スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

牛・ベルトポーチ

.21 2010 革の部屋 Leather comment(2) trackback(-)



この形は私のオリジナルではない。
私の尊敬する職人さんがバッグでこの形を作っていた。
そして、私が初めて革で作ったものも、この形だった。

あの時よりは幾分か、見られる形になったと思うけど。


職人さんの作ったこういう形のバッグを見て、その小さな写真を食い入るように見つめた。
感動して、驚いていて、それにそんな形を作る人がいるということが嬉しかった。

何も知らない、何も作ったことのない私が作りだけを真似して一生懸命作ったポーチが、
今の私の始まりだった。



あれから何年経ったのだろう。



職人さんがそのバッグをどんな感覚で作ったのか知りたかった。
どうしてそんな形を導いたのか、その片鱗だけでも垣間見たかった。

何か、ひらっと光ったのは分かったけれど。

当然それが何かは全く見当も付かずに始まった革細工。
不細工な、ちゃちな、びっくりするような出来の私の作った代物が、私をここまで連れてきた。
あの時見た一瞬の光を、今は見つめて歩いている気がする。



そんな思い出のなぞった、ベルト・ポーチ。









スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんご無沙汰しております。
このところ身辺が忙しくなり
PCに向かう時間がなかなかとれませんでした。
Eaさんの日々がいつものように
静かに流れていたこと、ほっとしています。

私が選ぶバッグはだいたいこのような形が多いです。
小さめで四角。
シンプルでとてもいい形ですね。
Eaさんが興味を示された理由、
なんとなくわかるような気がします。

素晴らしい出会い、だったのですね。
2010.02.24 11:20
ea
Kinuさん、お忙しい中を有難うございます。
時間を取ってくださって、
こうしてまたコメントを下さったことを嬉しく思います。

Kinuさんのバッグと同じような形なのですか。
底が丸いものも可愛いけど、
四角いほうが何となくものの落ち着きが良い気がします。
使いやすいのかもしれませんね。

このバッグの留め方の部分、そして野趣のある風貌のバッグ。
それが出会ったバッグだったのでした。
職人さんの作っていたそのバッグも、確か四角い形だったと思います。
そのバッグに魅せられて、・・・随分遠くまで来たような。
そんな気持ちです。


2010.02.24 11:50

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。