スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

取り残された場所

.12 2009 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(0)



パン屋さんに行って、パンを買うことがある。
そのパンはカレーパンで、とても美味しい。

そしてもう一つ目的があって、買ったときにいつも貰って来るものも大切。

それはパンの耳。

ただでもらえる。 パンの耳は食べてしまうことが多いけど、たまにおすそ分けをしに行く時も。
おすそ分けの相手は、カモやカメや鯉だ。





水鳥のいる池は他にもあるのだけど、なにぶんパンをちぎってあげるには難しいところばかり。

あげるということは、カモやなんかは皆『水』の向こうにいるので、ちぎって投げるわけだ。
そうすると、大体のところではカモなんかに食べてもらえる手前で、トビがさらっていく。


トビ・・・

私は猛禽類がとっても好きで、トビも勿論好きなのだ。
でも、神奈川県では鳩とトビ・カラスは保護してはいけない害鳥に指定されていて、餌なんてもってのほか。

例え私一人が、『餌なんて呼ばないで下さい!餌じゃありませんよ、交流です!』と言ったところで無理。
だからトビが上空から、水辺に投げられるパンを発見してキャッチするとそれはいけないことになってしまう。

本当はトビに食事を分けるのは一番好きなんだけど。


トビはすごくて、私の情けない飛距離でも出来るだけすれすれに滑空してキャッチしてくれるのだ。

うっかりトビにあげることになった時が何度かあって感動した。
その時はパンじゃなくて乾し肉だったけど。




まあでも仕方ない。
トビだって腹は減っているだろうが、トビのいない水辺に出向いて、尚且つ水鳥を探す。




そして探し出したのがこの池。















カモがいる。


カモにパンをあげてもトビは滑空してこない。
近くにトビの声は響くのだけど、どういうわけかこの池にはこないらしい。


それで安心して、おすそ分けの開始だ。

ここの池のカモは何となく神経質で、パンを投げてもなかなか食べようとしない。
で、カモが躊躇っているうちに、鯉が、カメが、水中からひょこっと食べてしまう。

それを見たカモがようやく、ちょっと急いで泳いできてパンの後半をせっせと食べ始める。











ここの池はあんまり好きな場所じゃない。

理由があって、人工的なのが見え見えだからなのだ。
実はここの池の手前には住宅地があって、その住宅地はマンション群やら分譲戸建の密集地。

非常に落ち着かない区域なのだ。

そこに取り残されたかのようにあるこの池。
ど真ん前は家だらけ、隣家との隙間が1mもない密接した立ち並び方。

この池自体は作られたものだろうが、この池を囲む小さな山並みは以前からあったもののよう。
お不動さんの鳥居や階段が細く山に伸びているのだ。

きっとお不動さんがここの場所を守っているんだろう。








私は水面ばかりを撮ってきたのだけど、水辺は写真に撮りたくなかったのだ。

敷き詰めた小石にコンクリートを流し固めた水辺だから。




ここに載せられなくて残念だけど、本当はカワセミの写真を撮っている。
あまりに美しいその小柄な宝石、だけど写真のサイズ調整が上手くいかなくてここに載せられなかった。

すっごく残念! 本当に綺麗だから。

人口の水辺とは言えども、命が巡り始めたらそこは既に自然の力が及んでいる。
だから、カワセミがやってくるような場所にもなったのだろう。










水辺に浮かぶのは紅葉で落ちた黄色や朱色の葉の舟。

午後3時を過ぎると12月の太陽は山の向こうに行くので、池は吐く息が白くなる寒さと暗がりに。

私はそこでしばらく水面にたゆたう落ち葉の舟を見ていた。

真向かいの岸で、姿の見えない誰かが木の枝を揺らしていた。

ふと横を見ると、2匹の可愛いリスが葉の落ちた枝にぶら下がっていた。
見ていてはらはらするけど、2匹は大きな尻尾をくるっと細枝に巻いて体を四方八方に操る。
大した身体能力だ。 ドングリか何かの賭けでもしてるんだろう。
一番先まで行ったほうが多く食べれる、とか何とか。





狭い水辺だけど、カモが住み着いていて、カメがたまに浮上して、鯉が泡を作る池。


青い背中に橙色の腹を持ったきらめくカワセミが飛び、樫の木色のリスが遊ぶ池。

割れた樹皮に近づいてみればアリが木を上り下りして冬に備える。

赤く変わった葉っぱの先に、まだ遠い春を静かに夢見る蕾がいる細枝。



人間の進出に押しつぶされそうな開拓地にあって、こうして残った自然の変わらぬ営みに深く感謝をする。









スポンサーサイト

comment

Kinu
今日は一日どんより曇った
雨交じりの一日でした。
でも気温はいささか緩めです。

写真を拝見する限り、
なんだかとてもいい池だな、と思います。
多分Eaさんがアングルを考えてくださったから。
確かにお不動様が守ってくださっているのかもしれません。
野鳥、亀、リス、魚・・・
しっかり守っていただきたいものです。

