スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

欠片のネックレス

.14 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(-)




うっかりしていたけど、今日は日曜日だった。 
どうも私は日曜日を忘れることが多い。


ということで、今日は休日にした。



丁度昼前に、お世話になっている民商の人からお誘いがあって、『野草を取ったから食べに来ては?』と昼食に呼ばれた。

とても有難いお誘いなので、いそいそと出かけてみれば、昨日の氷雨の中を収集してきた14種類の野草の料理に出会った。
これまで、一度に14種類もの野草を食べた時はなかったので、体験的にも貴重なお昼になった。
野草は懐かしくも風味新しく、春めいていて力漲る生命力の美味しさだった。

お土産に、クコの葉のご飯・明日葉の炒め物・芥子菜のおひたし・ふきのとうの天ぷらを頂戴した。


世の中は、歩いた分だけ鬼に出会うような気さえする現在に、これほど温かい素朴な和を感じるとは思いもしなかった。
ただただ、感謝に頭を垂れるのみ。



その後、空は曇ってきていたけど、よく行く浜辺へ行った。

浜辺は寂しい雰囲気が漂う、ゴミばかりが打ち上げられた悲惨な状態だった。









雨の後は、大体何かしら興味深いものが打ちあがっているのに、今回はどういうわけかゴミだらけ。
何とも気の毒な、狭く小さな砂浜の有様。

そのうえ、漁師さんがワカメを干していたので、砂浜のほとんどはワカメの柵で埋まっていた。
漁師さんは親子で黙々とワカメを干し続けている。
漁師さんの生活の糧の側をうろつく気にもなれず、今日は早めに退散した。



少しだけ、お土産を手に握って。









今回のお土産はこれ。


右の紫色のは貝殻。 でもこの後割れてしまったけど。
他は、今まで拾ったことがないような物を拾ってきた。

ガラスと陶器の破片だ。


私は人工物は砂浜では拾いたいと思えなくて、今まで拾うことがなかった。
今日は特別。
たまにこうした、いつもと違うものにも目を向けるのも良いかと思って、わずかばかり拾ってきた。


そして帰ってきた夕方、日も落ちた頃。


このうちの二つに穴を開けて、簡単なネックレスにした。
それが一番上の写真。


一つは陶器の欠片。 

何だか菊の模様のように見えて、色も形も絵になる。
だから、古風な欠片を活かしたくて、茜の染料の糸で通した。
くすんだ銀のビーズを一つ付けて。

もう一つはガラスの欠片。

穴を開けるのに結構な時間がかかった。
これは、よくあるシンプルで当たり障りない形のように、木のビーズと白いガラスビーズを付けた。




人の素朴な優しさに触れて、海の素朴な一面を見た、日曜日。

お土産は、いつからか流れ着いた昔々の一欠けら。


誰か、似合いそうな人を見つけたらあげよう。







スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさん、とてもすてきなお誘いを受けましたね。
14種類の野草をつかった献立。
私には夢のまた夢です。
ふきのとう、芥子菜、明日葉、クコ、
どれも食べたことがありませんし、
実際に見たこともありません。
きっと風味がとても繊細で
味わい深いものなのではないか・・と。

海にいらしたのですね。
海は本当にその表情を変えますね。
朝と夕、晴れた日と曇りの日・・・
波の静かな日、荒い日。

上の海の写真、
ちょうど空と海と砂浜が
三等分になっていて
なんだかとても感動しました。

今日のお土産は繊細な品々でした。
波にもまれてまるで石になったような
ガラスはほんとうに美しいですね。
陶器の欠片もよくこのような形を残しました。

海からの贈り物で作られたペンダント、
とてもすてきです。

当地は今日の午後気温が緩んで
やっと雪が消えました。
日曜日の夜の今、雨がふって
風がでてきています。
明日の朝はかなりの冷え込みとなるようです。

御地も傘のマーク、
あたたかくしてお過ごしください。
2010.02.15 11:30
ea
小旅行にしてはあまりに『小』ですが
でも昨日はそんな気分でした。

想像と違う、というのは良くも悪くも現実味を刻みます。
昨日の野草の誘いは、実はちょっと躊躇っていたのです。
私は沢山の人たちに会うことがないので、
「いそいそと出かける」までが、気持ちを固めるので大変です
無口な私なのですが、それでも野草料理を振舞ってくれて、
『美味しい』とぼそぼそ呟く私に笑ってくれて。
意外な美味しさと、想像以上の温かさ。
とても良い体験でした

海も海で、いつもは感動的なのですが、この海は普段着状態でした。
それはそれで当たり前なのですが、ここでもまた想像以外です。
お土産を持ち帰って作ったネックレス。
Kinuさんに褒めて頂けて良かった。
あまりにシンプルかと内心考えておりました。

海のあとには図書館へ行って、世界の民族装飾図鑑と童話集を借りました。
とっても長い夜が訪れるきっかけです

こうした一日は、まるで日帰りの旅行が詰まった感覚と似ています。
良い一日になりました。

Kinuさんの明日は冷えるのですね。
また野鳥が震えて餌を待っているのでしょう。
雪が消えて、晴れ間が見えるまでは、皆緊張しますね。
どうぞ暖かい格好で餌やりに出てくださいね。

今夜、良い夜になりますように。
2010.02.15 11:57

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。