スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

?革のポシェット

.06 2009 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



~・・・ この胴体の革が、何の革だか分からない。。。



薄手の革で、使い勝手の良いありがた~い革。


薄いとか厚いとかというだけで質が変わるものでもないので、本当ならこの革がなんだか分かって良いはずなのに。



残念ながら私には分からないまま。

削除法で、牛じゃないと思う・鹿じゃないと思う・馬でもない・豚とも違う気がする・・・と来たのだけど。




私に馴染みのない革があるとすると、山羊や羊の革なのだ。

もしかしたらそっちの革なのかもしれないけど、殆どそうした革を触ることがなくてピンとこない。


一体何の革なんだろう?





でも、薄くても強いし、軽いけど危な気でもないからポシェットにした。

肩紐は鹿。 肩紐を編んでいる時にはやっぱり鹿の革とも違うな~と本体を見ていた。










開けたところ。


この革は殆ど切らないで使えた。
端革として送られた革の形のまま、ほんの数mm、下方を切って合わせたとかそんな程度。

カブセ部分もそのまま繋がっていたし、胴体部分の革も変な形だったけど、折り曲げて繋いだら特に問題なかった。


こうしてできるときが一番気持ち良い。

切らないで使えるということに越したことはない。




ボタンにする鹿の角と、ボタンにかける紐を通す穴を開けて、肩紐のくぐる穴も開けたら8割終わったようなものだ。

そしてボタンを付けて、紐を通して、編んだ肩紐をくぐらせて、紐が抜けないようにビーズをくっ付ければ完成である。




出来上がったポシェットを見て思う。


何の革か分からないなんて申し訳ないなぁ、と。
こうしてちゃんと物を運ぶことが出来る形に成ってくれたというのに、私は革になった動物にお礼もいえないのだ。


誰だかわからないけれど、どうもありがとうね。













スポンサーサイト

comment

Kinu
先に送ったコメントに書くのを忘れたことが・・・
「うどん」、じつに美味しそうです。
できたら詳しく作り方教えてください。
昨日久しぶりに日本食品を少し買いました。
冷凍のうどんを買ってきたのです。
それとおでんだねのセット。
それとおあげも。
是非つくってみたいと思います。

ポシェット、一番したの写真が
クローズアップでしたので
皮の質感がなんとなくわかるような気がします。
ボタンとそれをとめる紐の仕組みが
いいなあ、と思いました。
こんな仕組みがあるんだ、と。
とてもいいポシェットができました。

昨日は友達と車で1時間くらいの街へ
クリスマスのクラフトショーが目的で、
加えて日本食料品と魚の餌を買いに
でかけてきました。
クラフトショーはとても質の高いもので、
木、金属、石の工芸、アクセサリー、
オブジェ、焼き物、織物、ガラスなど
様々な作品が展示即売されていました。
毎年この時期にあるのです。

私は鑑賞が目的でしたが、
レモンの木でつくられたペパーミル、
木の小さな箱を買ってしまいました。
それとずっと興味があったのですが、
きっかけがなく心に残ったままのあることが・・
ウールでつくるフェルトの小物。
フェルトの可愛いボールが作りたくて
仕方がなかったのです。
フェルトの作品を展示したブースがあって、
ちょうどそこで作者が実演をしていたのです。
なんというタイミング!と狂喜しました。

それでつくりました。
フェルトのボール。
とっても面白い工程なのです。
これは私にうってつけだと思いました。

昨日は雪の朝で目覚め、
ずっと思っていたことにめぐりあい、
日本食料品を久しぶりに求め、
とても充実したよい一日でした。

Eaさんもこのところ
ちょっと少しダウン気味だと
心配していたのですが、
たくさんの鳥にであったり、
きれいな海をみたり、
とてもすてきなポシェットができたり、
元気になった様子、安心いたしました。

今日もお天気マーク、
よい一日になりますように。
2009.12.07 12:03
ea
なんて不思議な取り合わせ

まずポシェットなんですが、あのカブセのとめ方はKinuさんのほうが身近かもしれませんよ?
あれは、それこそネイティブ・アメリカンのバッグの留めかたに見たものです。
だから・・・ 御地のほうが遭遇する率は高いです、きっと。
本場ですもの
私は知らないのです、本物を。
そして、手に取ってみたことさえありません。
こんな私が作っているのだから、若干気恥ずかしい~

クラフトショー、良いですね!
素敵なめぐり合わせでKinuさんのやってみたかったウールのボールが。
この日に行かなかったら実演にも擦れ違ってしまったかも。
そう思うと、道は導かれていくものですね!
もしかしてそのボールは、ウールをニードルで突いていくものでしょうか?
ウールは温かみの在る素材で見るからに可愛いですね
Kinuさんが何かを作られたら、是非見せて頂きたいです

日本の食材を買っていらしたとあって、お揚げとかおでんダネ(!)、ウドン。
おでんダネもあるんですね!それは嬉しいですね

そうでした、写真のウドンの作り方ですか?
お伝えするほどのものではないのです~

挽肉を、甘みを控えた醤油味に炒ったそぼろに作ります。
お出汁は鰹です。挽肉の醤油が味わいに含まれるので、
ウドンつゆはお吸い物のような色に仕上げます。
お醤油が大匙1くらいで、後はしっかり取った鰹だしと塩で調味します。

油揚げを湯をかけて油抜きをして、短冊に切って、
ネギは薄い輪切りで好きな量を用意します。
熱いウドンつゆにウドンを入れて、ウドンに火が通ったら、おわんにウドンを先に入れて、
その上にお揚げとそぼろ・ネギ・生卵を乗せてから、
熱いウドンつゆをかけるのです。

普通ですね・・・
簡単なことしかしてないのです~
七味があると、さらに日本らしいです。
きっとKinuさんの台所にはありますね


Kinuさんには心配かけてばかりで申し訳ないです。
元気にしていられるように、心を強く持って前向きに頑張ります。

2009.12.07 16:12

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/347-645ea3af

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。