スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

友達

.24 2010 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(0)




今日、柚子を入れた紙袋を持って友達が来た。
柚子を見せて、「これ、庭にあった柚子です。お風呂に入れてください。」と渡してくれた。

『夏休みの小学生』だ。
この人はとっても和む人だ。 何でだろう、時間が関係ない相手だと毎回会うたびに思う。
昼過ぎに来てから夜の10時まで、あっという間だった。

でもこれも毎度のこと。
きっと小学生の時にもしも同じ学年で出会っていたら、四六時中一緒に遊ぶような子だろう。
夏休みの小学生と、画家と、私とで、長いはずの短い時間を沢山話し合った。

沢山話し合って、沢山笑って、沢山食べて、時間が過ぎた日。


これが友達かぁ、と、心の中で雰囲気を掴んだ。
そうか、こういうのが友達って言うんだ、と確認する。

年末にもMr.バオバブと今日いる人達と一緒に過ごしたけど、やっぱりその時も同じ感じだった。
会えば、会った時から帰る時まで、ずっと話し続けて、ずっと笑っていられる人達。





柚子を受け取って、コーヒーを淹れて、森に持っていったケーキを出す。










「これ(ケーキ)ね、実験で作ったんだよ」と図書館で借りた本の話をする。

話はどこからでも始まるし、一つの話が二つになり三つになり、どんどん違う方向へ進む。
話し終わることがない。

遠慮することはあるけど。 つい夢中になって話し過ぎてしまうこと。順番に話さないとね。



居心地が良い相手、という存在は稀だ。

人間は表裏があるし、変化がある。だから思い込みだけで近づき過ぎるといけない人間もいる。
私はそうした人間を相当な数で見てきたし、よく知っているほうだと思う。
簡単に誰かを頭から信じないようになったのは、悲しいことかもしれないけど、守るべき大切なものがあるなら用心深くても良いと思えるようになった。
知り合うというのは非常に勇気の要る段階だと思う。



ごくたまに、本当にごくたまに。 信じても大丈夫そうな人を見つけることがある。
今、側にいる友達は、『友達』と呼んでも良い相手だと感じている。



人を信じるというのは、その人を信じることにした自分をもまた信じていなければならない。

散々そのことを学んで、痛いくらい学んで、ぐったりした頃。
それでもまだ誰かを信じようとする、儚く、か細い希望が心の隅にあったのを知っている。



糸は紡がれた。

友達、と呼ぶのに躊躇いと勇気が同時に存在するような私にも、友達はもたらされた。
その人たちの存在に心から感謝を込めて祈りを捧げる。

この人生において、こうして出会えたことを尊く享けとめます。
同じ国に、同じ時代に、こうして生きていてくれる友達に、有難う。











追記・・・ お風呂に入れて温まりました(^^) 清々しい柚子の香に長風呂になりました。




スポンサーサイト

comment

Kinu
日本の何が一番恋しいか、
という質問の答えはお風呂。
首までつかれて、追い炊きができるお風呂。
豪華でなくてもいいです。
できれば木のお風呂だったら最高です。

トップのゆずの写真を拝見して
思い浮かんだのがお風呂でした。

お友達と時間の経つものわすれて
いろいろなことを語り合うひととき。
いいですね。
学生時代、蔵を持つ友人がいました。
蔵の2階を部屋に改造して
そこによく親しい友人何人かが集まり
音楽を聞きながらすごしました。
楽しい懐かしい思い出です。

ともだち、いい響きですね。
ともだちと呼べる人はごく少ないですが
とても大切な人たちです。
信じられる友がいる、というのは
とても幸せなことだと私も思います。

このところ少しずつ庭の手入れをしています。
長い間あまり手入れをしていなかったのですが、
植木たちは健気に過ごしてくれていました。
我が家の庭は自然な状態を大事にしたいので
この気候と土壌に適した植物を植えてきました。
そして防虫剤、化学肥料などは使用しません。
そのため、みみずや天道虫がたくさんいます。
他の虫もいますが、野鳥が虫を食べて、
彼らの糞や落ち葉が肥料になる。
そう成り立っていけば、と思っています。

今日はお月様がきれいです。

よい一日になりますように。
2010.01.25 11:01
ea
記事の始めにあるようにお風呂用の柚子達です
でも全部お風呂に入れるのは忍びなくて、2~3個は食用にさせて頂こうと(笑)

そうでしたか。一番の恋しさはお風呂でしたか・・・
食べるものは何とか馴染めていても、『首まで浸かる』お風呂は日本のものなのですね。
私は小さなアパート暮らしで、去年の春ごろにお風呂が壊れて(!)・・・
大家さんが新しいお風呂に変えて下さったのですが、
お風呂だけ妙に新しくて、災い転じて福と成すだ~と喜んだのでした。
移り住んですぐの話でしたが、首まで浸かれるお風呂の有難さをしみじみ思います。
その前はちょっと小さい湯船でしたから。

柚子のお風呂、とっても良い香りがして体が非常に温まります。
柚子の香気は心身ともに有難いものです

Kinuさんのお友達も、確か数人いらした・・・と。
やはり私と同じで年齢がそれぞれ異なるご友人でしたね。
友達、と呼んで良い相手を見つけられたのはとっても幸福なことだと私も思います。
私のような偏屈なものには友達は無理だろうとほとんど諦めて過ごしていたので、
こういう状況になるなんて思いもしませんでした。
嬉しいことです。大切にします

Kinuさんのお庭、とても素敵なお庭なのですね。
もしも家を持つ日が来て、お庭も作るような漢字だったら、
Kinuさんのお庭のようにしたいと思うのです。
風土や気候に馴染んだ植物を集めるような。
のびのび大きくなれるように、他の生き物とも共存できるように。
そういう小さな小さな可愛い森を、お庭にしたいと考えます
Kinuさんの所にいると、動物も昆虫も植物も、皆無理なく自然にいられるのですね。
素晴らしいです。
2010.01.25 11:21

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/389-0e16754d

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。