偶然ですが夕方私も庭でリスの行動を見ていました。
枝から枝へうつって葉を口にくわえて
また枝から枝へもどって巣に。
多分巣の修理をしていたのだと思います。
巣の近くにも葉があるのですが、
何故か彼?は自分の決めた葉っぱでなければ
だめな様子で
何度も同じ場所を往復していました。

木々の葉が落ちてリスの巣がよく見えます。
どうしてもっとしっかりした枝を選ばないのか・・
と思わせる巣がいくつもありました。
高い華奢な枝先に巣を作っているのですが、
風が吹けば大きく揺れるでしょうし、
もっと低い位置でしっかりした枝をえらべば・・と。
彼らには彼らの考えがあるのかもしれません。
聞いてもたいものです。

カレーパン、例のカレーパンですね。
車中で前に撮った写真を覚えています。
カレーパンは美味しいですね。
もし日本の菓子パンを二つもらえるとしたら、
(一つではあまりにも悲しい・・・)
カレーパンとウグイスパンにすると思います。
あんぱんでなく、ウグイスパンです。
あのなんともいえない風味が懐かしいです。
カレーパンとウグイスパンは
あまりはずれがないような気がするのです。
メロンパンやチョコレートパンは
作り手によってかなり味が変わるような気がします。
カレーパンは多少個性があっても
それなりに美味しいですし、
ウグイスパンは誰がつくっても
味が変わらないような気がします。
(なんだか興奮してしまいました)

我が家の庭の野鳥たちは賑やかなので
猛禽がよくやってきます。
そうしますとピタッと一瞬のうちに静かになります。
猛禽とて生きていかなければ生らないわけで・・・
難しいですね。

おっしゃるように、まだ冬も始まったばかりですが、
庭の草木に花芽がちゃんとみえます。
つつじの先を指でさわると
ツンとしたかたい蕾が感じられます。
自然界の動きをこんなふうに身体で感じると
とても感動しますね。

御地は晴れのち曇りでしょうか、
よい日になりますように。
2009.12.13 11:31
ea
そのまま残っていてほしいものはありますね。
こうした自然は特に強く感じます。

リスを見る機会が減っている気がしないのです。
それはきっと、自然が増えたのではなくて、リスが降りてきているのですね。
民家に、電線に、物干し竿に、リスが走る姿を見ると驚きます。
でもKinuさんのお宅のように高い樹木が生い茂るような美しい自然の場所なら、
自宅の近くにあるリスの巣を見るのも笑顔で見ることが出来ますね

私の見てきたこの池では、周囲が本当に・・・
もう息苦しくなるくらい密集した家の地域で。
きっとリスも来ると思うのですが、それは冬場に食べ物を求めてだと思うのです。
ここらの冬は寒くなり過ぎないので、リスも眠らないから

トビが害鳥に指定されているのも、沿岸地域や連山を狭めて道路を作ったからです。
今までに住んでいるところが突然無くなれば、早々簡単に引っ越せもしないでしょう。
だから『うみかぜ公園』とつけられたなの場所は、
トビが恐ろしくなるほど居ます。
近くの造船所や、大型のスーパーに住み着いて、
そこから公園の芝生でバーベキューする食べ物を取りにくるのです。
何だか心が辛くなる光景です。
その為にトビが害鳥になるなんて随分だなぁと思うのです

触らないで残せる自然は極力触らないまま、今壊された上にある町を使って、
人間の住む場所を工夫していけることを考えます。


Kinuさん、
話は違いますが、ウグイスパン。
そういえば、あるところとないところが。
ウグイスパンはどこにでもあった気がしますが、
最近のパン屋さんでは趣向を凝らして集客をしているので、
昔によくあったようなパンは場所によって置かれなくなっているのかもしれないです。
それも寂しいですね。
この前のカレーパンの話し、コメント下さったときに『甘食』がありましたが。
甘食も気が付けば、最近パン屋さんでは見かけないのです。
私の行く範囲が狭いからというのもあるのですが、
出来れば「私が井の中の蛙だから、」というパン屋さん状況であって欲しいです。

ウグイスパン、カレーパンも。
この二つだけを並べると懐かしい名前ですね
遠く離れたKinuさんには、きっともっと郷愁漂う響きですね。
出来ることなら送って差し上げたいです。

2009.12.13 18:09

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/353-c9406f96

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。