スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

温もりを探しに

.16 2010 一人芝居の部屋 comment(2) trackback(-)




バス停で座っている猫。

誰かを待っているのか、座り続けて一方に顔を向けて。



ここは始発のバス停で、・・・それに、ここは寂れた漁港なんだよ。

それで、誰が乗ってくるわけでもないのに、バス停でこの猫はじっと座っていた。


猫は、毛も荒くボサボサで、口も半開きで、多分だけど目もよく見えていない。

この猫は年を取っている野良猫なのかなぁ、と思った。

野良猫なら、一体、誰を待っているのか。


始発では降りてくる人はいないから、きっと乗る人なのだろうけど。





この猫がバス停によたよたと歩いてくるのを私は見ていた。 

この近くにある、化石の地層を探していたからだ。

猫はゆっくりと漁港沿いの道路を歩いていて、少し歩くとすぐ疲れたように立ち止まった。

そしてまた歩き始める。

どこへ行くのかと思って見ていたら、何のことはない、数m先のバス停によじ登って腰を下ろした。


「へぇ・・・」と思って、バス停にしゃがんだ猫を見つめていたら、猫はチラッと私を見て、すぐに何もなかったように顔を戻した。

道路沿い、といっても車は全然通らない。

猫は安全だと知っているのだ。


『あんた、誰か待ってるの?』とちょっと声に出して言ってみた。

すると猫は、もう一度私を見て何度か目をしばたいて『なんだろう、コイツ』というようにあくびをした。



猫はじっと、バス停の石の上に乗って、バスの来る方向を見つめ続けていた。



静かな、ボサボサに毛の荒れた半開きの口の猫。

この猫に待ってもらっている誰か。


その人は、この猫から温かさを注がれる人だな、と思った。



この写真は、年末だったかな。

年の暮れで人影もまばらな道路、漁港にいたっては静まり返って、吹く風が冷たさを増すような日だった。



誰かが待っている。

誰かが会いたい、と思っている。


この、バス停に座る猫を見て、ふと心の中が温かい空気に満たされた。



私がその場を離れて、化石の地層を歩き回った後。

もう一度このバス停の前を通ったら、猫は丁度、バス停の石から降りたところだった。

バス停横の使われていない廃墟の前で、座って毛づくろいしていた。



誰も、側にはいなかった。

誰も、近くを歩いていった姿もなく。

猫はあれから1時間くらいいたと思われたけど、ずっと、誰も来なかったのかもしれない。




たまたま、こういうことが習慣化した猫なのか。

それとも今日だけ、誰かに会えずじまいだったのか。

もしかしたら、私が見ていなかった時間にとっくに誰かに撫でてもらったとか。


本当は、ただ単に、バス停の石に乗ってみた今日、というだけか。




猫を見ていて、そんなことを考えていた。

日陰の冷たい風の吹くアスファルトの上に座っている猫を見て。

1mずれたら、日が当たっているのに。





もしかして、


帰り道の車の中で考えていた。

もしかして、

誰かが猫に待ってもらっているのじゃなくて、

猫が誰かを待ちたかったのかな、と。



その違いは、針先ほどの違いにしか見えなくても。

待っている誰かがいないのではなく、会いに来る誰かがいないという。





本当のことなんて分からないけど、

この猫のことが時々、頭をかすめる。


誰もこないと知っていて待っていたのだとしたら。


あの猫は温もりを知っているんだなと思った。

それが、どれほど大きな幸福か。

そして、どれほどささやかな一瞬でもたらされるか。







寒い日だった。

鳥のスープストックにミルクを混ぜて、パセリとオレガノを刻んで煮たスープを作った。

塩は抜くから、バス停猫にも分けたいなぁと思った。


何を話すでもないだろうけど、友達になれたらいいなと思って。










スポンサーサイト

comment

Kinu
1匹狼ならぬ1匹猫。
我が家に来た猫たちも1匹猫たちばかりです。
野犬は1匹だけだととても心細そうに見えます。
たいがい2,3匹のグループを見ます。
それに反し猫は常に1匹で行動しているようですね。

Eaさんのこの猫への思い、わかるような気がします。
多分私もこういう状況でこの猫をみたら
きっと気になってしまうと思います。
案外このバス停で親切な人に
何回かであったのかもしれませんね。

猫を飼っていますから
街角や野原で猫をみると
どうしても注意がいってしまいます。
ちゃんと家があるのだろうか、
健康は大丈夫なのだろうか・・・と。

日本の野良猫の状況はもう覚えていませんが、
当地の野良猫はどちらかというと
ライオンやトラの大型の猫科のミニチュア版、
といった雰囲気を感じます。
野生的で、モグラや野鳥などを獲って食べたり・・
ですから結構毛並みもよく、
きれいな野良猫が多いような気がします。

そして野生の猫は姿勢を低くして行動するからか
腿の筋肉がとても発達しているような気がします。
スクワットの状態ですから、
やはり腿の筋肉を使うのでしょう。

スープ。
とっても美味しそうです。
このようにシンプルなスープは
食事以外にちょっと飲みたくなることがありますね。
実に美味しそうです。
2010.02.17 11:18
ea
こんばんは、Kinuさん。
先ほどのコメントに挨拶を忘れてしまいました。
御地、すっかり晴れて『完璧』とまで思うほどの天気で何よりでした
アメリカ南部という言葉だけで、雪のイメージがないのも、
やっぱり乾いた感じと太陽のある風景が先入観であるから。
非常に古い印象ですが、トム・ソーヤーの風景です。
ミズーリ州は御地の近くでしたね。
(トムは架空の町だったけど・・・)


さて、猫ですが。
そうですね、そういえば猫は単独ですね。
犬はやはり群れの生き物だから孤立感が悲壮感にも似ています。
猫は一匹って、普通のことなのですね。
一緒に行動するとしたら親子くらいですものね。

この猫も野良猫だと思うけれど、きっと何か食べ物をもらったり、
ちょっと挨拶があったり、そういう繋がりを人間と持っていたのかもしれないです。
私が近くにいたのに全く怖れるふうもなく、微動だにしませんでした。
でも分かるのです、こちらを意識しているというのは。
警戒心はあるのですよね。
そういう部分が見れると、猫は野生なのだなと思うのです。
要領の良い、そうした生き方の出来る、野生。
そのほうが生き残りやすいからなのでしょう。

本能だけでなく、この猫のように何かを待つような行動は興味を惹きます。
どうしてか、人の気持ちが伝わっているのではないかと思ってしまう。
そんな印象の姿でした

野良猫は生きるのが大変です。
日本で野良犬は滅多に見なくなりましたが、猫は今も沢山です。
野良猫の栄養状態、多分私のいるところは自然が少ないから、
猫が生き物を捕らえるのが大変だと思います。
スズメやモグラを捕る猫の姿、昔は見かけました。
現在はさっぱりです。

このスープは中に・・・
実は麦が入っています。
私には大好きな友人がいまして、その人が麦や豆を送ってくれたのです。
後一握り、というところで、スープになりました
2010.02.17 12:11

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。