スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニチュア トートバッグ / メディスンバッグ

.24 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



これは薄い革が届いたから出来るんだ。 ありがたいな~



クラフトブログの中でご挨拶をした人がいて、その人はものすごいミニチュアを作る。
初めて見た時は、言葉が出てこなかった。

その人の作品を見ていると、今までに小さめで作った私のものなんてビッグサイズだ。
恥ずかしくなる。

しかし、とにかく驚いた。ミニチュアの世界って恐ろしい。とんでもなく腕が立つんだもの。



だから。


それ以降、ミニチュアという名前を自分の作品に使う気が引いてしまって、こうして出すのも何だか気恥ずかしい・・・
でも一応出しちゃうけど・・・




とりあえず5円玉と並べて大きさを知ってもらうようにした。

5円玉、って大きさが微妙かもしれないが、『ご縁』繋がりの心を籠めて。
本当は1円玉とかの方が良いのかも知れない。








5円玉と並べたのはいいけれど、このメディスンバッグは5円玉入りません・・・
無理に入れると多分切れます。

この際、アサガオの種とかなら良い気もします。(それも数粒ですが)




メディスンバッグに出来るような薄い鹿の革が、本当に「ひらっ」と入っていたのを見つけてラッキー。
薄さでいったら、多分0・5mmくらいかも。 いや、本当にありがたい。

3cm幅の17~8cm縦の革、長方形の半端なリボンのようにその1枚だけ。



こういう貴重な出会いも在るのです








これはトート・バッグ。 この革も薄かった。↑ほどの薄さではないけど、今回の端革は薄手の革が増えていて。

職人さんが私のブログを見たのかもしれない。。。(それはそれでちょっと申し訳ない)


このバッグは横のクロス縫いが、ささやかな模様になってくれた。
この写真では見づらいけど、一番上の写真のほうでは見れるかな?

トート・バッグはミニチュアで作っても他のバッグよりは大きくできるのかも。

そういう意味では若干作りやすい種類だと思った。






凝ろうとすればどこまでも凝れるものだろう。


それは作り手の醍醐味なのかもしれない。 私はそういう気持ちが疎い性分で、あまり凝る方向に興味がない。

でもやっぱり、手を尽くして丹精に精巧に作られた作品を見ると、感動するんだけれど。

自分とは違うんだ~、としか思えないのは、私に向上心がないということか・・・




だけど私の使っている革は本当に皆、良い色をしていたり、良い質感だったり、表情が豊かだから、
これを出来るだけ表に出して使いたいんだよなぁ。


私があれこれ手を出すのが勿体ないんだ。
ろくな腕もないことだし・・・ 


革だけで充分印象強いと、私は毎日感じる。









スポンサーサイト

comment

Kinu
もし五円玉が傍になかったら
このバッグたちの大きさは全く分からないと思います。
一番下の二つのバッグの写真だけを見たら
普通に使うバッグだと思います。
サイズの縮小の比率の正確さと
ていねいさ、デザイン、
いろいろな要因が関係しているのでしょうね、きっと。

トートバッグ、色合い、デザイン、
気に入りました。
メデイスン・バッグの赤いビーズが
とてもいきています。
フリンジもいいです。

明後日サンクスギヴィングの日ですが、
私はクリスマスよりサンクスギヴィングが好きです。
誰かに、何かに、いろいろなものに感謝する日。
知らず知らず誰かから、何かから、
恩恵を得ているのだな、と思います。

明日はスーパーは相当な混み合いとなります。
サンクスギヴィングの食卓は
日本のおせち料理のようなイメージがあり、
それぞれの家族が代々作ってきた料理が並びます。
主婦は明日から明後日の朝まで
台所で料理人として働きます。
でも楽しい時間です。
2009.11.25 10:14
ea
とってもうっかりしていました
サンクスギヴィングの日って、『何日』ではなかったですね~
私確かこの前、23日をなぜかその日と思い込んでいたのを思い出しました
第4木曜日とか、そういう感じでしたね・・・?(もう記憶が怪しい

こんないい加減な記憶の私ですみません。
以後気をつけます。
大切な習慣のある日だというのに・・・

お料理頑張ってくださいね、沢山こなすのでしょうか・・・
Kinuさんは料理が上手だから、きっと楽しまれるのでしょうね
そういう日の存在というのは大切ですね。


私の作るものを常に褒めてくださるKinuさん。
私、これからも同じことを書くと思いますが、とても励みになるのです。
励みって、深いですね。
心が丸ごと浮かぶような感覚です。
急上昇ではないですが、気がつくとふわっと浮いて、下から離れているという
気持ちが軽くなって進む足に力まないで良いのです。

Kinuさんに声をかけてもらえると、ついネガティブで書いた記事も、少し反省したりします。
「ああ、頑張って作ったんだから変に書かなければよかった」と。

いつも支えて頂いていることを心より感謝しています。
そして、感謝を持って、今日も何かを作ります。




2009.11.25 10:59

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/336-b2dcb9ba

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。