スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雲一つない空

.20 2010 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(-)



良く晴れていた。 雲一つない、とは今日の空だ。

高らかに歌うトビの声が途切れない。 よほど今日は気持ちが良いのだろう。
見上げれば、何羽ではなくて、何十羽のトビが旋回していた。


風はまだ冷たいけれど、光が暖かい。 風も時折弱く吹くくらい。
だから今日は岩場のある海へ向かった。









海に出る手前は漁師さんの舟が繋いである場所を通る。
小さな防波堤と船着場。 漁師さんの使う用具が沢山置かれた側に、一匹の猫がいた。

随分、きれいな毛並みの猫。

体格も良くて、毛並みの艶もよくて、顔を洗いながら舌で口周りを一なめしていた。
何かお昼を貰った後だったのかも。

満腹そうだから、このまま日向で眠るのかも。










毛艶の良い船着場の猫にさよならをして、岩場へ歩いた。

私が行った時間はかなり潮が引いていて、緑色の海苔やまだ濡れているイソギンチャクがそこかしこに見えた。


この写真に写っているところは、いつもはほぼ水の下。









普段は歩けない場所が出現しているから、ちょっと奥まで行ってみたら。

小さなカニが水溜りから離れたところにいた。

逃げないでほしかったから、少し間を取って写真を撮った。
でもずっと動かないカニが不自然に思えて、そっとつついてみた。

カニは空っぽのようで、とても軽く、カニの身体は倒れそうになった。

死んでいたのだろうか、それとも抜け殻だったのだろうか。
水辺はそれほど遠くはない。
離れていたけど、死に間に合わないほどの遠さじゃなかった。


海に入れようかと手を伸ばしたけど、満ち潮になれば間違いなく海水に沈む場所。

そのまま、そっとしてきた。








海苔の匂いが立ち込める磯を歩いていると、変なものを見つけた。

拾い上げるとそれは10円玉。
ただ、やたらと薄くなっていて、それに緑青が出て欠け崩れていた。

文字も削れ欠けていて、ちゃんと分からないけれど、多分『昭和二十八年』とあるのだと思う。
今から相当前。 いつから海にいるのか分からないけど、随分と変わり果てた姿。










今まで気が付かなかったものは他にもある。

この辺り一体は地層が浮き出ているところだということを忘れていた。
ふと目を向けると、・・・・・?

