スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

茶巾包み

.22 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(0)



茶巾包みというと、私の中のイメージは薄焼き玉子の包み。
後は、湯葉などで包んで上部をかんぴょうなどで結んであるものとか。

よく考えると料理の上で思い出すもの。




茶巾包みに作った革の袋。

小さな袋で、ネックレス一本用。
食べ物に縁がありそうな茶巾包みだけど、革の袋で良かったものかどうか・・・










でもこれが良かったらしい、と今更知る。

茶巾包み。 私はようやくその意味を知ったのだが、もとは別の言葉が転じた言葉だった。
茶巾包みは『砂金包み』の転だという。

昔、砂金を採集した際に、この形の包みに入れていたのが名前の由来。
砂金44匁を袋一つとして、布や紙で出来た袋に入れていたよう。
ちょっと気になって44匁とはどのくらいの重さなのか調べると、165gになった。
金10両、砂金にして44匁。金165g・・・

大したものだ。


茶巾袋、となるものも言葉にはあるが、これは茶道のほう。そのままの意味で、茶巾を入れる袋をさす。


料理に使われている茶巾包み、それは中に入っているものを砂金に例えた優雅なものだといったところか。
なるほど、と思った。




だから私が作った茶巾袋もまた、中に入れたものはとっても意味の大きなものだし、これでよかったと言う結果。

茶巾包みなら、上部を紐でくるくる巻いたほうが良いかもしれないけど、まあ知らずに作ったのでこれで良い。




中身に用があるとは言え、名の残った入れ物、茶巾包み。
その形にもまた縁起をかけて現在も生きているなんて。


ちょっと面白いことを知ったなぁ。








スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさん、かわいい茶巾袋ができました。
茶巾包み、と聞いたら「おでん」と即反応します。
何をいれても美味しいですね、
といってももう随分長い間食べていません・・・

実は茶巾袋のことを思っていたら
同時に巾着袋ということばが並んでしまい、
茶巾袋と巾着袋はどう違うのか、と。
私の中では同一化してしまいました。

恥ずかしい告白なのですが、
検索で茶巾と巾着のちがい、と打ったのですが
出てきませんでした・・・
Eaさんご存知ですか?

こういう言葉のあやのような悩みがでてくる
思考が停止してしまいます。
2010.01.23 10:55
ea
Kinuさん、茶巾包みと茶巾袋は記事にも少し書いたのですが異なるのです。
そして、茶巾袋に収まるものは、茶巾。
茶巾包みに転じたものは砂金でしたが、茶巾そのものは茶道の中に。

茶巾は、茶碗を拭く布なのですね。
(↑麻布などで出来ていて、裏表が無いように端を縫わないものが真の茶巾だそうです。)
茶碗を拭いたあとの茶巾をしまうのが『茶巾袋』。

巾着袋は、形こそ同じに見えますが、しまうものが違うようです。
江戸時代には巾着師がいて、それこそラシャや革等でも袋は作っていたとか。
中身は火打石や薬、印だったり小銭だったり、様々です。
でも西洋の文化が沢山入って、服装でもポケットがあったりお財布が普及して・・・
廃れてしまったそうです。

中身の違い、と言うか、使用用途の違いとして覚えると良いかもしれません
形は・・・同じですものね~

2010.01.23 11:33

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/386-69c15e91

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。