スポンサーサイト

.-- -- スポンサー広告 comment(-) trackback(-)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

腕輪の差し色

.27 2010 他素材の部屋 Other material comment(2) trackback(-)



この前作った腕輪、革と石の腕輪に補佐の色彩を加えようと思った。

あれ自体が試作なのだけど、補佐のビーズの輪っかも試作。
ここには3本載せているけど、あと何本か試作品は作ってある。
その中でこの3本が差し色には向いている色だと思った。


差し色だとか補佐だとか、要は重ね付けのことなのだけど。


でもこの重ね付けは、風変わりな腕輪にとっては相手を選ぶのだ。







こういう具合になる。
後の2本の輪は、角と革の腕輪用に。


単品一つで見てみれば、大してセンスも感じられない奇妙な彩りだけど、
何と併用するかによって、主役と馴染みきってしまうことも起こる。

材質であったり、形状であったり、視覚の捉える質感であったり、勿論、色は大きく影響する。


補佐という意味の大切さは、主役を引き立てはするが、主役と摩擦を起こさないものだと思う。


同じような素材を使うのは無難なことだ。
でも、重複するのも紛らわしい。

革の素材が重要な主役に対して、シンプルな革の補佐というのはかえって良くない。
革に張り付いた石の色や形だけをまとめてしまうのも差し色としては煩わしいだけになる。

補佐である役目というのは、何かと慎重な気配りが必要なのだ。
影として付き添うけれど、影の中に照り返しがないといけない。

降り注ぐ日差しの中にある影は、真っ黒でもぼけた色でもない、色んな透明な光がある影なのだ。
そしてその影なしでは、日差しがどれほどハイライトを作っても存在感が足りなく見えるものなのだ。
そういう意味では絵を描く時と通じるものがある気がする。


影作りは主役を作る時よりも考える。

今日はそういう影の役目にあれこれ時間を費やす日だった。



試作品として作った、私のイメージのアクセサリー。
それに加えて、更に補佐役として用意するアクセサリー。

いつか、この二つが混ざるようなアクセサリーを作るかもしれないし、
このまま二手に分けて主役と補佐役で作り進めていくかもしれない。


いろんな試行錯誤を繰り返して、本当に作りたい形に近づいていく。



スポンサーサイト

comment

Kinu
Eaさんの中でいろいろな創造が生まれているようですね。
試行錯誤しながらものを生み出す過程は
悩みや迷いもありますが、
充実した時間だと思います。
「過程」というプロセスは
とても重要だと思います。

すぐに出来たり、
すぐに解答が出たりすることが
今要求されていますが、
どうなのでしょう・・・・

人間関係を築いたり、
ものを生み出したりするとき、
時間をかけてた「過程」は
たいせつなものではないか、と思います。

今自分がとても贅沢な暮らしをしているな、
と感じることがよくあります。
それは時間の流れの速度と
自分の周りの自由な空間。
私にとって今一番ありがたいと思うことです。

Eaさんも悩みながら少しずつ
自分の世界を確立していってください。

昨日今日と「春うらら」、
という表現がぴったりの陽気です。
でも、明日は雨で夜には雪なるかも・・・と。
ほんとうの春が落ち着いてくれる日が
早くこないかな、と思うこのごろです。

チリ地震で発生した津波の被害が
大きいものでなくてなによりでした。

2010.03.01 02:58
ea
Kinuさんの仰っていることは、
よく思うことの一つです。
そうですね、「すぐ」という一言。
このために消えるものや意味の褪せることが
今は増えている気がします。

私はこのブログを使って一つのことを目標にしています。
それは、その日のうちに何か一つを作ること。
今の私にとってはこれは自分に課した練習なのですが、
どうあがいてもそんなに手間のかかることが出来ない条件です。
その代わり、一つだけ、きちんと作り上げたい、
対象がどんなものであっても本心で取り組みたい、
そう思って手がけていくための1つのプロセスです。

これが良く出来るようになるまで、
私が時間をかけて大きなものや難しいもの、
手間や時間のかかる作りのものに手を出すことは出来ません。
師のいない私だから、何年間かの練習である、
この『一日一つの出来上がり』をきちんと
こなせるようにならないと、と思うのです。

こうした時間の中ではたくさんのことが見えます。
苛立ちや、ふとした時の嬉しさや、自分の成長、
自分の進んでいく先の場所の風景、
本当に求めるものが段々絞られていくのです。
作りながら、考えながら。

必要なことを一気に出来るようになって、
あっという間に形だけは成り立つというのは
いつの日か何か失ってきたものを知る時を招くのでは。
そうならないためにも、過程を時間をかけていくのは
随分と大きな意味がある気がします。

早いことが良いことだとされている現代。
手早いこと、待たないこと、出来るだけ早くて良いもの。
その求めに流されて、本当のものが薄くなってしまう。
おじいさんの職人が『一生勉強だろう』と言う傍ら、
突然職人業に転進した若者が『俺には楽な仕事だ』と言う。
格闘家に向かって『すぐ強くなれる技とか教えてよ』
と頼みに来る人。
起業家に会ってすぐ『成功したあなたのとった方法が知りたい』
と頭を下げる人。
気に入った人に『あなたは親友だね』と勝手にラベルを貼り付ける人。

すぐ、そして付け焼刃で何もが叶わないというのに。


長くなりました。
よく思うのです、このことを。
気持ちが急いても過程は大切に歩いたほうが
必ず良い結果をもたらします。
私もそう思います。


Kinuさんの日々、穏やかに流れているのですね。
幸せに過ごせる、とご自身が思えるのは素晴らしいことです。
そこにはKinuさんの経た過程があってこそ、
現在に繋がるのですね。
本当に素晴らしいと思います。

そちらも春のようでしたか。
明日明後日は雨や曇り、そして寒いのですね。
でもその次からはまた晴れてきます。
何日かかけて、暖かい陽光の日々が戻ってきます。
明日はどうぞ暖かくなさって下さい。

チリの地震、非常に怖ろしかっただろうと
ニュースを見て胸が痛みました。
援助が出来ることは関わっていきたいです。
2010.03.01 09:19

post comment

  • comment
  • secret
  • 管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ea

Author:ea
EA/ 絵描き・端革細工作者

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

カテゴリ

HP・端革細工の回廊

Gremz

クリック募金

National Geographic

天気予報

天気時計

Amazon

日本語→英語

最新コメント

RSSリンクの表示

リンク

検索フォーム

月別アーカイブ

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。