の宝って、宝石が散りばめてある物が多いイメージですが、
そういうのは私は売っぱらってしまうでしょう(笑)
欲しいのは宝石の石のみです。
金属も大して興味がありません。金とか銀とか。
金+ダイヤモンドの組み合わせ、どうも巷では値の張るものですが
これもまた私には。猫に小判ですね
値打ちが今一理解できない。

宝を見つけるのが好きなんです。
探して探して、もうないんじゃないかと思って、
それでも諦めないで本気で探し続けるのが好き。
きっと、職人さんもそうだと思います。
彼は、ユタ州で採取したと言っていました。
一人旅で二度に分けて訪れた場所だそうです。
彼もまた、探すたび時の出発点から胸が躍っていたに違いないです


Kinuさんのお母さんが選んだジルコン。
その理由を聞くと、私も嬉しい気持ちになりました。
そういう人がいてほしい、と思っているからです。
綺麗だからそれを選んだ、というその理由がとても好きです。
良い話ですね

Kinuさんの焼き栗も宝物です。
だって、その時しか会えないですからね!
とっても尊い、地球からの贈り物ですね
私も焼いた栗は大好きです。はぜるから焚き火で焼いた時は怖かったですが
ちょっとでも切れ目を入れて焼けばよかったけど、
子供の時は頭が回らなかったです~



インディアンのマウンド。
私がそこに行っていいなら、ずーっと見ています。
でも持ち帰ってはいけないだろうから、見ただけ心が切なくなりそう
でも、う~ん。装身具や生活の名残を是非見てみたいですね!
記憶に留めるのみになっても、それも素敵ですものね!
Kinuさん、本当に素敵な場所に住んでいらっしゃいます・・・

2009.11.21 20:00

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/331-a362a571

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。