これ、貝だったんじゃないかなぁ?と思うような形を見つけた。

でももし貝だったら、靴と比べてこの大きさ、すごく大きい。
潮汁なんか作ろうものなら、16cmの雪平鍋で貝の実が一つしか入らない気がする。


貝、というか、貝化石というのか、それとも貝の形が残った岩なのか。
とにかく、大きな貝の影。









貝の影のついた岩の裏側は、こんな風景。

以前も写真に撮ったことがある。ここはとても力強い風景だ、といつも思う。
黒い岩の間を流れる海。

今日は降りれそうなくらい、下のほうは水が引いていたけれど。
降りたら登ってこれそうにない気がして控えた。

私も大人になったんだな、と心の中で呟く。
ちょっと前まで、後先考えずに進んでしまうところがあったのに。








あの黒い岸壁から岩壁を伝って進むと出る場所。

この地層の壁は圧倒される。
いつ来ても、いつ見ても、「うわぁ」と見上げてしまう。


黄色い壁が青い空にくっ付いている。
トビの声が鳴り響いて、写真にはちゃんと写らなかったけど、白い三日月が青空に浮かんでいた。

なんという光景だろう。

なんという、美しさ。









黄色い岸壁のある砂浜。
ここだけ見ると、日本じゃないみたいに見える。


広くはないけれど、遮断された海辺の一角。 

この砂浜で、しゃがみこんで貝を拾ったりしてしばらく過ごした。
本当にいい天気だった。




3時半を回る頃。

そろそろ帰ろうと思って、小さな革袋に拾った貝やウニの殻を入れて来た道を戻った。
少しずつ冷えてくるのかと思ったけど、一向にそんな空気の流れはなかった。


日差しに暖められて空気も春のよう。

磯の香りは、夏のようなむせ返る強い匂いではなく、ほんの少しだけ香気を含んだ柔かい匂いだった。
ところどころ、通り過ぎていく浜辺の植物にも新しい芽が見える。


もうすぐ春が来るのだろう。








カマキリの卵も二つ見かけた。

小さなカマキリ達。 今はまだ出てくるには早いから、もう少しそこに。
あと少し、強い春風が吹き荒れるまで。



穏やかな、春の匂いがした一日だった。






スポンサーサイト

comment

Kinu
御地はもう日曜日。
もうお休みになっていらっしゃると思います。

素晴らしいお天気、海日和でした。
いいひとときを過ごされましたね。
海に漂う春の香り、いいでしょうね。
海辺の小さな生き物たち。
蟹には驚きました。
貝殻もそうですね、もともとは主がいたわけで・・・

初めて外国へ行ったのは結婚のため。
二人とも親兄弟の立会いはありませんでした。
結婚してロングアイランドの主人の友人宅で
1ヶ月程新婚旅行をかねて過ごしました。
友人は海辺に住み、釣り人を対象とした
ビジネス(大袈裟ですが・・)をしていました。
小さなボート、餌、釣竿他
こまごましたものを扱っていました。
あまりお客はこなかったようでした・・・

毎日砂浜に出て貝殻をひろったり、
海にのびた桟橋のさきに座って海をみたり。
今思うと贅沢な時間でした。
そのとき拾った貝殻はすけるような薄さの
黄色とオレンジの貝殻。
たくさん落ちていました。
なにかに使おうと今でも持っていますが
まだそのままです。

Eaさんのお気に入りの場所は
いつも静かで太古の様子が感じられるようです。
岩場、地層のみえる岸壁。
一日たっぷり過ごせますね。

かまきりの卵。
かまきりというと驚いたことがあります。
ハミングバードの砂糖水の容器のところに
かまきりがいたので、
「ああ、カマキリも砂糖水を飲むんだ・・」と
思っていたら!
実はハミングバードを狙っていたのでした。
これには驚きました。

当地はこのところ完璧な陽気が続いています。
とてもうれしい気持ちの毎日です。
ほんとうに天気によって
こんなに嬉しい気持ちになるのですね。

この数日夜空も美しいので
よく夜空を見上げています。
ほっそりしたお月様、きれいですよね。
明日の夜雨が降るとのことです・・・
2010.02.21 00:44
ea
Kinuさんのコメントで、新婚旅行のときに拾い集めた貝殻の話が気になりました。
きっと美しいのでしょうね。

>そのとき拾った貝殻はすけるような薄さの
>黄色とオレンジの貝殻。

日本にもあるのでしょうか?
そういえば、このくだりを読んで、ふと思い出したのですが、
前に私もオレンジ色の二枚貝を拾いました。
でもそれ一枚だけ。片ほうは側になかったのです。

今、去年の記事を探してみていたのですが、
どこかへ紛れ込んでしまって貝の写真が見つけられませんでした・・・

Kinuさんの思い出の貝。
そのままそっと年月を経ていくのですね。
新婚旅行に滞在した、ロングアイランドの海辺。
毎日貝を拾ったり、海を眺めたり、
自然の中で日が昇り、日が暮れて・・・
素晴らしい時間の流れ方を体験なさったのですね。
沢山の貝、素敵な思い出ですね
いつか、その貝たちに丁度良い時期が来たら、
きっと貝は何か別の形でKinuさんの側に寄り添うのかもしれません

カマキリのお話。
ハミングバードを狙うカマキリ。
逞しいですね、食べられてしまうのはカマキリのようなのに
でも虫は怖いです。底力に驚かされます。
虫ではないのですが、最近見た映像で怖かったのは、
くもがコウモリを捕らえて食べているものでした。
カマキリといっても、捕食者ですものね。
やはり、自然は弱者を弱者として制することはないのです。
弱者の逆転もまた起こりえる凄さ。
驚愕です

御地はとてもよいお天気続きだとか。
夜空も三日月がかかる美しい空。
私が青空に見たあの白い三日月・・・
そうでした。御地での夜にかかっていたのですよね。
Kinuさんの翌日、雨がすぐに上がりますように。




2010.02.21 10:45

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。