スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小休止~貝の内側

.25 2010 一滴の栄養の部屋 comment(2) trackback(-)





昨日、天気が良かったので、ウロコを作った後に海のほう(海近辺も行っている)へ行った。
磯ではないほうの、狭い砂浜の海辺。


砂浜はついこの間に見かけた風景とあまり変わっておらず、石が沢山打ち寄せられて海草が乾いていた。

壊れた貝や陶磁の破片が大量に石の中に混じっていて、多分次の大雨が来るまでこのままだと思った。



私はしばらく石の群れの中にしゃがみこんで、何か面白い形のものないかな~と探っていた。

幾つかの石と貝を持ち帰ることになったのだけど、そのうちの一つがこの巻貝だった。









始めはこんな感じ。

どこにでも転がっている巻貝。
色も地味だし、形も珍しくない。


ただ、貝というのは何層にもなっていて、一番上の表面は海草や石が張り付いているけれど、
その下は真珠層がある。


荒い金属のヤスリでは傷だらけになったり剥げたりするけど、電動の細かいヤスリをかければ、
普通の人でも充分真珠層を見ることが叶う。
そうして削り取った姿が、最初の写真の状態。

結構時間が要る作業なので、根気良く1時間くらいは頑張らないとならない。
でも、頑張るといっても電動のヤスリが頑張っているだけで楽なものだ。
昔の人がこれを手作業のみで行ったのだと思えば、非常に労力は少ない。

もっと細かく磨ける磨き棒でもあれば、この貝の真珠層は艶と光を増し、青緑色に輝く。


工具の少ない私はここまで。

でもこれだけでも、全く別のもののようだ。



余談だけど、真珠層の貝状態を見た人が、『これ、金属のベーゴマみたい』と言った。

そうなの? と私が聞き返すと、その人は『もしかしたら昔はこれに砂とか土とか詰めてコマにしたんじゃ』と。


それでベーゴマを調べてみたら、二人で顔を見合わせることになる。
やっぱりそうだったようで、平安時代に貝に土を詰めて紐で回した遊びがベーゴマになったと。

バイガイという名のちょっと縦長の貝(回りそうに見えない)で作ったコマだけに、『バイゴマ』。
それがなまって『ベーゴマ』となったようだ。

メタリックな輝きを放つ、この貝を平安の人に渡したら、さぞ高価な贈り物として扱われただろう。



貝の話でした。










スポンサーサイト

comment

Kinu
磨く前の状態から磨いたあとの
美しい真珠のような輝きは想像つかないですね。
素朴な外観の内側は神秘的です。
真珠の輝き水の中で生まれるわけですが、
このこともとても神秘的です。

渡米する前に記念の旅をしました。
紀伊半島へ。
私は旅といったら学生時の修学旅行くらいでしたから、
この旅はとても思いで深いものとなりました。
真珠の養殖場を訪れたとき、
真珠の芯としてミシシッピ川の貝が
使われていることをそのとき知りました。
その出会いになんとなく不思議な縁を感じました。

内面の美しさは
なかなか見ただけではわからないものですね。
2010.02.26 06:02
ea
真珠の光沢は不思議な色合いですね。
透けている透明感のない色なのに、
どうしてか、『色が付いている』気がしない。
よくよく貝を見ていると、この真珠層も
青の上に赤、赤の上に黄色、のような感じです。
削りすぎてしまったところを見て思いました。

貝が自分の体を守るための
砂礫をまぶしたような外側。
そういった、一見、貝にも見えない見た目が
1~2mm内側にはこの色を持っています。
自然の成すことは、触れると必ず感動しますね。

Kinuさんの旅行。
そうですか・・ ミシシッピ川の貝が・・・
それも不思議なことですね。
記念の旅のときに永住する場所になる地名を
聞いたのですものね。

貝はいろんな形で人と関わってきました。
Kinuさんにとっても、思い出に残る関わり方でしたね。
ロングアイランドで集めたオレンジ色の貝、
紀伊半島での故郷交換を示唆するような貝の話、
何とも素敵な貝との関わり方です。


2010.02.26 09:38

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。