スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

革のボール

.19 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



ボールを作るとは思わなかった。

このボールのモデルは、野谷久仁子さんの本にあったサッカーボール。
私が作ると雲泥の差があるのでお名前を出して申し訳ないが、参考にさせて頂いた。

野谷さんが作ると非常に洗練されており、全く別物。当然なんだけど・・・





ボールを作ろうかと思ったことは何度かある。
でも何となく延び延びになっていた。
多分出来ても小さいボールだろうと予想していた。

球体とは意外と表面積が大きいから、端革を繋ぎ合わせて作ることになる。
そうなるとなかなか手が出ない、という理由。

出来る限り正確に繋がないと、球体にするのは難しいだろうと思って。












昨日から作り始めたこのボール。
昨日だけでは終わらなくて、今日まで持ち込むことになった。

大きさは実際のサッカーボールよりも小さめ。それでも案の定、相当な革を使った気がする。
やはり同じ色をそろえることは出来なくて、黒・茶・ベージュの三色に分かれた。
同じくらいの厚さで、同じくらいの革の硬さで、同じような質の革。そして同じくらいピースを取れる革はこれしかなかった。


野谷さんの本についていた型紙の大きさでは革が間に合わなかったので、縫いあがりの形を参考にすることにして、
五角形と六角形の型紙は小さく作ることにした。
五角形を12枚、六角形を20枚。 六角形のほうが茶色とベージュを10枚ずつ。
糸の量が半端じゃなかった。いつもの小さなものたちを縫う糸の使用量に比べるとびっくりする。
昨日の夜に、今もっている糸では足りない、と気がついて今朝買いに行った。

縫い目がかわいいのと、革を内側に折り込まない分表面積が大きく見えるため、野谷さんの本を参考にしたが、
野谷さんのほうは更に手が込んでいて、ファスナーがついた物入れになっている。

私は中に綿を詰めて、全部閉じたそのまま。
パンパンになるまで綿を詰め込んで、綿の重量は300gほど。

ボール作りにかかった時間は、型紙を作るところから最後の糸を切る時までで、8時間くらいかもしれない。
知らない分だけ途中で悩んだりして、結構時間がかかったなぁ、という感想。

でも出来上がったら嬉しかった。







数日前のこと。

ある人と話していたら、その人が小学生の時にサッカー部に入っていたという話を聞いた。
その人はもういい大人なんだけど、小学生の時をよく覚えていてその時の気持ちなどを話してくれた。


彼の家は貧しかったようで、そして兄弟も多く、彼はいつもいろんな場面で苦労したと言う。
サッカーをやりたくて、親に一生懸命頼んだのでサッカー部に入ることは出来た。
でもサッカーは物が要る。
そこにお金がかかるので、必要なものを揃えられない彼は、次第に仲間からはじかれていく。
揃えられないものは殆どだったけど、その一つが決定的なサッカーボールだった。

ねだってようやく買ってもらったボールは、友達曰く「本物じゃない」安物のサッカーボール。
それを持って練習に通ったけど、結局ボール一つでも一苦労だったのに、足の保護をするものもなければ靴もない彼は外されてしまった。


何ともかわいそう。

聞いてもどうなる話ではない過去の話だが、もっと気の毒なのは、この彼は最近仕事につけずに生活を切り詰めていること。
貧しくなると当時のことがよく思い出されるようで、今になってサッカーボールが懐かしくなるらしい。
生活を切り詰めてその日その日をしのいでいる彼が、「あ~、ボール蹴りたいなぁ」とポロっとこぼした。

それを聞いて、ボールを作ってみることにした。




どんな出来になるやら、心配が消せなかったのもあって、私は黙って作ることにした。
そして出来上がったボールを眺めて、蹴るくらいなら大丈夫かなと思えた。



ほんのちょっとでも、ボールを蹴る楽しい時間があればいいなぁ。










(↑縫ってる最中)
スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんおはようございます。
いきなり大きなボールが出てきて驚きました。
でも色合いがとてもいいですね。
みごとに丸いボールとなりました。
蹴るのにはもったいないような気がします。
Eaさんの手で大きさがわかりますが、
パンパンになるまでつめたとの事、
相当の綿が必要だったのではないですか。

ボールを作ろうとおもったきっかけのお話が
とてもいいです。
分かるような気がします。
ふとボールが蹴りたくなる・・・

ほんとうに完璧なボールに感動しました。

今日はとても暖かな日となって
日中は窓を全部開けて過ごしました。
池の浮き草が先日の寒波で枯れてしまい
それをぜんぶ水面から取り除き、
フィルターをそうじして、
池の底に沈殿している落ち葉を取り除いたり・・・
結構腰を深く曲げる動作が多かったので
ちょっと腰に響きました。
まだ落ち葉が残っているので
少しずつ取り除かなくてはなりません。

ちょっとこのように暖かい日がくると
野鳥が勘違いして鳴きだします。

相変わらず屋内の天井あたりに
たくさん天道虫が動いています。
少しずつ下に下りてくるので捕獲して
今日は20数匹暖かな花壇の葉に放しました。
今年は例年より天道虫が多いような気がします。

話がそれました。

ボール、今回もとてもいい作品ができました。
2010.01.20 11:35
ea
緊張する作品でした(笑)
でもサッカーボールのこのタイプは、昔家内工業で作られていたよう。
学生が練習するときのボールは、大きい工場ではなかったようです。
とても時間のかかる作業です。
私は初めてこのような球体を作りましたが、これを人知れず作っていた人々・・・
その人たちの労力を思うと頭が下がります。

ボールを蹴るために、私はこれを作ったのですが
昨日その人に渡したら、初めのうち夢中になって蹴っていて、
しばらくしたら今度は手で持って投げたりして遊んでいました

地面が乾いていれば外でも遊べるのでしょうが、
その人はしばらくは屋内で使うと話していました。
ボールを小脇に抱えた後ろ姿。
夕暮れ時だったのもあって、とっても時間の経った小学生の後ろ姿でした
何度も何度も『有難うね』と言ってくれて、作って良かったな~と感慨深かったです。

Kinuさんはお池の掃除をしていた一日だったのですね。
ずいぶん重労働のよう・・・
腰は大丈夫ですか? この前は頭痛でしたから、
どうぞゆっくり休んでくださいね。
こうして掃除や気配りを欠かさない人が見守っていてくれると、
池の住人(魚)も本当に居心地良いことでしょう。
私が魚なら、この人の池に住めてよかったって思います。

天道虫もKinuさんの家の天井じゃなったら殺虫剤で駆除されてしまいそう
やはり温かいオーラが漂っているんです、Kinuさんの居る場所は
だから皆集まってきてしまうんでしょうね
今夜は暖かいでしょうか?
早めにお休みになって、疲れが取れますように。
2010.01.20 12:56

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/383-436c731a

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。