スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

箱舟

.14 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)




私が覚えているのは、ノアが天使に箱舟を作るように言われたこと。
そしてその巨大な箱舟製作の折に、周囲の人にもお告げを伝えたけれど嘲笑にあって取り合われなかったこと。
箱舟を作り終えて家族と一対ずつの動物達を乗せ終わると、雨が降り始めて・・・

その豪雨が洪水を起こし、世界を水が覆った何ヶ月。

雨がやんでも世界に陸地は見えなくて、水が引くまで箱舟はアララット山に乗っていた。
しばらくしてノアが鳩を放ったら、鳩はオリーブの枝を加えて戻ってきた。
その後再び鳩を放すともう戻ってこなかった。
鳩が陸地を見つけたことを知り、箱舟の話は無事に終わるのだ。


お告げを聞いた時のノアは500歳。
箱舟を作り終えたのは600歳。100年かかって、天使に言われたとおりの舟を作り上げた。
とっても頑張ったと思う。



私が作っていたこの小箱舟はほんの数時間。
100年かけて人力だけで巨大な箱舟を作り上げたノアは、ひたすら神様の言葉を忠実に守ったのだろう。
比べるものではないけれど、こんな私も神様は信じている。

箱舟の話を思い出しながら、雨の想像もつかないほど真っ青に晴れ上がった空を見ていた。

世界を飲みつくした大雨に現された神様の声なき怒り。
思い出せば思い出すほど、小さい頃に聞いた時の怖さが甦る。








日も暮れようとする頃。

この箱舟の形が出来て、ここから先にもう少し手を加えようかどうしようか考えていた。
でも。
やめておいた。物足りないくらい質素だけど、このままでいいと思うことにした。

救いの舟、そうと思えるのはそこに乗っていた限られた命だけだ。
乗っていた命だって、気が気でなかっただろう。
舟に乗っている以上、救われているのだとわかっていても。

笑い声の一つも上がる時がなかったくらいの怖ろしい出来事だ。


後の世にのん気に『作ってみたよ』程度で扱うのも気が引ける。
だから、このままで。











洪水が起こったのは、他ならぬ人間の堕落と愚かさゆえだった。

あの後(大洪水)、神様がもうこういうことはしないでおこう、と決めたという話がある。
これは聖書ではなくて、聖書からこぼれた別話としての記録だったか・・・忘れたけど。
確かそんな文章がある。


箱舟の意味は、助かりました、という話ではなくて、そこまで酷くて醜い世の中を洗い流した、という意味だ。
今生きていることにいろいろと重ねて思うことがある。

スポンサーサイト

comment

Kinu
ノアの箱舟のお話は私もとても好きですし、
とても興味を感じてきました。
そして今日のEaさんの最後の部分、
私も深く共感します。

ノアの箱舟にノアの家族と人間以外の
全ての動物たちをのせたということを思うとき
人間の欲望、嫉妬など悪の部分を一掃したい
神の思いを感じます。

自分が巻き込まれるかもしれない自然災害。
ハイチの地震、ハリケーンカトリーナの
ニューオリンズの惨事、津波の惨事を
ニュースで見るたびに自然災害が何故起きるか、
ということを思います。
もちろん自然現象のメカニズムがあるのでしょうが、
どうしてもそれ以上の何かを感じてしまいます。

そしてそのたびに、正しく善く生きなくてはいけないな、
と思ってしまいます。
多分この思いはこれからも持ち続けると思います。

Eaさんのノアの箱舟、
私がイメージするノアの箱舟そのままです。
シンプルにして頑丈。

とてもいい作品ができましたね。
2010.01.14 23:46
ea
自然災害も他、多くの事象にも、一種運命的な力を思うときがあります。
そんなはずない事もあるのでしょうが、そこは多分私が宗教的な部分なんです。
全部を全部、運命とか神様の発端にするのは違うのですが、
あまりにも規模が大きいとそう思ってしまうのです。

何でもかんでも信じて良いものでもない人の世。
その中で一体どれが真実で、何が信じる矛先なのか。
それを知るのは自分の内に在る、自分よりも万障に敏感な部分かと思います。
Kinuさんの言葉、『正しく善く』という言葉。
人間である以上は常に心に留めておく重みのある言葉だと、
歴史を振り返ると、そして現在も見渡してみれば感じさせられます。

ノアはどのくらい、自分の声の儚さを痛感したことでしょう。
神様からじかにお告げが来たというのに、誰一人真に受けなかった。
その言葉を伝えたノアさえも、変人扱いし、愚かな奴と罵ったのです。
明日明後日きますよ、という話ではない100年間。
その間にノアが聞いた嘲りは数え切れなかったでしょう。

でも、正しく光の差すほうを見据え続けたノアには怖れを免れて生かされる道が。
その時、ノアを嘲った多くの人々は一体何を思ったのでしょう。

その嘲る顔を現在のいたるところで見受ける時、、
時代を問わず人間という素が変化をしていないことと、
個人個人の『善くあろう』とする心の道標の在る無しに託されている『自由』を
深く感じずに入られません。

小箱舟を褒めてくださってありがとうございます。
この箱舟に乗った動物達も作れたら、と考えています
2010.01.15 10:53

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/379-232a48a5

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。