スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止 ~雷の子

.14 2009 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(0)



見えるかな~。 

暗い中、薄くて見えにくいのだけど、手に持っているもの。


手に持っているのは電球。

その電球の中に、小さな紫色の電気が横に走っている。(中央部分・親指に向かって) 




もっと明るい光で電気が写ればいいのだけど、ここまで。

部屋をこれ以上暗くすると、今度はカメラがちゃんと写せなくなってしまう。



圧電素子からつながった導線を電球の金属部に付けて見ることが出来る。

これはとても単純な実験だけど、いざこの『雷の子』を見るとちょっと嬉しいものだ。


白熱電球は、中が気体の密度が薄くなっていて、空気中より電気の流れる『雷』が見やすい状態。
フィラメントが燃えるのを防ぐために入っているガスが電子に反応して紫色の光になって見えるのだ。


雷自体、気流の動きでこすれあった氷や水の粒に発生した静電気が流れて起こる。

空気が電流を流しにくいものであっても、数百万ボルト以上の電圧で流れるようになる。




私が実験しているこの『雷の子』は、ほんの一瞬。
感電しても触った箇所だけが「ぴりっ」とする程度。


かわいいものだ。




スポンサーサイト

comment

Kinu
前に小さな火の珠がEaさんの手の中で
ふわふわと浮かんだことがありました。
この電気、導線につながなくても
なんだかEaさんだったら
電球だけでこの現象が生まれそうな気がします。

もう存在しませんが、
アメリカにいろいろな現象を起こす機器や、
珍しい電動機器を扱うお店がありましたが、
紫色のような深い青い球の中に放電現象があり、
手をつけると底に向かって電気が通ります。
魔法使いのおばあさんや
占いのおばあさん(何故かおばあさん)が
使うような球です。

とても興味があったのですが、買いませんでした・・

でもさわったとき、ビビっときなかったように
思います。
Eaさんのはちょっとショックを
感じるのですね。

画像のような透明のクラシックな電球で、
フィラメントに電気が見えるのは
灯りもあたたかなイメージがあっていいですね。
本当に電気がついている(当たり前ですが)
という感覚が新鮮です。

クラシックなガラスのランプシェードがあったら
尚すてきだと思ったりしました。

雷の子、ちゃんと見えます。
2009.12.15 06:00
ea
>紫色のような深い青い球の中に放電現象があり、
手をつけると底に向かって電気が通ります。

Kinuさん、これは日本でもあります。
プラズマボールとか、確かそういった名前でした。
私もあれを初めてみた時に興味津々でした

あれはこの電球と同じような感じです。
だけど、中に入れる気体や電気を出すところがちょっと違ったような・・・
はっきり覚えていないのですが、球体の囲いの外に人の手が触れると集まるのです。
人の手が電気を帯びているからなんですね。

そうでした、私の電球バージョンもガラス面は安全です。
うっかり金属部分に指がかかったとき、感電しました。
白熱電球の使用電力は蛍光灯の4~5倍と聞きます。
この電球は、私の雷観察道具として使うことにします

あの火の玉でちょっと反省したんです。
どなたがやっても、問題ないことをちゃんと載せようって
やっぱり普通にきちんとしたほうが、人生良いです。
圧電素子と導線、白熱電球。これで雷の子はいつでも会えます

今日はパソコンが使えなかったので、一日読書でした。
それと実験の繰り返し(笑)
革から離れた一日でしたが、思いがけず良い1日になりました。
実験では静電気で遊んで、読書はもっぱら料理と科学です
料理の本と化学の本は通じるものがあって、面白かったです。
今度お話しますね

Kinuさん、良い一日をお過ごしください。
2009.12.16 00:11

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/356-62cfa702

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。