スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

原石のネックレス

.17 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(0)



最近はネックレス続きだ。
よく作っている気がする。



今日はあまりやらないことをした。 革が目立たないネックレスを作った。

こういうことはあまりしない。
革が隠し味程度になるのは好きじゃないからしないのだ。

でもまぁ、こんな時もある。
原石の形がざっくばらんだと、その石の形を出来るだけ隠さないようにしたくなる。
大体原石を使う場合は、この気持ちが強くなる。

それで、こういう時は、革には補佐に回ってもらう。




何の原石かというと、これはラブラドライトという鉱物。
磨かれたものやその特徴の良く出ているものを見たことがある人は嘘だと思うだろうけど。







でも本当です。

俗に言うところの質の良くないもの、なのかも知れないけど、これはラブラドライト。
あの虹彩や、青く輝くアゲハチョウの羽のような色をどこにも見られないけど・・・



私はこういう原石が好きで、こうした状態のものを沢山持っている。
人から見たら一文の値打ちもないような、石ころ状態のものが、好き。

きっと駐車場に落としたら分からなくなるんだろう。

そのくらい、目立たない。そのくらい、ただの石。
でも、それが良い、といつも思う。そういう部分が美しい、と思う。
例えこれを割ったら素晴らしい面が現れるとしても、割らずにそのままであってほしい。




これは人に渡すプレゼントとして作った。

明日、誕生日の人がいる。その人は半年前に知った人で、有難いことにこうした石に好感を持ってくれる。
その人のためにこれを作った。

その人なら受け取ってくれるだろう。



人が振り向かないもの。人が見捨てるもの。人が忘れるもの。

そういったものに、ちゃんと目を向けて、そういったものの持つ力を見分けることが出来る人。
そういう人は少なくなった気がする。
これを渡す人は、その少ない感覚をずーっと保っている人だ。



28歳になる誕生日。
この石のネックレスをあげようね。

ラブラドライトは魂のルーツを教えるという。これの場合、ただでさえ磨いてもない「原石」状(笑)。
あなたの深くに眠っている無意識核と通じるものがある。

次の誕生日までの一年間。

自分の生きる意味に導かれていきますように。








スポンサーサイト

comment

Kinu
20代の終わりの頃を思ってみました。
渡米したのが29歳でした。
私の人生の中で20代は
はちきれんばかりの事が詰まっています。
私の人生の半分以上が20代に集中している、
といっても過言ではないと思います。
そして20代の終わりに異国へ。

この原石のいわれ「魂のルーツ」、
この年代の人へのプレゼントに
とてもタイムリーだと思います。

初めて耳にした宝石の名まえ。
ラブラドライト。
原石は内に輝きを秘めているのですね。
磨くと素晴らしい輝きを放つ。
内面の輝きにとても惹かれます。

おともだち、
きっととても喜ばれると思います。

追伸:

ご心配おかけしてすみませんでした。
重い頭はもとにもどりました。
寝不足だと思います。
コメントは決して無理して書いてはいませんので
ご心配のないように。
Eaさんとこうしてやりとりをすることで
元気をいただいているのです。
いつもありがとうございます。

よい日になりますように。
2010.01.18 11:24
ea
頭痛、よくなりましたか。それは何より、良かった。
頭痛は大変です
どこへ行くにも、人様からは目立たないだけに自分しか分からない痛み。
早くに治ってくれて本当によかったです

私がこれを渡す友人、そうですね、20代の終わり。
この人も人生の中で、中盤まで来たのかもしれません。
実際のところは人によって様々です。
早くに「中盤」に差し掛かる人もいるし、遅くになる人も。
でも、私という他人の目から見て、この人の場合は「中盤」の始まりに感じました。
本人はどういった心境なのでしょう
真面目で素直・素朴な人ですから、きっとここまでの経験が感慨深いと思うのです。

Kinuさんは異国の地に入って、そして今もそこに。
変動の20代だったのですね。
お伺いするからに、きっといろんな出来事や多くの実りを集中して受け取った時期。
素晴らしいです。
でも当時のKinuさんからすれば、「素晴らしい!」と思うよりも
目まぐるしい変化の時だったのでは。
まさに人生の真ん中だったのでしょうね

この贈り物が今日誕生日を迎えるその人に、ほんの少しでも良いものであるように。
誕生日のお祝い、というのは、他人の自分にもその人に少しだけ手伝える気がします。
それが許される一日である感じが。

そう祈っています。
誕生日、というのは、人それぞれの一年の節目。
次の誕生日まで、無事に真っ直ぐ、実りを多く見つけられる一年であってほしいです
2010.01.18 12:17

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/382-c08252b1

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。