スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クルミの舟

.06 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(0)



漂着していたクルミを拾った。 結構前のことだ。
珍しいものでもないし、浜辺にはよく見かけるものだ。
だけど何となく、灰色に褪せた小さなクルミをポケットに入れた。



いつまでとって置けるのか分からなかったから、『海からの贈り物トレイ』(海で拾ったものを置いておく場所)を見るたびに気にはなっていた。
中身は大丈夫なのだろうか。
虫が一気に湧いてきたらどうしようかな、とちらちら見るようになって。

今日、クルミを使うことにした。


一見、どこにも隙間が無いように見えた。 虫は入っていないかもしれない、と思う。

表面の凹凸も少し滑らかになっているから割るのは少々時間がかかった。
万力で固定してノミを使って何度もこつこつ叩く。
ようやくバキリと音を立てて、クルミの殻が一部壊れた。

ゆっくりペンチで殻を割っていき、片側の殻だけ丁寧に残す。


クルミの実は、驚いたことに真っ白のままだった。渋皮も暗い色に変わっていたのに。
とりあえず食べてみたいけど我慢した。
今お腹を壊しても私は病院にいけないし。

しかし、どれくらい前からこのままだったのか知らないが、もっと簡単に実が傷むと思っていたのに。
海に揺られて、時間が経たというのに丈夫なんだなぁ。



クルミの実は脂があるから、これもまた丁寧に取り出した。
そして殻だけになったあと、舟に変わるまではそれほどかからない。

割れたクルミのヘリを小さく整えて、舟の前に付けた。手すりを作るのに丁度良かった。

細い木を削って、帆を張るマストを作る。
木綿の布に蝋を塗って、帆を垂らした。
端糸にも蝋を引いて、丸めてロープの代わりに積む。









クルミの舟、出来上がり。


中に乗るのは誰だろう。


親指姫はクルミの殻がベッドだった。舟は確か、花びらだった。
コウノトリに落とされた金のクルミを漁師が拾って、クルミをあけたら女の子が入っていたという話しもある。








クルミの実に輝く服をしまいこんだ千匹皮の話。
三つのクルミを渡された、イブとリトル・クリスティーネの話。
ポケットにしまったクルミを使って、妖精から杖を取るのに成功したお姫様の話。




クルミは世界中いたるところにあるから、いろんな場所で不思議な場面を作り出している。

この舟も明日まで机にあるといいけれど。








スポンサーサイト

comment

Kinu
くるみ、言葉の響きがかわいいですよね。
日本で暮らしていたときは
木の実をあまり食べることがなかった気がします。
結構高価でしたし。
アメリカに住むようになって
木の実が身近になりました。
ケーキに入れたり、サラダにいれたりと。

南部はクルミよりもピカンのほうが
なじみ深いような気がします。
我が家の庭にも3,4本ピカンの木があります。
住み始めた当時からもう成木になっていました。
はじめからこの土地に生育していたと思います。
ピカンはリスの大好物で実は今まで
私たちは味わったことがありません。
リスがみんな先取りしてしまいます。

さて、クルミの船とてもかわいいですね。
夢を感じます。
ざっくりした織の帆がまた素敵です。

殻を見る限りくるみの殻は
木の実の中で一番存在感があるような気がします。
そうでしたか、親指姫はクルミの殻がベッド。
想像したら嬉しくなりました。

今日はカレー、
カレーというといつもニンジンのサラダがつけあわせ。
ごく細く千切りにしたニンジンを
マスタードをきかせたヴィネグレットであえます。
ちょっと蜂蜜もいれます。
そしてそこにローストして香ばしくしたくるみと
レーズンをいれます。
付け合せはこのサラダと福神漬けだけ・・・
デザートはオレンジです。
2010.02.08 08:25
ea
クルミの実は私は大好きなのです。
クルミとか、ピカンとか、アーモンド、皆大好き。
でもKinuさんが先に仰ったように、日本では安い買い物ではありませんね。
今は全くといっていいほど、ご無沙汰をしています(笑)
香りや食感がたまにふと思い出されると、とても懐かしくなります。
リスがピカンを全部平らげると聞いて、ちょっと笑ってしまいました。
なんて可愛い光景でしょうか。
きっとリスは代々、Kinuさんの庭のピカンの実を食べてきたのですね。

親指姫はクルミの殻をベッドにするほどの小ささ。
出来た舟を見つめて、ここに何か乗り込む誰かを作るなら・・・と考えました。
クルミの舟に乗るなら、大きくて1cm。
舟と人、という感じで考えるなら、この舟に対して5mmくらいかもしれません。

Kinuさんの作る食事。
ちょこちょことここに書いていって下さいますが、
いつも読むたびに、美味しそうだな、と思っています。
人参のサラダ、どんな感じの味なのでしょう?
マスタードをきかせた、とあるので、マスタードの風味がしっかりしているのでしょうか。
ローストしたクルミが入ると、木の実の香ばしさが全体につくし。
蜂蜜とレーズンが入れば、甘みがあるから酸味が和らいだ味わいなのでしょうか。
サラダだけでもこんなに素敵なので、カレーもさぞ美味しそうです。
この二つに、福神漬けとデザートにオレンジまで付くのです、
とても良いご馳走です。

2010.02.08 09:54

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

trackback

trackbackURL:http://cyatai.blog21.fc2.com/tb.php/406-835d0a56

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。